見出し画像

日本のパスタ、イタリアのパスタ

シチリア島の州都、パレルモからの発信、ボンジョルノ。

イタリアはロックダウンが解除されて、早くも3週間が過ぎました。 あっという間に時間が経ちます。 冬から夏へと季節も変わり、我が家も外食にも出掛けるようになり、生活が全く変わってきた・・・というと、そうでもない(笑)。 引き続き家にいることが多いし、パソコンに向かう時間も長いです。 ただ食生活はロックダウン中とは違うかな? 買い物も足りない物があれば買いに出かけるようになり、つまりこの部分は昔に戻った感じ。 週一回の買い出し生活の頃は、とにかくある物で何とかやって行かなくてはいけなかったので、ランチは決まってパスタかリゾットでした。 それまではせいぜい週に4回だったのに、ほぼ毎日パスタを食べる日々。

前にも書きましたが、私はそれ程パスタを必要としていません。 外食でオーダーすることもまずないし、家で作るのは相方が食べたがるから、そして簡単だからという理由です。 それが3ヶ月間ほぼ毎日となると、食べるのも飽きるしワンパターンになってしまう。

noteは勿論、インスタ、FB、その他色々な所で日本人の方々の作るパスタを目にしました。 その結果、分かったことが1つ。 日本のパスタの方がずっとオリジナリティがあり、発想が豊かであるということ。

私が学生時代から「和風パスタ」を食べさせるお店はあり、納豆や生のイカ、タラコなどの具材を使ったパスタは存在していました。 でもそれらはあくまでも和の食材を使った「和風パスタ」であり、別枠だと思います。 今私が言いたいのはその枠のパスタではなく、「イタリアン」の枠の中でのパスタのこと。

随分前に「キャベツとアンチョビのスパゲッティ」というのが話題になり、おそらく30年近く前の事だと思いますが、発端はとある広尾にあるイタリアンの賄い食だったと記憶しています。 そこから誰かが目をつけて、紹介して、雑誌でも取り上げられて、ブームが起きました。 イタリアで一人暮らしを始めた頃は、私もよく作りましたよ。 それが今の相方と暮らすようになり、作らなくなった。 ある日試しに作ってみたら、「どうしてキャベツ?」と聞かれました、これ予想内でしたけど。 「ある時期日本で流行ったの」と答えたら、ふーんって感じ。 完食したけれどそれ以来リクエストは来ません。 

鶏肉を使ったパスタもイタリアには存在しません。 イタリア語で検索しても出てこない、スペイン語のレシピは出てきたので、スペインでは食べられているのでしょう。

数日前は友人が作った「ひき肉とナスのパスタ」を目にしました。 イタリアでもその組み合わせはありますが、ひき肉は煮込んだラグーソースであり、ただパラパラと炒めたひき肉をパスタに使う事は、イタリアではない。

シラスをトッピングしたり、日本のパスタは自由自在って感じです。 そうそうシチリアにもシラスのパスタはありますが、シラスをトッピングという発想はありません、トッピングはパセリです。

ある日、私的には結構定番だと思っていた「ほうれん草とサーモンのパスタ」を作った時、「美味しいね、この組み合わせ。初めての味」と言った彼。 この組み合わせは私が日本にいた頃から存在していたから、日本では少なくとも25年以上前から食べられていて、全然新しくないんですけど? つまり、このレベルなんです。

上げていけばきりがないのですが、日本人の発想は凄いと思います。 多分焼きそば感覚で作っているのかもしれませんね。 

イタリアはパスタの形状とソースの関係にこだわるので、なかなか新しい物が出てきません、というか受け付けません。 伝統を守るのはいい事だと思いますが少々頑な過ぎるのがネックとなり、発想が乏しい・・・。 まぁ彼らはそれがネックだとは1ミリも思っていませんが。 

和の食材を使った和風パスタではなく、イタリアンの枠で日本人が作るパスタ、興味深々で見ています。 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
有難うございます。 嬉しいです。
31
元日本航空(株)国際線乗務員。イタリアに魅せられて語学を学び'94年フィレンツェに留学。その後色々と縁があり現在シチリア島の州都、パレルモ在住。フリーランスとして通訳、コーディネーターをしている。シチリアと猫と時々つぶやき・・・。

こちらでもピックアップされています

エッセイ
エッセイ
  • 82本
コメント (4)
イタリアの方は、食に関して保守的ですよね。
昨秋、イタリア中部に行き、地元のお母さんにお料理を教えてもらいましたが、「なぜこの組み合わせ?」「他のもので代用は?」と聞くと「おばあちゃんの時代からこの組み合わせ」「他のものにする意味がわからない」との答えでした。
そこにオリジナリティとか求めないのでしょうね。
めっちゃ、興味深い話でした。冷製パスタも日本からの逆輸入と聞きました。(なん百年もパスタ食べていて、イタリア人は誰もTRYしなかったのが、不思議。)  イタリア人は(と、伊国人を一括りに一般化するのも、なんですけど)、 超保守的で、プライドが高いのかな?と 思いました。 アメリカーナ文化は特に下に見ると聞きます。
いこまゆきこ様、本当に保守的です。 イタリア料理以外に興味を持たない人が多いのです。 若い世代でもマックとイタリア料理以外は受け付けないという人がいるので、驚きますよ。 若手のシェフは色々とオリジナルな料理を考案していますが、日本のようにはいかないです。
リック西大寺様、有難うございます。 イタリアには冷製パスタは存在しません。 パスタサラダも冷製パスタとは別物です。 茹でたパスタを水で〆るという発想はないのです。 日本人は外からの物を取り入れて、独自にアレンジをする技術に長けていると思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。