見出し画像

noteの感想をもらって気づいた5つの学び

最近noteのシェアをしていただくことが増えたような気がします。単純にとてもうれしいです。と同時に学びが多いのでまとめておきます。

1 響いたポイントがわかる

シェアしてくれたときのコメントで、どんな人にどの部分が響いているのかがわかります。noteによっては響いた部分を加筆したり次のnoteに活かしたりすることもできる。(たまにやってます。)

感想をもらうたびに、noteを出すことはゴールではなく、PDCAを回しはじめるスタートだと感じます。

(一つ一つのnoteは、いつかのnoteのためのプロセスのようにも感じます。)


2 自分と異なる見方がわかる

一つのnoteの中で自分なりに大事だと思っている部分は少なからずあるのですが、意外にさらっと書いた「おぉ、そこかw」みたいな部分が引用されてシェアされることがあります。

その意外さは自分の奥行きを広げるには、とても大切です。

いままでなかった新しい視点を自分に組み込むことは、自分の器を広げていくことにつながり、自分が書ける幅を広げてくれると感じます。

3 書く姿勢と熱意が人に届く

テーマに対する熱量や書くためにかけた時間は、なぜか読む人に伝わります。

さらっと書いた文章はさらっと読まれやすく、たましいを込めた文章は深く響きやすい。もらった感想を読むと、よくわかります。

人に届けるためには、簡単に結果を出すような魔法みたいなことはないのだと覚悟が必要です。人の時間をもらって、noteをもらうには、それなりと姿勢と熱意が求められると感じます。

(一か月かけてじっくり作ったnoteは、その熱量が届いたように感じました。)


4 新しい文脈と意味が足される

コメント付きでシェアされると、読んでくれた人の感想や文脈がnoteに足されます。そうすると自分だけでは届かない人に、読んでもらえたり響いたりします。

その広がりをとてもおもしろいと感じながら、文章は読まれることで初めて完成するのだとも思います。

書き上げることに大切な意味はありますが、noteは読まれることで新しい意味が足されて、完成に近づくかもしれないという意識は持ち続けたいです。

5 期待に応えない大切さがわかる

難しいバランスなのですが、読んでくれる人に喜んでほしい気持ちはありつつ、その期待に応えることは一部でしかないということを肝に銘じています。

他人の評価はコントロールできません。だからコントロールできる自分の姿勢やアウトプットの質を大切にしていきたいと思うのです。

おわりに

けっこうわがままなのですが、今後もお付き合いしていただけるとうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

(このnoteの感想ももらえたらとてもうれしいです!)

TOP画像は、cotreeにあるサボテンとうさぎの鉢。かわいい。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。みなさんからの感想やコメントをいただけると大変うれしいです。 サポートしていただいたお金は、自分が応援したい人へのサポートに回す予定です。note内ですてきな循環を生めたらいいなぁと思います。

今日もいい日になりますように。
77
株式会社cotreeCOO・CN(note)O/人の心と物語を支えるサービス作りと持続的なプロダクトグロースをしたい/オンラインカウンセリング・コーチング事業/カフェラテがすきなアドレスホッパー/オールユアーズ公認共犯者/丸一年でnote280本執筆なう
コメント (1)
最近フォローさせていただきました、あおやぎと申します。5の「期待に応えない大切さがわかる」に感じるところがありました。誰かの期待に自分が応えられないとしても、自分は“だめなやつ”ではない。人の期待と自分の気持ちを区別するのって、意識しないと難しいなあと思います。でも意識すれば、本当の意味で誰かの期待に応えられるというか、目の前の人の期待に応えることにはならなくても、きっと自分の思いが届く人がいると思っています。他の投稿も楽しみに読ませていただきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。