kaorina091
定番のパン粉焼き
見出し画像

定番のパン粉焼き

kaorina091

シチリア島の州都、パレルモからの発信。 ボンジョルノ。

今年に入ってから2日以外はお天気の良いパレルモ地方です。 しかし風が強い。そして毎日前日よりも2度ずつ気温が下がってきています。 今日の最高気温は14度の予報。 元旦は小春日和でしたけどねぇ。

日曜日に近所の魚屋さんへ行きました。 クリスマスシーズン、年末年始と、何故か毎年魚の値段が上がります。 魚を食べる人が増えるから? 稼ぎ時なのでしょうね。 大体平均1Kgあたり3~4ユーロも上がってしまうのですよ。 ちと暴利。3日の日曜日は午前中だけの営業でしたが、ほとんど魚が残っていませんでした。売り尽くした!と言う感じです。 ここに限らずシチリアではほとんどの魚屋さんが月曜日定休日、日曜日に買わないと火曜日まで魚はお預けになるので、何か買っておこうと方針決まらずで行ったのですが、そこそこの値段で良さそうなのはイカのみでした。 後はカジキマグロやサーモンなどの大きい魚です。 サーモンはクリスマスに新しいレシピを頑張ったので、イカにしましょう。

そして翌日の昨日、簡単なシチリア料理になりました。 以下のパン粉焼き。 多分前にもご紹介していると思いますが、オリーブオイルにつけたイカにパン粉をまぶして焼くだけです。

画像1

小麦粉や卵は使用せずオイルとパン好みなので、焼いているうちにパン粉が剥がれたりしますが、それは気にしない。 普通に役のとこのおパン粉焼きとどちらが良いか相方に聞いたら、「パン粉焼き」と言う返答。 シチリア人ですねぇ。

私のお友達のnoterさんはご存知のとおり、シチリアではパン粉を沢山使用します。 肉、魚、野菜にパン粉をつけて焼くのです。 フライではありません、ただ鉄板やフライパンで焼くのです。 BBQでも登場します。 普通にグリルするよりも満腹感がありますよ。

まだ元旦に焼いた1,4Kgのローストポークが残っています。 最後の割と厚い一切れが冷蔵庫の中に・・・。 今日これを制覇しなくてはね、なんと恐怖の5日目ですから。 今回の肉はかなり正解で、温め直しても硬くならない、素晴らしい。

お料理倦怠期抜け出しそうな予感でしたが、こんなに簡単な物しか作っていません。 あとは野菜スープとか・・・。 あまりキッチンに立っていない2021年です。まぁ徐々に動き始めます。

風は強いけれど、ウォーキングへ行ってきまーす。 近所しか行かれませんが車で5分で海の側、そこから歩き始めるのが最近のコースとなっています。

それでは又。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
kaorina091
元日本航空(株)国際線乗務員。イタリアに魅せられて語学を学び'94年フィレンツェに留学。その後色々と縁があり現在シチリア島の州都、パレルモ在住。フリーランスとして通訳、コーディネーターをしている。シチリアと猫と時々つぶやき・・・。