ライク・ア・ローリング・ストーン
見出し画像

ライク・ア・ローリング・ストーン

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ!!!

「シット!オムスビだ!!」

岩陰に隠れながらジェイドは叫んだ。一体何なんだアイツは!俺達のフジ登山を踏みにじりやがって!彼は恋人のローズと友人のデイビス、マリアとフジの日出を拝みに来ていた。しかし災厄は突然転がって来た。地響きと悲鳴を聞いた時には遅かった。後続のマリアは消えていたのだ。あれは岩とも違う、あえて例えるなら昼飯に貰ったオムスビ──ジェイドはそう感じた。

「待って!一人足りないわ!」

叫んだのはローズだった。

「デイビス!早くこっちこい!」

ジェイドがまた叫ぶと、デイビスは足を引きずりながら岩陰に向かおうとする。その瞬間──

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ!!!

デイビスの姿は跡形も無くなっていた。

「マザーファッカー!!俺のダチまで持っていきやがって!!」

彼は怒りに任せて地面を殴りつけた。

一週間前、最初に異変に気付いたのは山岳救助隊の嶋田だった。

(続く)

#逆噴射プラクティス #逆噴射小説大賞 #おむすびころりん #登山

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
電楽サロン

ここに送られたお金は全て電楽のビスコ代として利用させていただきます。

🎍🎍🎍🎍
お話を投稿したり、趣味の話をしています。 時折、お肉仮面の写真をまとめています。みてみてね。