見出し画像

【ワーク】おやすみソマティック:自分に手を当てる


ここ2週間、なぜかこの歳になって医学部大学院研究生になってしまったわたしは、慣れないペーパーワークに忙殺され久しぶりに締切に向かってアドレナリン全開で猛烈に仕事に励んでおりました。

ボディーワーカーの通常の仕事でそういうシーンってないので、疲れました^^;

そんなさなかにも、「こういう時を乗り切る身体性」についていろいろ人体実験をしていました。

今日のおすすめワークは、とっても簡単、

「自分に手を当てる」

これだけ。

ソマティックワークは、読んで理解するのではなく、実際にやって身体で分かってこそ。ぜひやってみてください。

一呼吸ついて、
出来れば軽く目を閉じて
両手を胸とお腹にふんわりとおきます。

手のひらの温かさ、手の重み、触れている感触、

あるいは触れられている感触。

心臓や、呼吸や・・

自分のいのちの動きに気づいて

ゆったり呼吸しながら、しばらく自分の身体と

ただともにいてみる。

湧き上がってくる思考や感情があれば

それとも、ジャッジせずただ一緒にいてみる


10秒でも、1分でも、10分でも。

一時間やったら…きっと寝てしまう^^
おふとんの中で、手を当てながらそのまま寝てしまうも良し。

普段わたしたちは、「外の世界」に意識を向けっぱなし。

こうやって自分に触れながら、いったんすべての意識を
自分の中にまとめてあげて、ただ身体とともにある時間
たまにとってみてはいかがでしょうか。

自分に手を触れてあげるって、普段したことがないと(特に男性は)最初は気恥ずかしいかも知れませんが、一番簡単なセルフコンパッションだと思うのです。こんなことで、自分の身体との関係性は変わってゆきます。

身体性、ということに興味があればこんな風にごく簡単に思えることからぜひ試してみてください☆



よかったらこちらもどうぞ↓



FB・Twitterでもこまめにつぶやいています。よろしければフォローミー。
https://www.facebook.com/kazuha.ogasawara
https://twitter.com/kazuha_og

小笠原和葉オフィシャルサイト
https://bodysanctuary.jp/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしい!
38
ボディーワーカー/代替医療から現代医学まで幅広く学術・臨床研究を深め新しい健康観「健康3.0」を探求しています。宇宙物理学→ボディワーカー→医学部大学院研究生という謎キャリアを熟成中 https://bodysanctuary.jp/