見出し画像

エンジニアxビジネスの想いを盛り込んだ、マネフォ福岡の新オフィス。

11月末に福岡拠点がお引越ししました!
人数も増えて、3年前に構築したオフィスは既にパンパン...!現オフィスの隣の隣に出来た新築ビルへ移転することになりました。

移転を決めた時期はもちろんBeforeコロナ。移転中止も視野にいれて検討しましたが、拠点長であるエンジニアの黒田直樹(マネーフォワード執行役員)の「福岡拠点発のサービスをどんどん作っていきたいので、さらなる採用が必要だし、開発とビジネスのコミュニケーションも重要になる。そのためにはマネーフォワードらしい新オフィスが絶対に必要だと思った。」という強い想いで移転が決行されました。

福岡オフィスの場所は天神・大名エリア。東京でいうと「裏原宿」だそうですが、私は東京出身なので本当かどうかわかりません(笑)そんなオシャンな場所にあるマネーフォワード 福岡オフィスを紹介したいと思います!

拠点で働くみんなの軸になる“拠点コンセプト”

拠点オフィスプロジェクトで大事にしているのが「拠点コンセプト」づくり。みんなが大切にしている価値観を引き出して言語化し、拠点の文化の軸になっていくものです。

画像1

マネーフォワードの開発拠点はすべてこの「拠点コンセプト」を持っています。どの拠点も大切にしてくれていて、本当にそれぞれの文化の軸になっているのがすごい...!

例えばマネーフォワード ベトナムは「Let’s make it! Together!」。オフショアではなく、ベトナムと日本でワンチームの拠点にしようという想いがこめられています。実際に、ベトナムメンバーも日本メンバーも「ワンチームになるにはどうしたら良いか?」をいつも考えて行動してくれています。

マネーフォワード京都は「Give it a try!」。どんどんチャレンジする場所でありたいから、「まずやってみよう!」と一歩目を踏み出すことを大事にしています。実際に、「新型コロナウイルス支援情報まとめサイト」は京都拠点メンバーを中心としてリリースされました。


“拠点コンセプト”のつくりかた

福岡では、まずエンジニアのみんなに「福岡拠点で成し遂げたいこと」「他の拠点と差別化できること」「大切にしていきたい価値観」などをヒアリングしていきました。

そこで出てきた内容をギュっとまとめたものがこちらです。

・個の集合体ではなく、チームとして強くなっていく。
・エネルギッシュであり、スピードや勢いを大切にする。
・挑戦する拠点、失敗して学んで成長することを推奨する。

次にビジネスメンバーにこの内容を見せながらヒアリング。ビジネスメンバーから出た意見をまとめるとこんな感じです。

・福岡は、マネーフォワード クラウド経費の開発 / マネーフォワード クラウドのビジネス / マネーフォワード Xのビジネスが在籍している。
・他の開発拠点との違いはビジネスメンバーもいること。職種と部署がミックスされているのは強みなので、化学反応を起こしていきたい。

エンジニアたちもこの意見にとても共感してくれて、エンジニア x ビジネスの想いを盛り込んだ言葉へと練り上げていきました!シンプルで覚えやすいワードを作っては見せ、作っては見せ...というのを繰り返して完成したのがこちらのコンセプトです。

画像2

Move Forward.
Fintechは、レガシーな金融サービスを変えていく“挑戦“。
大きな山を動かすために、テクノロジーとビジネス両輪で大胆に動こう。

「テクノロジーとビジネスで化学反応を起こしたい。大きなことにみんなで挑戦していきたい。」という想いが詰まったコンセプトになりました!みんなの気持ちが少しずつ同じ方向を向いて、熱量があがっていく過程を見れるので、私も作りながらとてもワクワクしました。

実際のオフィスはこんな感じです!

Meetup

拠点コンセプト「Move Forward.」のグラフィックが効いているのは、Meetup Areaです。MTGやセミナーが行えるようにモニタを置いた一角がベンチで囲まれています。みんなでワイワイできるように、福岡博多を代表するお祭りの一つである「どんたく」と名付けられました!

画像3

テラス

Meetupのフロアには、みんなが気に入っている広いテラスがあります。あたたかくなったらBBQしたいねと夢膨らませていました。仕事中の気分転換にも、外の空気を吸って空を見上げることができるのがいいですよね!

画像4

開放感があるけど寒いそうです笑

画像5

夜にテラスから見るとグラフィックが効いてます!

ビジョングラフィック

マネフォのビジョンを表しているグラフィックは、拠点ごとのご当地バージョンで作成しています。福岡メンバーみんなに「福岡らしいランドマークを教えて」とアンケートを取ってグラフィックを作ってもらっています。屋台もあってかわいく仕上がりました!(京都は舞妓さんがいたり、ベトナムはバイクがたくさん走ってます)

画像6


会議室のネーミング

画像7

そうです、豚骨ラーメンの麺の硬さです(笑)コナオトシ、ハリガネ、バリカタ、カタメン、ヤワメンというラインナップです。福岡は特に「地元愛」が強い拠点なので、みんなが愛着を持てるネーミングにしています。ちなみにミーティング延長するときは「カタメン替え玉で」という運用になると聞いています。

画像8

会議室の中も「Move Forward.」感があるグラフィックでかわいい!


オープニングイベント

オープン当日は、福岡から全社に向けてオープニングイベントを配信しました!拠点コンセプトやオフィス紹介などを行い、オフィスだけではなく福岡メンバーの仲良しワイワイ感も伝わる楽しい配信になりました。

画像9

画像10

ナチュラルにアビスパ福岡ユニで映り込んでくるみなさん(笑)

さいごに

福岡のみんなに、新オフィスと拠点コンセプトの感想を聞いてみました!

会議室の名前のコンセプトや、エントランスの看板、そもそも図面から、みんなで意見を出し合って新オフィスを作っていったというプロセスがもう最高です!まさに自分たちで作ったオフィスだ!という自負があるのでめちゃくちゃ愛おしい!!なんだか誇らしい気分です!!最高!!VAMOS!!
面積は広くなったんですが、一体感はむしろ増してる気がします。6Fでビジネスメンバーと雑談出来るので以前より話す機会が増えました。Move Forward.が加速してます。
入社してから2回目の移転ですが、圧倒的に今のオフィスが一番気に入っています!5階の執務室で普段は作業に集中し、6階ではちょっと気分を変えながらコーディング出来るのが最高です。バルコニーでのコーディングも開放感もあり、天神のど真ん中で仕事をしている贅沢感も味わえました笑

オープン時に訪れたときに「出社したくなるオフィスを作ってくれてありがとうございます」と言ってもらえて、感激しました(涙)

今回のプロジェクトメンバー
プロジェクトマネジメント:GA-TAP
デザイン監修:SIGNAL
社内プロジェクトメンバー:坂本、高田、久保、金井
Special Thanks:福岡のみんな


マネーフォワードはコロナ禍に2拠点のオフィスをオープンしました。
1拠点目の記事にも書いたのですが、私たちにとってミッションやカルチャーは欠かせないものです。「マネーフォワードの新しい働き方」を受けて、世の中がどう変化しても「自分たちがどうありたいのか」を軸に試行錯誤していくことが大事だと思っています。
福岡も「Move Forward.」というありたい姿を軸にして、この新オフィスで色んな化学反応を起こしていってくれたら嬉しいなぁと思っています!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!love!
63
Money Forward / Designer & VP of Culture /コーポレートデザイン・ブランディング・企業文化 / 想いやビジョンのハブになって、共感・共存できる世界をつくる(個人理念)/ 保護犬2匹 / 素敵な旅をするのが好き / 横浜F・マリノス担当