KAPELMUUR
【夏休みの自由研究】 手に付いたチェーン汚れ、綺麗に落とす方法を調べる。
見出し画像

【夏休みの自由研究】 手に付いたチェーン汚れ、綺麗に落とす方法を調べる。

KAPELMUUR

日本全国の自転車愛好家の皆様、日頃よりカペルミュールブログをご覧いただきましてありがとうございます。

カペルミュールスタッフが実験してみるシリーズは前回に引き続き「チェーン汚れ」について調べていきます。

今回は【手に付いたチェーン汚れ】です。自転車整備、輪行、チェーン落ちなどうっかり触ってしまった時に落とすのが大変だった経験があると思います。

綺麗に汚れを落とす方法を本社スタッフやネット記事にて調査を行い、定番アイテムから都市伝説みたいなものまで様々な方法を試します!

ページ内画像_4 のコピー 2

それでは早速実験のアイテムを紹介します。
実験前の期待度を★3つで評価してます。

ページ内画像_4 のコピー 3

【ウタマロ石鹸】
裾に付いたチェーン汚れでは一番綺麗に落とすことができた「ウタマロ石鹸」です。手に付いた汚れはどうでしょうか。

ページ内画像_4 のコピー 15

【中性洗剤】
自転車乗りなら車体の洗浄でも使うことが多い台所用洗剤。
手に付いたチェーン汚れは取れるでしょうか。

ページ内画像_4 のコピー 16

【クレンジングオイル】
自転車整備では定番のアイテムとの情報あり。実際はどうでしょうか。

ページ内画像_4 のコピー 17

【専用のハンドクリーナー】
自転車整備のメカニックに相談したら一番おすすめされたアイテムです。

ページ内画像_4 のコピー 18

【お砂糖】
こちらも家庭に必ずあるアイテム。噂では落ちるらしいが実際はどうでしょうか。

ページ内画像_4 のコピー 19

【土】
こちらも怪しい情報ですが、チェーン汚れが落ちるらしい。本当に汚れが落ちれば外出時に使えますね。

ページ内画像_4 のコピー 20

【シャンプー】
facebookのコメント欄にておすすめいただいたアイテムです。

ページ内画像_4 のコピー 21

【洗顔フォーム】
シャンプーで落ちるなら洗顔フォームでも可能と考え実験してみたいと思います。

ページ内画像_4 のコピー 4

今回もチェーン汚れを再現するために、思いっきりチェーンを触って汚します。

画像11

ページ内画像_4 のコピー 5

実験の結果を順に発表します。
水で流す際は35℃程度の温水にしています。

ページ内画像_2-01

ちょっと汚れの範囲が小さかった気がしますが、しっかりと落ちました。固形石鹸なので長く使える点もおすすめです。

ページ内画像_2-02

自転車乗りは中性洗剤を使って手を洗う方も多いのではないでしょうか。油汚れに強いのでしっかりと落ちました。しかし、手が荒れてしまう可能性があるので適度に使うのがおすすめです。

ページ内画像_2-03

落とし方ですが、水を使わず「汚れに直接クレンジングオイルをかける」ことが重要ということです。クレンジングオイルをしっかりと汚れに馴染ませ、最後に水で洗い流しました。お肌に優しいものなので、手荒れしやすい人には特におすすめですね。

ページ内画像_3-01

機械汚れ専用のクリーナーは粉状になっているものが多く、粉を手に取り少しの水分で揉み洗いすると綺麗に落ちます。当社メカニックによると、洗いすぎると手荒れを起こすので、自分に合ったハンドクリーナーを選ぶ必要があるそうです。

ページ内画像_4 のコピー 7

ページ内画像_3-02

手に大さじ2杯分くらいのせて、そのままゴシゴシと擦ったあと水で揉み洗いを行いました。お砂糖はベタベタのチェーン汚れを取れるという情報があったのですが、完全には落とせませんでした。

ページ内画像_3-03

結果に一番驚いたのが「土」でした。一掴み程度の乾いた土を手にこすり付け、手の表面が土でサラサラの状態になったら水で流します。見事にチェーン汚れが綺麗に落ち、違和感もありませんでした。
外出中に手を汚してしまった時におすすめの方法です!

ページ内画像_4 のコピー 8

ページ内画像_4-01

シャンプーは種類が多いので必ずしも落ちるとは言い切れませんが、実験に使ったトラベル用のものはしっかりと落とすことができました。量的にはワンプッシュ程度となります。

ページ内画像_4-02

洗顔フォームは泡立ちも良くそこそこ汚れが落ちたのですが、細かい所に若干残り完全に落としきることはできませんでした。しかし、洗浄力は抜群です。

ページ内画像_4 のコピー 9

==スタッフの主観で結果をランキングにしてみます==

【 綺麗に落ちたランキング トップ3 】
1位:専用のハンドクリーナー
2位:クレンジングオイル
3位:ウタマロ石鹸

やはり専用のハンドクリーナーはしっかりと汚れを落としてくれました。
しかし、手荒れをおこす可能性があるそうなので最初はクレンジングオイルで試してみるのがいいかもしれません。

【 コストパフォーマンスランキング トップ3 】

1位:土
2位:シャンプー
3位:ウタマロ石鹸

土はどこにでもあるのでコスパ最高ですね。特に輪行や遠出の際に手が汚れてしまった時はぜひ試してみてください。

他にも「こんな方法があるよ~」など、アイディアがあればぜひ教えてください。

今後もカペルミュールブログでは自転車に関することを面白く真面目に発信していきたいと思います。こんなことを知りたいなど、自転車に関することでもご相談いただければ質問コーナーでお答えします!

今後もよろしくお願いいたします。

画像24


◆◇◆◇◆◇◆◇◆店舗情報◇◆◇◆◇◆◇◆◇

KAPELMUUR公式オンラインショップ
Facabook ▶ https://www.facebook.com/kapelmuur.jp
Instagram ▶ https://www.instagram.com/kapelmuur_online/
Line公式アカウント ▶ KAPELMUUR公式アカウント

渋谷 cocoti 店
Twitter ▶ https://twitter.com/kapelmuurcocoti
Instagram ▶ https://www.instagram.com/kapelmuur_shibuya/

グランフロント大阪店
Twitter ▶ https://twitter.com/KAPELMUUR_GFO
Instagram ▶ https://www.instagram.com/kapelmuur_gfo/

この記事が参加している募集

#やってみた大賞

13,024件

締切:

夏の自由研究

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
KAPELMUUR
街に馴染むカジュアルラインの KAPELMUUR(カペルミュール) 対となるレーシーラインのLion de KAPELMUUR(リオン・ド・カペルミュール)を展開する 東京発のサイクルウエアブランド。