見出し画像

長年連れ添ったパートナーとの別れ ~後日譚~

こんばんは。

今日も見ていただきありがとうございます。

長年、連れ添った車を手放しました。

15年という歳月はそれなりに長い方だったと思います。幼稚園に通っていた息子が成人式を迎える年まで乗り続けたのですから。

ただ、僕が乗っていた車は、安全性と頑丈さが売りの車種でしたので20年以上乗り続けているオーナーさんも結構多くいらっしゃいます。

「走行距離が20万kmを超えたけど、まだまだ快調」なんてオーナーさんのブログ記事を見ると今でも胸がチクリと傷みます。

この車を買う時も、やっぱりそんな記事に触れて、自分もそんなオーナーになりたいと憧れて購入を決断したからです。

でも僕は、走行距離5万kmにも満たない、必要なところをちゃんと直してさえあげればまだまだ十分走れる僕の大切なパートナーを、結局は手放してしまいました。

良いものを手に入れ、長く大切に使い続ける。

おしゃれなデザインや便利で新しいモノが次々生まれ、商品価値の寿命がどんどん短くなっているこんな時代だからこそ、古くなっても大切に手入れをしながら、愛着をもって丁寧に使い続ける、というライフスタイルはすごく素敵な選択だと思います。

ズボラで面倒くさがり、オマケに怠け者の僕には余計にあこがれる生き方です。

車のオーナーとしての僕は、その生き方は叶いませんでした。超絶劣等生でした。

今後しばらく車の購入は控えカーシェアリングを試して見ようと思っています。というか、もう試しました。

意外にも使い勝手が良く、実はもうずっとこれでも良いかなと思ったりもしていますが、それはまた別の機会に書きたいと思います。


さて、僕にはもうひとつ大切に使い続けなければならないものがあります。

こればっかりは、どんなに僕が怠け者でも手放す訳にはいかないモノです。気軽に買い替える訳にもいきませんし、ましてやシェアリングなんて訳にも絶対いきません。


何でしょう?


なんてごめんなさい。

勿体付けてスミマセン。

それは、


家です。


我が家、お家、マイホーム。

こちらは10年前に購入しました。

35年ローンです(爆)。


もう、最初の写真でお気づきかもしれませんが、ここのところ、僕はすっかり家の手入れも庭の手入れも出来ていません。

今まで車の陰に隠れていて、さして気にもしていなかった庭の芝生が随分前から延び放題。

それが今回、車を手放したことで1日24時間、四六時中、ご近所の目に晒されることになってしまいました(恥)。

ですが家だけは、どんなにみすぼらしくなろとも、放り出す訳には参りません。

ということで、明日からマイホームお手入れ編スタートです。

こうご期待!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ヤバいです、照れます。
5
今日から毎日、noteを書きます。 どんなものになるか今から楽しみです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。