生理の悩み改善=経血トレーニング@松原もとこ
男性にもある「生理」の悩み。男性の「助けたい想い」が伝わる3つのポイント!
見出し画像

男性にもある「生理」の悩み。男性の「助けたい想い」が伝わる3つのポイント!

生理の悩み改善=経血トレーニング@松原もとこ

「どうしていいかわからない」と、男性も「生理」について悩んでいる。「生理を楽にする方法をお伝えする講習会」を開催してから、男性とも「生理」について話す機会が増えたことで「生理」に悩んでいるのは男性も同じだとわかりました。

男性の「生理」の悩みは

改めて言うのもなんですが、男性には「生理」はありません。ジェンダーフリーや、LGBTQという人権に関わる大切な話題ではなく、生理現象として半数近くの人(=男性)には「生理」はありません。

でも「生理」がない男性にも「生理」は関係あるんですね〜。男性の「生理」についての話を聞くようになり、女性の私は改めてそのことに気付かされました。

そして男性の「生理」の悩みは女性の「生理」の悩みと違うものの、深刻度でいえば同じくらいなのだと感じるようになりました。

自分ごととして理解できない

私が男性から「生理」についての話を聞いていた感じた「男性の生理の悩み」の一つが、男性にとって「生理」はどこまでいっても「自分ごととして理解できない」ということです。

女性の「生理」の悩みは「実際に感じる悩み」ですが、男性の「生理」の悩みは「共感してあげられない悩み」なのだと感じました。

女性の「生理」の悩み=実際に感じる悩み
1|お腹が痛い
2|気分が沈む
3|ナプキンが不快
男性の「生理」の悩み=共感してあげられない
1|どんな痛みなのかわからない
2|何をしたら嫌な思いをさせるのかわからない
3|変わってあげられない

「生理」を経験することができない男性にとって、どんなに理解し共感したくてもできないのが、女性の「生理」の悩みなのです。

助けたいのに「地雷」をふむ

それでも多くの男性は「何かできることはないか?」と考えてくれています。
女性が「生理」で苦しんでいる時、「何かしてあげられることはないか?」と思いやってくれています。

そしてフォローをしたつもりが、手伝ったつもりが「地雷」を踏んでしまった経験も沢山あると思います。

「自分ごととして理解できない」ことなのに、「地雷」がいっぱいある…。悩んでいるを通り越して、男性からは「生理」への恐れを感じることもしばしば(^^;

良かれと思って言った一言で、恋人が泣き出した。
少しでも助けになればと思ってやったことで、妻に怒られた。
気遣ったつもりが、部下から冷たい目で見られた。

何をすれば良かったのか…。どうすれば喜んでもらえたのか…。
やってあげたい気持ちはあるのにどうしていいのかわからない…。
そんな優しが渋滞して迷子になっているあなたに、今日は「生理で体調が悪い時にこうしてほしい!」という女性の本音をお伝えします。

やってみよう皿洗い

料理は作ってもらうけど、お皿は僕が洗います!という方が今は多いのでしょうか?もしかすると料理は僕の担当です!という方もいらっしゃると思います。もちろんどちらもやらない方も(笑)

お皿洗いは食べるたびに発生する家事ですが、普段家事をしない方にも難しくはないのでチャレンジしやすいと思います。

「お腹がシクシク痛い」「生理前でむくむわ〜」と身近な人が「生理だ!」とわかったら、まずは食後のお皿洗いをしてみましょう♪

では早速具体的なやり方をポイント整理しながらお伝えします。

ポイント1|家族が食べ終わったらすかさず「洗うよ」

「もうすぐ生理なんだな〜」「今生理中だな〜」とわかり、「よし!今日の皿洗いは俺がやろう!」と思ったあなたにまず気をつけてもらいたいこと。

ポイント1つ目は「タイミング」です。
家族が食べ終わったタイミングで「洗うよ」と言って洗いに行きましょう。

NG:「洗おうか?」
同じことをするのでも、聞いてしまったら「地雷」になります。

「洗おうか?」と聞かれた女性は「お願いね」とか「助かるわ」と答えなければなりません。つまり「君の代わりに洗おうか?」と聞こえてしまうのです。

男性にはそんなつもりはないと思います。「洗うよ」も「洗おうか?」でもたいして違いはないと思います。

でも女性ホルモンが大暴れしている生理前生理中の女性には、このちょっとした違いが「地雷」となりますのでご注意を!

ポイント2|シンクの水を拭き取るところまでが皿洗い

ポイント2つ目は「女性が見ているところ」です。
こうしてくれたらさらに嬉しいなという、女性の喜ぶポイントです。
お皿を洗い終わったら台拭きでシンクを綺麗に拭きましょう。
さらに台拭きを洗って干したらパーフェクト!

