「助けを求める」ということ
見出し画像

「助けを求める」ということ

自分自身の状態をしっかり知って、​
自身をケアーする能力が大切です。​

疲れすぎて自分の長所が失われる前に休むのも重要ですが​

「これ以上頑張ると問題が発生するので、助けて下さい」​

と言う事が出来る事も大切です。​

私も、沢山の方々に助けを求めながら仕事をしています。

これ、誰のセリフだと思いますか??​

ISS(国際宇宙ステーション)に5ヶ月という長期滞在をした宇宙飛行士の油井亀美也さんのセリフです。​

自分をケアすること、​
自分の長所が失われる前に休むこと、​
助けてくださいということ。​

超タフな宇宙飛行士だからこそ大事にしている、​

「沢山の方々に助けを求めながら仕事をすること」​

私たちももっと意識してもいい。​
仕事だけじゃなくて、生きていくことそのものにも!




この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

ボディーワーカーをしつつ、尽きることのない人の「心と身体」への興味に突き動かされ、東北大学医学部大学院で「拡張した心」をテーマとする研究生…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やほう♥
ボディーワーカー/代替医療から現代医学まで幅広く学術・臨床研究を深め新しい健康観「健康3.0」を探求しています。宇宙物理学→ボディワーカー→医学部大学院研究生という謎キャリアを熟成中 https://bodysanctuary.jp/