マガジンのカバー画像

本のあるところ ajiro

63
福岡・天神の本屋&カフェ。海外文学と詩歌を中心とした書籍を販売。トークショー、読書会、歌会などのイベントも開催しています。 http://www.kankanbou.com/aj… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

【本のあるところajiro】「生き物係は整わない〜人間と非人間のあいだ」『汚穢のリズ…

『汚穢のリズム』(左右社)刊行記念座談会 「生き物係は整わない〜人間と非人間のあいだ」 酒…

【本のあるところajiro】「フーリエを笑いものにするとき、われわれは何を犠牲にして…

『フーリエの新世界』(水声社、二〇二四年)刊行記念トーク 「フーリエを笑いものにするとき…

【本のあるところajiro】『あとがきはまだ』刊行記念俵万智×渡辺祐真トークイベント…

『あとがきはまだ』刊行記念俵万智×渡辺祐真トークイベント「今の短歌 俵万智の今」(6/10)…

【本のあるところajiro】『ココロさえずる野鳥ノート』刊行記念mililieトークイベント…

『ココロさえずる野鳥ノート』刊行記念 mililieトークイベント 「ココロさえずる野鳥トーク!…

【本のあるところajiro】『エドワード・サイード ある批評家の残響』刊行記念 中井…

『エドワード・サイード ある批評家の残響』刊行記念対談 中井亜佐子×柿木伸之「声を聴く批…

【試し読み】山野辺太郎『恐竜時代が終わらない』冒頭より

山野辺太郎『恐竜時代が終わらない』 *** 山野辺太郎『恐竜時代が終わらない』冒頭より  …

韻踏み夫×大谷能生『20世紀ジャズ名盤100』出版記念『日本語ラップ名盤100』vs『20世紀ジャズ名盤100』(5/13)

韻踏み夫×大谷能生 『20世紀ジャズ名盤100』出版記念 『日本語ラップ名盤100』vs『20世紀ジャズ名盤100』 ★お申し込みはこちら ①会場参加チケット ②配信視聴チケット 大谷能生さんの『20世紀ジャズ名盤100』(イーストプレス)の出版を記念して、著者の大谷能生さんと、同じく「100」シリーズから『日本語ラップ名盤100』を刊行した韻踏み夫さんをお招きしてトークイベントを行います。 大谷能生さんより イーストプレス社発行の好評「100」シリーズ、その『日本語ラ

【本のあるところajiro】『人類の会話のための哲学』刊行記念 朱喜哲さん×東山彰良…

『人類の会話のための哲学』刊行記念 朱喜哲さん×東山彰良さんトークイベント「人類の会話と…

【本のあるところajiro】「嫉妬・承認欲求・民主主義――『嫉妬論』(光文社新書)刊…

◆日時 2024年4月26日(金)19:00~20:30(18:30開場) ◆場所 本のあるところajiro(福岡市天…

【本のあるところajiro】『妄想アンソロジー式ミステリガイド』『本格ミステリ・エタ…

『妄想アンソロジー式ミステリガイド』『本格ミステリ・エターナル300』W刊行記念法月綸太郎×…

【本のあるところ ajiro】原田裕規さんトークイベント『とるにたらない美術』『評伝ク…

原田裕規さんトークイベント 『とるにたらない美術』『評伝クリスチャン・ラッセン』『ラッセ…

【本のあるところ ajiro】『カッコの多い手紙』刊行記念イベント イ・ラン×スリーク…

『カッコの多い手紙』刊行記念 著者来日イベント イ・ラン×スリーク×渡辺ペコ トークイベ…

【本のあるところ ajiro】『夜を着こなせたなら』刊行記念 山階基×山下翔トークイベ…

『夜を着こなせたなら』刊行記念 山階基×山下翔トークイベント「湯気のある暮らし」 ◆日時 …

【本のあるところ ajiro】北村紗衣さん来福トークイベント「『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』ができるまで、そして終わるまで」(3/13)

2019年に書肆侃侃房から刊行されたフェミニスト批評集『お砂糖とスパイスと爆発的な何か――不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門』の著者、北村紗衣さん初の来福イベントです。前半では、本のもとになったwezzyの連載を含めて、この本がどういう経緯でできたのか、できた後にどういう反応があったのか、そしてウェブ連載のその後などについて、著者が制作秘話などをお話しします。後半はお越しになった皆様から、『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』に限らず、フェミニスト批評や演劇・映画などにつ