家事をする人にはそれぞれ自分のやり方があります。どんなに気をつけても全く同じにはできません。でも「シンクを拭いて台拭きまで干してくれた」という気持ちが女性にはとても嬉しいのです。

ポイント3|終わったらサラッと去る

ポイント3つ目は「終わった後にどうするか」です。
ここがもっとも大切なポイントです!
あなたの「お皿洗い」が「喜ばれる」か「地雷」になるかはこの終わり方によります!
何も言わずにその場をサラッと離れましょう!

NG:「洗ったよ」「終わったよ」
終わったと報告してしまうと「地雷」になります。

これもポイント1つ目と同じです。報告をされると女性はお礼を言わないと!と思ってしまい「地雷」になります。

男性としては、お礼を言ってほしい気持ちも少しはあっても、それよりも単純に終わったことを伝えているだけなのだと思います。「俺の洗い方はこれで良かったのか?」と確かめたい気持ちもあるかもしれません。

でも「代わりにやってあげる」ではないのです。
大切なのは「いつもやってもらってる。今日ぐらいは自分でやろう」という気持ちなのです。

お風呂で体を自分で洗うのは当たり前のことですよね?自分でするのが当たり前のことは「体を洗ったよ」と報告はしないですよね?報告をしないことはとってもとーっても大切です。言いたい気持ちをググッと堪えて無言で台所を離れましょう。

イメージはヒーローたちの去り方!

女性は全部お見通し

女性は隅々まで見えてそしてわかっています。男性からすると「超能力者か?」と思うくらい、少しのことから多くのことを読み取ります。

「洗おうか?」ではなく「洗うよ」と言ったこと、シンクを拭いて台拭きを干していること、そして何も言わずにサラッと去ったこと。

そしてその一連のあなたの行動が「生理」できつい女性の救いになります。

いかがですか?
「お皿洗いの3つのポイント」
3つだけ!と思って勇気を出してチャレンジしてみて下さい。
地雷を踏んでしまった時には詳細をコメント欄でお知らせください。採点させて頂きます(^.^)

今後も「洗濯物干す」「ゴミを捨てる」のポイント3つもお伝えしますの、「フォロー」をお願いします!

誰にとっても過ごしやすい「生理」に

私たちmotomoto(株)は「生理」のある日常が、誰にとっても過ごしやすいものであってほしいと願っています。
そのために「生理について。生理を楽にする方法について。」を詳しくお伝えする様々なオンライン講習会を定期開催しています。

【motomoto(株)私たちについて】
「生理」の意識を変える「ちょっとした習慣」。
当たり前に過ごしていた月経の不調や煩わしさを解消するひとつの選択肢として「経血トレーニング」があることを広めたいと思っています。
「経血トレーニング」はとてもシンプルな解決方法の一つです。
簡単に習慣づけられることを目的として「煩わしい」「難しい」を排除した、誰でも自然と身につけることのできるトレーニングだと私は考えています。あなたの生活サイクルの中にちょっとした工夫で生理への苦手意識を変える事のできるきっかけの一つであってほしいと願っています。

「生理」を理解してサポートしたい方。こちらの講座にご参加ください

「生理」を理解したい「生理でつらい時にサポートしたい」でもどうしたらいいかわからないという方は、ぜひパートナーと一緒に【経血トレーニング[入門]】にご参加ください。

恋人と家族と、複数人で受講していただけるように【2名以上参加OK/¥4,800/60分】の講座があります。

もちろんお一人でもご参加いただける同じ内容の【1名参加/¥2,800円/75分】の講座もあります。

オンライン講座なので人目を気にせずご参加いただけます。

【お伝えするのは私です】
はじめまして。経血トレーナーの松原もとこと申します。
私が『経血トレーニング』を伝えるきっかけとなった「経血をトイレで出せる」に出会ったのは20歳頃。助産師さんの講演会で初めて「昔の人はトイレで経血を出していた」と聞きました。使い捨てナプキンもない時代。女性はみんなトイレに行って経血を出していたと。
「そんなことができるんだ!」と衝撃を受けました。早速トイレで力んでみると、本当に出たのです!
その後「トイレで経血を出す」ことが習慣になり、いつの間にか経血の多い日でも昼間はノーナプキンで過ごすようになっていました。
講習会で「経血トレーニング」教えはじめたきっかけは、2017年の秋、ピラティスの生徒さんから「娘が初潮になった」と聞いこと。初潮から閉経まで、個人差がありますが500回くらい生理があるそうです。これから長ーい生理生活が始まるなら、少しでも楽にしてあげたい!と思い、いつの間にかすっかり上手になっていた経血トレーニング方法を、『経血トレーナー』として伝えていくことにしました。
『経血をトイレで出せる』を身につけて、あなたの生活が豊かになることを願っています。

この記事が参加している募集

これからの家族のかたち

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😊私も伺います🤗
生理の悩み改善=経血トレーニング@松原もとこ
全ての女性の生理を楽にするために|20年以上実践して身につけた、生理中ノーナプキンで過ごせるようになった方法を公開|女性を生理の悩みや煩わしさから解放する[経血を出す力・経血が出ていると感じる力]を身につける方法|オンライン講習会定期開催|motomoto(株)代表