見出し画像

千葉でワーケーション

鹿野山自然学校

7、8年前に千葉でワーケーションの拠点を運営していました。

地域物産館の「森のおみせ」

薪ストーブ店「森の薪ストーブ屋」

コワーキングスペース「森のオフィス」

を1軒のログハウスに区分け、入り口も別々です。

画像1

県道沿いだったこともあり、珍しさもあり、いろんな方が来店されました。

画像2

お子様連れ

画像3

女子グループ

画像4

お父さんorお母さんがコワーキングをしている間、子供たちはお店の手伝いをしたり、遊んだりして暇を潰します。

画像5

画像6

薪ストーブを囲んで、皆で団らんしたり、ちょっとしたコミュニティになっていて、それはそれは楽しんでもらえる場所を作れたと思っています。

しかし、当時はワーケーションという言葉も無く、コワーキングも普及しておらず、ちょっと時代には早かったようです、薪の販売は順調だったものの、7、8年前の社会ではオフィス利用について、ほとんどニーズがありませんでした。

最近、政府からワーケーションという話が出て、働きながら田舎暮らし体験をする、私たちがやっていた事と同じじゃん!!って思いました。

画像7

子供と遊ぶお父さん。

今は、そば屋さんに店をお譲りして、この場所は別のお店になっていますが、

今、まさに社会全体がテレワークにシフトし始めて、今こそニーズがあると感じています、完全に早すぎましたね、社会とタイミングが合わずに、かなり悔しいです(笑)

夢をもう一度で、今回のテレワークのニーズ、ワーケーションのニーズに、自然学校として何らかの形で応えて行きたいです。

お店はもう無いので、コワーキングは現実的ではありませんから、ワーケーション中のゲストへの自然体験、アクティビティの提供が基本になると思います。

例えば、こんな事やっています。毎週水曜日となっていますが、多忙の為なかなか、その通りにはお受け出来ていないのが現状です。

https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000209265/activity/l00002BF37/?asobiKbn=1

ワーケーションをお考えの事業者さんなどいらっしゃいましたら、鹿野山自然学校まで、どうぞご連絡くださいませ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
鹿野山自然学校

よろしければサポートお願いいたします。頂いたサポートは環境保全に使用します。