新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

シンガポール首相の英語スピーチを聞いて、励まされた(コロナウィルスの話)

昨日、Twitterでこんな投稿を見かけた。

シンガポールに5年住んで、その国土の狭さをよく知っている私にとって、この数字は驚愕ものだった。シンガポールの面積は725.1㎢。東京23区(626.7㎢)よりちょっと広いかな程度のサイズ感。そんな小国が、米国の2倍、日本の30倍以上の対策費を投じて、COVID-19(新型コロナウィルス)に立ち向かっているという!(数字は2/27時点)

シンガポールは東南アジアのハブなので、アジアで感染症が流行すると、大きな影響を受けがち(例:2002~2003年に流行したSARS)。今回のCOVID-19も、かなり早い段階で感染者が出始めた。市民の間で動揺が広がるのも早かった。そして、それに対する政府の反応も、早かった。旧正月明け直後の1月27日には厚労省的な組織から、手洗いうがいの励行など市民が「何に気をつければ良いか」について案内が出された

2月8日には、首相のリーシェンロンからのスピーチという形で、国民へメッセージが出された。

2月27日に冒頭のtweetを見かけ、シンガポールの状況を思い出した私は、ふと思いだして、このスピーチを全編再生した。そこには人々を励まし、ともに立ち向かっていこうというメッセージを発するリーダーがいた。このスピーチを聞いて、私はとても、勇気付けられた。

「私たちはそれぞれ自分の役割を果たすことができます。」
「 恐怖と不安は、人間の自然な反応です。 私たちは誰でも、新しい未知の病気から、自分自身や家族を守りたいと思っています。 しかし、恐怖は、ウイルス自体よりも大きな害を及ぼす可能性があります」
「新型コロナウイルスの流行に、団結して対峙していきましょう。 予防策を講じ、助け合い、落ち着いて、日常生活を続けていきましょう」

落ち着いた口調で力強く語るスピーチを聞いて、勇気をもらいつつ、私は、自分が少なからず不安を抱いていたことに、気が付いた。

27日午後に「来週から3月いっぱい、全ての学校を休校に」というニュースが流れた。それを受けて、子持ちの友人知人が騒然とし始めた。私も無意識のうちに影響を受けて、精神的に不安定になっていたようだ。

スピーチを聞いて、私は軽く涙ぐむほど感動した。そして、この言葉をもっと読み込みたいと思った。探してみたら、スピーチスクリプトは首相官邸ホームページで全文公開されていた。文章で読んで、改めて、励まされた。落ち着いて、私は私のできること=日常生活を大切にして、いつも通り、健康第一の生活を送ろうと割り切ることができた。

自分の理解を深めるため、ざっと日本語訳をつくってみた。やっぱり良い文章だった。こんな良い言葉をひとりじめしておくのはもったいないと思って、Facebookで公開した。誰もシンガポールの首相のスピーチなんて興味ないかな……と思っていたら、複数の友人が「素晴らしい内容なので、翻訳も含めてシェアしたい」とコメントを寄せてくれた。北海学園大学で英語を教えている内藤先生は、要約までつくってくれた。どうやら、このスピーチのよさは、シンガポールに縁がない人にも伝わるものらしい。せっかくなので、誰でも読める場所に日本語訳を置いておこうと思って、このnoteを書いている。

ここまで我慢強く読んでくれたあなたが、もし英語を勉強しているなら、ぜひYouTube動画を見てほしい。全編字幕付きなので、リスニングに自信がなくても大丈夫。シンガポールの組織名や人名等の固有名詞はあるので、そこらへんは適当に飛ばしてしまおう。

以下、私がつくった日本語訳。シンガポールを知らないひとにも意味が通ることを最優先して編集してあることを理解したうえで、お楽しみください。

約2週間、私たちは新型コロナウイルスの拡散という状況に直面しています。
副首相による特別チームが、この状況に対する政府対応を主導してきました。 彼らは毎日新しい展開に取り組んでおり、あらゆる段階で情報提供するために、定期的な記者会見を開催しています。 今日、私はあなたたちに直接話し、私たちがどこにいるのか、そしてこれから先に何があるのかを説明したいと思います。
17年前にSARSの大流行があったおかげで、今回は、新型コロナウィルスに対処する準備がかなり整っていました。 マスクと個人用保護具は十分に備蓄されています。 新しい国立感染症センターを含む医療施設は、拡張され、改善されています。 ウイルス研究の研究力も、より高度になりました。 この状況に対処するために、医師と看護師はよりよく訓練されています。 私たちも、心理的に準備が整っています。 何を期待し、どのように反応すべきかを知っています。 最も重要なことは、我々はSARSを一度克服したことで、これからも問題も解決できるとを知っていることです。

新しいコロナウイルスはSARSに似ていますが、2つの重要な違いがあります。 まず、新しいウイルスは、SARSより感染力があります。 したがって、拡大を止めることは困難です。 第二に、新しいウイルスはSARSよりもはるかに危険性が低いです。 SARSにかかった人の死亡率は約10%でした。 湖北省以外では、死亡率はこれまでのところわずか0.2パーセントです。 これに対して、季節性インフルエンザの死亡率は0.1%です。 したがって、死亡率の観点から見ると、新しいウイルスはSARSよりもインフルエンザにはるかに近いです。

