或県が狂うまで
見出し画像

或県が狂うまで

〈昨日未明、県では5件目の殺人事件が起こり…〉

地域ブランド──それは地域特有の特徴や売り物による他県にない魅力。他で味わえない満足感を与えることが必要であり、常に県職員の頭を悩ませていた。しかしだからといって悪魔に頼ったのはうちが初めてだろう。まちづくり支援課係長、禍々凶子は悪魔初の公務員。見た目は6歳だが僕より1500と8歳年上だ。

「なんか県で売り出せそうなのはないノ?!」

「係長、うちは水が綺麗なので」

「バカ!水なんてどこも綺麗なのヨ!」

床につかない足をブンブン振る。椅子に3枚敷いた座布団が崩れそうになった。

〈殺人件数としては異例の事態で…〉

「オットト……斯くなる上はブランドを作るしかないわネ。おい、お前!人は殺したことあるカ!」

「いやッ…ないですよ!!」

「じゃ今日中に他県の奴を殺しなさイ。ウチはこれからエドゲイン級の大殺人鬼をいっぱい輩出するのヨ!」

係長は僕を見透かすようにニタァッと笑った。

(続く)

#逆噴射プラクティス #逆噴射小説大賞 #小説 #これから人が大量に死ぬ #悪魔 #不穏

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
電楽サロン

ここに送られたお金は全て電楽のビスコ代として利用させていただきます。

今日は豆乳を飲みました
お話を投稿したり、趣味の話をしています。 時折、お肉仮面の写真をまとめています。みてみてね。