血肉無くとも
見出し画像

血肉無くとも

「六道を明かす」──その理念により森有礼を筆頭に明六社が誕生し、研究の道程でアジア初の機械人形が生まれたのである。
──日本絡繰大全より

「カラクリ風情がァ!」

筋肉達磨の鉈をかわし、僕は達磨の腹へ肘を押し当てる。轟音。パイルバンカーが肉を抉り、背後の痩せぎすの頭も砕く。豪奢な客間は脳漿と臓物に彩られ、鉄杭の装填音がこだました。僕は慎重に廊下を過ぎ、書斎の扉を蹴り開ける。男が机越しにこちらを見る。それは間違いなく西周、僕を造った魔術師だった。僕は肘の狙いを定め問う。

「イブはどこだ。」

西は全てを悟ったように哄笑した。

「勝てば教えてやる。私は中村ほど簡単に殺れんぞ、零。」

ぶちぶち。皮膚や腱が破れ、西の中から四間もの百足が姿を現した。無数の足が壁中を蠢く。こちらの残りの燃料は半分。無駄に消耗すればイブに会う前に停止してしまう。やれるか?否、やるんだ。彼女を探すために。

百足の牙が首元へ迫った。

(続く)

#逆噴射プラクティス #逆噴射小説大賞 #歴史改変 #SF #オートマタ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
電楽サロン

ここに送られたお金は全て電楽のビスコ代として利用させていただきます。

三🎍三🎍三
お話を投稿したり、趣味の話をしています。 時折、お肉仮面の写真をまとめています。みてみてね。