かわさきりょうた@車椅子からの言葉

1987年生 ・10万人に一人の割合で発症する脊髄性筋萎縮症という難病と共に生活👨‍🦼 ・24時間介助者に入ってもらい生活 ・大切なパートナーとの愛の記録 ・マイノリティーとしての自覚を持って生きる・徒然なるままに。

電動車椅子で甑島にパート2

熱が冷めないうちに筆を走らせようと思います。 自分が行った場所、発した言葉。巡らせた思考。 記録に残しておくことは大事だと思っています。 ご飯とお風呂をバァーっと…

電動車椅子で甑島に行ってみた。

この感動を記録しておかねば… という気持ちと裏腹に身体はバキバキ、ゴキゴキ。 久々の出張は僕に心地よい疲労感と充足感を与えてくれました。 コロナ禍で忘れていた感覚…

7.26 サイレントデモ

重苦しい朝の感じを今でも思い出す。 テレビを付けてみた光景に目を疑った。 神奈川県津久井やまゆり園で起きた、障害者殺傷事件。 事件の概要は書く必要は無いだろう。 …

車を手に入れた僕の話

我が家に車がきました。 といっても姉と母のお下がりで、14年落ちで19万キロ走っていますが…家族で出かけられるのでとても重宝しています。 しかし僕には思うところがあ…

感じる節目

妻と2人で久々にランチに行った。 妻のご両親へ初めてお会いして、挨拶した思い出の場所。 緊張した日々から少し解放されて、美味しい料理をモリモリ食べて、さてデザート…

声を上げることの大切さ

まず、お伝えしたいのが今回の僕のnoteが心理的に負担になってしまった当事者やご家族の方には大変申し訳なく思っています。 すみませんでした。 上記のことから、今後は文…