見出し画像

夏バテ防止に、とうもろこしとかぼちゃのポタージュ

今日から8月6日までの18日間は「夏土用」の期間に入ります。土用自体は春夏秋冬にあるのですが、うなぎを食べる“土用の丑の日”があるため、夏土用が有名。ちなみに今年の土用の丑の日は7月30日です。土用期間は季節の変わり目で体調を崩しやすいため養生が必要とされ、黄色い食品を食べるといいんだそうです。とうもろこしとかぼちゃ、黄色のコンビはボリュームたっぷりで体にも効きそうですよね。

材料(2人分)

かぼちゃ 小1/4個
とうもろこし 1本(缶詰でもOK)
塩 適量
パン(バゲット、食パンなどなんでも)少々
クルトン用オリーブオイルまたはバター

1
かぼちゃは種を取ってラップに包んでレンジに30秒かけ(包丁の通りがよくなります)、3センチ角ぐらいに切って皮をむく。とうもろこしは軸から粒を外す。軸は半分の長さに切っておく。


皮をむいたかぼちゃととうもろこしの粒、とうもろこしの軸を厚手の鍋に入れ、水をひたひたに入れて中火にかける。ふたをしてやわらかくなるまで蒸し煮する。とうもろこしの軸が浮くほどでは水が多すぎ。少し顔が出るぐらいで、ときどきふたを開け水が少なかったら足すぐらいの水加減で火を通す。


とうもろこしの軸を取り去って、塩小さじ1/3を加えて、ハンドブレンダーをかける。なめらかになったらおたまで混ぜながら、水で好みの濃さに調節して味を見る。クルトンは食パンを賽の目に切ってフライパンにオイル少々をひき、焦げ目が少しつくまでゆすりながら煎って作る。

画像1

冷たくしても、さっぱりと食べられそうです。黄色いスープで元気をキープ。ストップ・ザ・夏バテです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございました。日本をスープの国にする野望を持っています。サポートがたまったらあたらしい鍋を買ってレポートしますね。

スープのように熱々の人生を。
47
スープ作家。365日、毎朝スープ。簡単スープで、料理の楽しさと豊かなくらしを伝えます。旬の野菜をたっぷり食べて、自炊の基本が身につくcakes連載『スープ・レッスン』https://cakes.mu/series/3722

この記事が入っているマガジン

気になるレシピ
気になるレシピ
  • 6本
コメント (5)
ミチルさん、ありがとうございます。色って大事ですよね。韓国料理などは色と栄養を結びつけていますよね。スープは夏バテに本当に効くので、ぜひ取り入れてみてください!
はじめまして。黄色食品が夏バテ予防に効くなんて初めて知りました。色分けも結構重要なんですね。貴重な情報をありがとうございます!
ははめしさん、コメント気づかず失礼しました。黄色が全部いいというわけじゃないとは思いますが、黄色の野菜はベータカロテンなどの含まれる緑黄色野菜だったりすることが多いからかな?卵なんかも滋養つきますね。
お返事ありがとうございます。なるほど。緑黄色野菜ということも関係しているのですね。食材の色と栄養の関係をあまり考えたことがなかったので、勉強になりました(*^^*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。