しかし、状況はまだ進化しています。 毎日新しい発見があるため、迅速かつ動的に対応する必要があります。 これまでのところ、シンガポールの発症例のほとんどは、中国から輸入されたものか、輸入された患者に由来するものです。 そのようなケースを発見したら、患者を隔離し、接触のあったものを追跡し、密接な接触先を隔離しました。 これは拡散抑制の意味合いが含まれており、ローカルクラスターの根絶に役立ちました。 しかし、ここ数日、感染の原因を突き止めることができない症例も見られるようになってきました。これは私たちを懸念させました。なぜなら、それは、ウイルスがすでにシンガポール国内で循環していることを示すからです。 これが、昨日DORSCON(感染症警戒レベル)を(4段階のうち上から2番目の)オレンジに引き上げ、対策を強化している理由です。 学校で子供達がお互いに触れ合うイベントを減らしています。 病院へのアクセスを制限しはじめています。 大規模な公共イベントでは、特別な予防措置を講じています。 私自身も、昨日開催されるはずだった旧正月イベントを延期しました。 DORSCONをオレンジに引き上げたことは、以前にもあります。 それは2009年のH1N1豚インフルエンザのときです。 ですから、パニックになる必要はありません。 私たちは街中に厳戒令を発したり、国民が家のなかに留まることを強制していません。 物資は十分にあります。昨日ニュースになっていたように、インスタントラーメンや缶詰、トイレットペーパーを買いに走る必要はありません。

状況がどうであれ、私たちはそれぞれ自分の役割を果たすことができます。 1つ目は、個人の衛生状態を遵守すること。頻繁に手を洗い、目や顔に不必要に触れないようにしてください。 2つ目は、1日2回体温を測定しましょう。 そして3つ目は、具合がよくないなら、混雑した場所を避けて、すぐに医師に相談してください。これらをすることに、それほど手間はかかりませんが、私たち全員が行えば、ウイルスの封じ込めに大いに役立ちます。

現在、患者が接触した人々の追跡を行い、密接な接触先を隔離しています。 しかし、今後数日のうちに、接触先が不明なケースが増えると予想しています。
不明なケースが増え続ける場合、ある時点で戦略を再考する必要があります。 ウイルスが拡散している場合、すべて接触先を追跡することは無益です。 それらすべてを入院させ、疑わしい患者すべてを隔離したら、病院はキャパシティオーバーになります。 その時点で、新しいウィルスの致死率がインフルエンザのように低いままであれば、我々の戦略を変更する必要があります。 軽度の症状しかない患者は、市内のクリニックで診てもらい、大きな病院には行かず家で休むことを奨励します。大きな病院の医療従事者には、最も弱い患者、すなわち高齢者や幼児、合併症のある患者に集中させます。

まだ、その時ではありません。 それは起こるかもしれないし、起こらないかもしれない。しかし、我々は先を考えて、次のいくつかの段階を予想しています。 そして今、私はこのような可能性があることを、あなたがたに共有しています。起こりうる事態に対して、私たちは心の準備をしています。
私は、今回の新型ウィルスがもたらすであろう医学的結果について過度な心配はしていません。大多数の国民は健康であり続ける、病気になった国民のほとんどは回復するでしょう。これまでの入院患者のうち、大多数は安定した状況か、またはすでに回復しています。 危険な状態にある症例もいくつかありますが、すでに回復して退院した例もあります。

しかし、本当に問われていることは、私たちの社会結束力と心理的な耐性です。 恐怖と不安は、人間の自然な反応です。 私たちは誰でも、新しい未知の病気から、自分自身や家族を守りたいと思うものです。 しかし、恐怖は、ウイルス自体よりも大きな害を及ぼす可能性があります。恐怖にかられると、オンラインで根拠のないデマを流したり、マスクや食料を買い占めたり、ウィルスの流行を特定の人々のせいにしたり、パニックに陥ったり、事態を悪化させたりする可能性があります。 このストレスフルな状況を、私たちは勇気を奮いおこして、一緒に見守っていく必要があります。
それは実際、多くの国民がすでにしていることです。 地域リーダーとチームNila(シンガポール国内のスポーツ団体)によるボランティアチームは、マスクを家庭に配布する活動を始めました。 大学生たちは、寮に隔離された同級生たちに、毎日食事を配膳しています。 医療従事者は、最前線にいます。彼らは病院や診療所で患者を治療し、回復する手助けをしています。 ビジネス連合や労働組合、公共交通機関の労働者は、サービス維持に努め、労働環境を整備し、シンガポールという国の運営を維持するために日々、努力しています。 それらは、私たち全員を支え、励ますインスピレーションです。 これが、私たち、シンガポールです。

新型コロナウイルスの流行に、団結して対峙していきましょう。 予防策を講じ、助け合い、落ち着いて、日常生活を続けていきましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

良い1日になりますように❤️
1143
日本で5年働いた後、シンガポール移住。あちらで5年働いた後、日本帰国。たまに東南アジアに帰りたくなりつつ、日本で空を飛んでます。本と数学とパラグライダーが好き。
コメント (1)
シンガポールは努力と団結と融和の国だと思います。かつては、飲料水まで輸入していた国だと聞きましたが、教育に力を注ぎ、国民融合のための歌を作り、多文化共生社会を作るために住宅政策にも工夫を凝らしたとか。🖌
 国立シンガポール大学に教職員と学生のための託児所が随分前から容易されているとシンガポーリアンから聞いた時は驚きました。「東大に託児所」という発想すらない日本人のひとりが私でしたから。🖊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。