第107弾「波羅伝 -パラディン-」
見出し画像

第107弾「波羅伝 -パラディン-」

ハーイ!みんな元気?あたしけいご。

107曲目はこれ。パラディン。作詞はベースの保科亮太さんです。保科さんは非常に武士的な男(画像真ん中)で、男気に溢れ、滅びの願望があり、ドラクエ6で言うところの『ハッサン』的な要素があります。そんな保科さんの歌を作ろう、という流れになり、保科さんが「それでは、僕が作詞をします」と宣言し、30分程度で書き上げた詞が、この曲『パラディン』です。

「パラディン」 作詞 Ryota Hoshina 作曲 Keigo Sakatsume

もし君が誰かをかばって死ねたなら かっこういいだろうな
そんなふうに思っていたら 犠牲にだって誇り高きものがあるだろう

敵に楯突き 味方の盾に 
捨て身 身代わり 仁王立ち

ホーリーナイト 身震いするほど闇の中
ホーリーナイト 光は内から放たれる
ホーリーナイト 聖なる勇気をください
ホーリーナイト 一度だけ目を瞑る

もし君が誰かに身を捧げられたなら 美しいだろうな
そんなふうに考えていたら 生きることに充実をみたいだけさ

命に 高いも 安いもない
グランドクロス勇者を守れ

ホーリーナイト 猛々しい本能が
ホーリーナイト 生まれた甲斐を探してる
ホーリーナイト 傷つくことをいとわない
ホーリーナイト 本物の血がたぎる

風。この先に何があるのだろうか。
音。流れて浮かんだ風景
山。いつもそこで待っている。
土。私を支えてくれている。
川。それでも忘れてしまう。
太陽。誇れるものがあるとしたら。

ホーリーナイト 身震いするほど闇の中
ホーリーナイト 光は内から放たれる
ホーリーナイト 聖なる勇気をください
ホーリーナイト 一度だけ目を瞑る

ホーリーナイト 猛々しい本能が
ホーリーナイト 生まれた甲斐を探してる
ホーリーナイト 傷つくことをいとわない
ホーリーナイト 本物の血がたぎる

空。追いかけるほどに遠い。
父。強がるほど弱く。
母。切ないほど優しく。
花。人が生きていた証。
星。死してなお生き続ける。
朋。この想いを君に託そう。

ものすごいスピードで詞が出来上がり、よし、それではこれにメロディーをつけようと、あたしがギターを弾きながら作曲をしました。決まるときは音速で決まるもので、作曲も五分程度で終わりました。それで、雛形ができあがり、ギターソロの部分をどうしようとなったときに「(キーボードのあきとさんに)絶唱させよう」となり、追加で新しい詞を加えました。それが『風。この先に何があるのだろうか。』の部分です。あきとさんも、一生懸命に朗読をしてくれたものですから、あっという間にこの曲ができあがりました。この曲には、中々鬼気迫るものがあるので、是非、騙されたと思って一回視聴をしてみてください。ミルトンに並ぶ、荘厳な叙事詩の誕生です。

昨日は、日比谷野外音楽堂(前)でライブをしました。基本的にキャッチーな曲を演奏することが多く、来てくれたお客さんからも「一緒に歌いたい」「思わず笑顔になる」「手拍子をしたくなる」などと言われました。あたしたちは、あまのじゃくなものですから、そういうことを言われると『一緒に歌わせない』『思わず真顔になる』『手拍子なんて絶対にとらせない』曲を演奏したくなります。そこで、この曲が生まれました。裏切って行きたいよね、と、そういうところでは団結力を見せる我々。裏切って、裏切って、裏切って、誰もいない荒野で「ああ、愉しかったな」と思いながら死ねたら、それは、ひとつの有意義な人生だったのだと、思う節が我々にはあります。

誤解されると困るのですが、あたし以外、Agapeのメンバーはいい人が多いです。あたし(坂爪圭吾)は最悪だけど、Agapeは最高です。多分、人間には役割があって、あたしの場合は「みんなが言えないことを言う」ことだと思う。それは、話の長い校長先生に「校長先生、話が長いです」と実際に言っちゃうことでありまして、大袈裟な言葉を使えば「自覚的に人間関係にさざなみ(カド)を立て、予定調和を破壊し、他の人々にショックを与え、常識を揺さぶり、精神性をエクスパンドする」ことです。この前も、得体の知れない女子会に誘われたとき、女子会には「ブスが集まってかわいいと言い合っている地獄」というイメージが強かったものですから、そのことを正直に伝えたことで個人的に炎上をしていました。思ったことを言わないと死ぬものですから、それを正直に伝えるのですが、伝えたところで、死ぬ。言わないままでいると死ぬし、言ってしまっても、死ぬ。結局、死んでいます。

しかし、保科さんは違います。決して、人間関係にカドを立てるやり方を選びません。自分が護るべきものを明確に見定め、「これだ!」と思うものを、ただ、護る。普通、作詞をするときは「君の人生の主人公は、君だ」みたいなことを書いてしまいがちだと思いますが、保科さんは、違います。歌詞を見ると『勇者を守れ』とあります。普通だったら、勇者になれ、と歌うところだと思います。しかし、保科さんはパラディン(聖騎士)ですから、勇者を護るために命を張ります。捨て身。身代わり。仁王立ち。そうです。保科さんの魅力は、勇者を護るための『盾』になること。これが、非常にかっこういい。決して、俺が、俺が、となるのではなく「自分よりも大切なものを護るために、命を使う」という生き様が、誠に武士的なのであります。

