松本花澄 / kasumiy

人間中心設計専門家 / グラフィックカタリスト。 「みんなのあたまとこころをやわらかくする」というパーパスを胸に、新たな発見やつながりを生み出す触媒となるために活動しています。遊び心と共に生きる! http://www.graphiccatalyst.com/

松本花澄 / kasumiy

人間中心設計専門家 / グラフィックカタリスト。 「みんなのあたまとこころをやわらかくする」というパーパスを胸に、新たな発見やつながりを生み出す触媒となるために活動しています。遊び心と共に生きる! http://www.graphiccatalyst.com/

最近の記事

可視カフェとPurpose Carvingで自分のパーパスをアップデートするプロセスを公開した話

みなさん、こちらの記事はお読みになりましたか? もちろんお読みになりましたよね? 2020年6月に、自組織の幹部社員6名を対象に行われたパーパスカーヴィング。 Twitterにも以下のように書きました。 このPurpose Carvingを経て、私も自分のパーパスをきちんと言語化しようと奮い立ちました。しかし、きちんと言語化することにあまり自信が持てませんでした。というのも、今から3年ほど前に同じように自分のパーパス(当時は自分の「ミッション」と呼んでいました)を言語

    • 2019年のお仕事まとめ

      こんにちは。かすみんです。 グラフィックレコーディング Advent Calendar 2019第二弾の5日目の記事です。 noteはじめたし2019年のお仕事まとめちゃう?って気になったので、公開可能なお仕事はアウトプットつけて、不可の場合は名称+感想で、一覧化してまとめました。 人のグラレコじっくり見たいわ~っていう私みたいな人に向けて、写真多めでお送りします。お好きな人だけどうぞ! 2月 マルハニチロ様「ダイバー視点フォーラムWOWO」グラフィックレコーディン

      • グラフィックレコーディングがもたらす『わかりやすさ』と『わかりにくさ』のあり方について

        グラフィックレコーディング Advent Calendar 2019第一弾の2日目の記事です。第二弾もあるよ! グラフィックレコードは本当に『わかりやすい』のか?グラフィックレコーディングが爆発的に流行ったのは去年の2018年ごろからであると個人的には感じています。流行ったきっかけや理由は色々あると思いますが、大きな理由の一つに「アウトプット=残されたグラフィックレコード」があると思います。 イベントに参加された方や登壇者の方が「わかりやすい!」という言葉を付けて、SNS

        • [自己紹介]自分がどのような人間なのかを捉えなおすための記録

          日記やブログがことごとく続かないタイプの人間ですが、頭の中にあるものを言語化することの重要性は日々感じています。 なので今回も続く自信は全くないのですが、書かないことには始まらないので、はじめの一歩を踏み出すことにしました。 読んでくださる方のためになる…と最高ですが、自分が「メタ視点で物事を考えるきっかけを作ること」をまずは第一目標にしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 こんにちは。松本花澄と申します。 「参加者の当事者感を高め、次の一歩を踏み出す支援を