見出し画像

#42 いじりは基本受け止めろ!ただし、受け止めちゃいけない時もある。

4連休真っ只中ですが、いかがお過ごしですか?

僕は連休中も変わらず、トレーニング、仕事、インプットの繰り返し。

大変な時期ですが、素敵な連休をお過ごし下さい。

今回は、新たな発見があった。

というお話。

しかし、もしかしたら

知ってるわ!と、言われるかもしれないが、僕はこのタイミングで気付いた。

それは

いじられる事は個性であるという事。

そのいじりを上手く使えば、良いポジションを獲得出来るんじゃないかなと。

まず大前提として、僕が以前から言っているように、いじりといじめは違う。

いじめは、いじってる人とそれを周りで見ている人が楽しんでいて、いじられている人は楽しくない状態の事。

いじられても、なんのメリットがない時。

いじりは、いじっている人、いじられている人、周りで見ている人全員が楽しい状態の事。

そして、いじられている人にメリットがある時。

これに合わないいじりはいじめである。

で、今回のテーマはいじり。

いじられる事は個性であり、それを上手く利用すれば、良いポジションを獲得出来る。

具体的に話していくと

僕は、よく筋肉系でいじられる事が多い。

大胸筋が発達しているとか

筋肉バカとか

筋トレバカとか。

もちろん、このいじりの裏には、僕がアスリートとして挑戦しているのを知っているし

毎日トレーニングに励んでいる事を知っているし

応援もしてくれている。

それを分かった上でいじってくれている。

いじる事で、僕がアスリートとして挑戦している事やトレーナーとして活動している事を知らない人に伝える事が出来る。

そして、そこから話が広がる。

しかし、もし僕がこのいじりに対して

「うるせー」とか
「筋肉をバカにするな」とか
「この苦労お前には分からねーよ」などと

いじりを否定してしまうと、場はつまらなく、盛り上がらなくなってしまう。

話し掛けにくくなってしまう。

僕の挑戦や活動を広めにくくなってしまう。

逆に僕がそのいじりに対して上手く乗っかる事が出来れば

場は盛り上がって、楽しい雰囲気になり、絡みやすいキャラになれる。

そして、挑戦や活動を広める事が出来る。

いじりと言うのは一見、あまり良くない印象を受けるが、いじりは上手く利用すれば、良いポジションを得られる。

筋肉でいじられるのは、普段から筋トレをしているからで、筋トレを継続的に出来ていないと、筋肉でいじられる事はない。

これは他の人にはない立派な個性だと思う。

しかもこのポジションというのは最初に得た人勝ちで

もし後から僕よりも筋肉が凄い人が現れたとしても、なかなかポジションが変わる事は難しい。

先行者優位というやつ。

かとたく=筋肉

筋肉=かとたくで、みんなの頭に入ってしまっているから。

今書いた事は一つの例えだが、いじりというのは大切だと思っている。

ただし、いじられていると僕の挑戦や活動を知らずに、ただ単にいじってくる、いじめてくる人が現れるので、注意しないといけない。

僕の挑戦や活動を知らないいじり(いじめ)にメリットはないから。

今日は、いじりは個性!

上手く利用すれば良いポジションを得られる。

というお話でした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

以下、サイト(Base)をクリックして頂けるとかとたくの活動を応援する事が出来ます。

https://katotaku.base.shop/

また、 YouTubeでラジオ配信、ルーティン、大食いなどプライベートをお届けしてます。

https://www.youtube.com/channel/UC-oQK7xhPiWZ0C-9P652m1w

かとたく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとう!これからもよろしくね!
ライフセーバー & ライフセービングアスリート // 90mビーチスプリント日本一、全豪マスターズ1位 / ライフセービングを広める/ ボランティア活動(子供への支援)挑戦している中での想い、活動している中での気遣いや学び、発見を投稿!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。