保科さんは現在31歳ですが、過去にいろいろあったものですから、どこに行っても「その落ち着きはどこから来るのですか?」とビックリされています。ベース歴も3ヶ月だというのに、貫禄だけは30000ヶ月以上あります。そこに、新潟県新発田市が生んだ真童・稲村彰人(いなむらあきと)さんの朗読がサウンドに厚みを加えています。ただ、一緒にいる時間が多かったという理由だけで無理やりバンドに加入をさせられた挙句、キーボードを弾かされたり(あきとさんはキーボード歴1ヶ月になりました)、コーラスを強制されたり、歌わされたり、朗読をさせられたりしています。楽器歴が数ヶ月の我々でも、これだけの楽曲を作り上げることができるのだな、と、今日は悦に入っておりました。みんな、この曲を聞いて何を思うのだろう。

全然関係ないけど、最近のあたしは謎に荒ぶっておりまして、どうしても「形式的なものは大嫌い!」と思っている自分を見ます。フジロックフェスとかを見ても「フジでもねえし、ロックでもねえじゃねえか」と思ってしまう。どうしてなのだろう、音楽が好きなはずなのに「誰かのライブを見て『感動した!』とか言っている時点で終わっている」とか「○○(日本のとあるアーティスト)が好きなひとは全員嫌い」とか思っちゃう自分がいて、でも、負け惜しみみたいに響くのもシャクだし、でも、やっぱり最近のヒットチャートは退屈過ぎるだろ、とか、なにがいいのかまったくわからない、とかも普通に思っちゃう。街角で変な音楽が流れていると「脳が腐る」とか思って耳を塞いじゃうし、だから、もう、文句を言っているだけじゃダメなのよね。退屈だと思うなら、自分から、それを壊しに行かなくちゃ、ダメ。

この記事に出てくるフランクの言葉は、そのまま、あたしの気持ちになる。卑屈になって「自分なんていない方がいい」と思うより、生まれてきたのだから、生きているのだから、おかしいと思うものには「おかしい」と言い続けたい。綺麗事を言うひとほど、耳障りのよい言葉を使うひとほど、自分にとって都合の悪いものを排除している。そして、そのことに無自覚である。常に弾かれてきた側の人間は、敏感だから、そのことがよくわかる。たやすく「愛」とか「感謝」とか言う人の、薄っぺらさをすぐに見抜く。大前提として、この世は弱肉強食。だから、少数派は多数派の犠牲になる。多数派におもねれば、生きていくことはたやすくなるかもしれない。でも、それじゃ、自分が「自分が嫌いだったもの」になることと、同じ。校長先生の話が長いとき、愛で耐える、感謝で耐える、それも生き方のひとつだと思う。でも、あたしは、やっぱり我慢できない。校長先生の話が長ければ、まっすぐに「校長先生、話が長いです」と言いたい。それで人間関係にカドが立つとしても、最悪の場合殺されてしまった(人類全体に見放されて、その辺の路上で野垂れ死ぬことになった)としても、仕方がないのだと受け入れます。

じゃあ、またね。愛してるわ。バイバイ。

坂爪圭吾 keigosakatsume@gmail.com

🌸🌸🌸 保科さんの白歴史『この道(独唱)』 🌸🌸🌸

【イベント情報】

8月24日&25日(土&日) 15時~16時@神奈川県横浜市「ごちゃまぜの家」

音楽活動開始宣言をしてから、およそ4ヶ月が経ちました。音楽初心者が、一年でどこまでいけるかを見てみたい。そのためには、本気でやる必要がある。そう思って、1日1曲を目安に音楽を作ったり、できる限り場数を踏むためにライブ活動(人前で演奏すること)も経験したいと願っています。人前で演奏できる機会を設けてくださる方がいたら、ご連絡いただけましたら最高に嬉しいです。交通手段さえどうにかなれば、あたし、どこまでも行きます。会場も規模も問いません。ひとりでもいれば、あたし、行きます!!

7月28日開催「Agape 定期演奏会」の動画です!是非!動画編集に4時間もかかったので是非!現時点における、我々のベストです!音楽初心者が4ヶ月でここまで来ました!正確には、坂爪圭吾が1日1曲トライアルをはじめて4ヶ月、ベースの保科さんはベース歴3ヶ月、ギターの竹谷さんはギター歴2ヶ月、キーボードのあきとさんはキーボード歴1ヶ月です!見苦しい点は多々ありますが、歌詞だけでもご覧いただけたらうれしいです!歌詞は自信があります!自信があるというのはちょっと語弊があるのですが、眠る前のお供に(眠らないときのお供にだって)是非!どうぞ!歌詞だけでむぉ!

懐かしい動画が出てきました!アイスクリーム!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
坂爪圭吾

バッチ来い人類!うおおおおお〜!

色気ムンムン♡ムンムン村に君も入らないか?
THE PRESENTS