見出し画像

生理に気持ち良い連鎖が!生理がちょっとポジティブに!嬉しい声続々♪

2022年12月に発売された私の初書籍『ふんっする生理』

福岡市早良区「次郎丸TSUTAYA店」

お陰様で書店にも並び始めました。
このnoteでは、本の内容や想いをお伝えしています。

前回までに具体的な経血トレーニング、トイレで経血を出す練習方法をお伝えしている第4章「実践!経血トレーニング」までをご説明いたしました。

今日は第5章「講習会での声、あれこれ」についてお伝えします。

第5章|講習会での声、あれこれ
・講習会を始めたきっかけ
・講習会参加者アンケート
・体験レポート
・Q&A

書籍『ふんっする生理』

このnoteを読んでくださる皆様も、そして本を読んでくださった皆様も、もしかすると同じ疑問をお持ちかもしれません。

「本当なの?
 本当にトイレで経血は出せるの?」

そんな皆様のために、今日は経血トレーニングの実践者の声をご紹介します。

2022年2月にこの本を出すにあたりに、講習会に参加してくださった約50人のからにアンケートをとりました。

アンケートの最後の項目は
【これからトレーニングをはじめる方に先輩としてアドバイスがあれば是非教えてください。】

この回答には編集の生野さんも大喜び♪
どの方の回答も経血トレーニングへの想いが溢れていて「熱い」。

本にはスペース的に全文は載せられなかったので、ここで皆様にご紹介したいと思います。

正直、最初は半信半疑でしたが、意識して実践してみると意外と早く結果が出てビックリしました…とりあえず一回フンっとやってみてください。日によっては出たり出なかったり、フンっの強さも人それぞれだと思います。最初のほうは自分のベスト「フンっ」を探りながら何度か実践してみるといつの間にか身体に染み着いてくれると思います。 あまり気負わずにトイレの「ついで」に試してみてください。

そんなにマメにはトレーニングできませんでしたが、それでもトイレでふんっと出そうとしてみたりするだけでも、その場で出せることもあり、気持ちいいです。弁?が開いたり閉じたりという感覚もなんとなくわかってきました。意外と力がいるんだな、と感じます。うまくいくときもあれば、うまくできないときもあります。 以前は普通の市販のナプキンを使用していたので、ほんとにナプキンに吸いとられて、過多月経になってしまってたんだろうな、と思います。 今は多い日は市販のナプキンを使用していますが、それでもオーガニックコットンのものを選んで購入しています。素材って大事です。冷えの感じかたが違う気がします。貧血も以前ほどではなくなりました。 もっと早くに出会えていたら、子宮筋腫の手術も受けなくてすんだのではないかなあと、思ったりもしますが、出会えてよかったです!ありがとうございました。

経血トレーニングを実施し良かったです。日々の生理痛の緩和、経血量は減ってはないんでしょうが、1日目、2日目のナプキンの交換頻度が減ったのはストレス軽減になっています。経血トレーニング前の2日目は、1時30分おきにナプキンを交換しないともれることもありました。今では2日目は日中1度も交換しなくてよいくらいです。ムレが気になるので1度は交換していますが、以前の経血びちゃびちゃナプキンではなく、トイレでふんできているので付着している血液は少ないので、手が汚れることがないです。仕事中に1時間30分おきにトイレへ行き自分の経血と言え、手が汚れること、ストレスでした。それが軽減されました。 以前はナプキンは交換回数が多いので、安価なナプキンを使用していましたが自分の身体にも優しいオーガニックナプキンに変えました。 経血トレーニング、初めは自分には難しいと思っていましたが、トイレでふんは意外と簡単にできました。悩まれていたら、まずは始めてみてください。

そして一番多かったアドバイス

まずはやってみる!に尽きる


気軽にゲーム感覚で始めてみてくださいね。
質問はコメント欄でお待ちしています。

こちらから購入すると[記入式トイレレポート]付録をプレゼント♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!