見出し画像

信越化学、植物肉素材に参入 ESGで需要増

#フェイクミート,#大豆肉,#フードテック,#ベジタリアン,#サスティナビリティ

信越化学工業は大豆など植物由来のタンパク質で作る「植物肉」向け素材に参入した。欧米の植物肉メーカーへの供給を増やし、新たな収益源に育てる。植物肉は普通の肉に比べカロリーが低く、環境負荷も少ないとして需要が伸びている。食品メーカー以外の企業にも、植物肉市場の拡大が商機になってきた。

信越化学が手掛けるのは植物肉に混ぜる接着剤で、パルプに含まれるセルロースから作る。加熱後に植物肉が常温に戻っても形状


この発見が奇貨となりますように
2
経営者の学習塾と家庭教師「キース会」

こちらでもピックアップされています

経営者の学習塾と家庭教師「キース会」 副読本
経営者の学習塾と家庭教師「キース会」 副読本
  • 43本

20代~40代の経営者のみなさまが、これから30年は儲け続けるための経営知識と思考スキルの習得を目指した、講習とコーチング。 テキスト抜粋マガジンブログ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。