二代目社長の伴走者 井上 剛典
今日だけ頑張ろうって出来ないんですよね 毎日note連続1309日目
見出し画像

今日だけ頑張ろうって出来ないんですよね 毎日note連続1309日目

二代目社長の伴走者 井上 剛典


今日の一言
常に全力で取り組む習慣を身に付ける

「目の前のことに全力で取り組み」成長するための実践行動
・目の前のことに常に全力で取り組む意識を持つ
・本気のレベルを確認する
・何事にも本気で取り組む

昨日は倫理法人会のモーニングセミナーからスタートしましたが、今回初めて「司会」というお役を頂き、緊張しましたが無事役割を務めさせていただきました。

正直に言えば無事ではなく最後に1つ大きなミスをしましたが、皆様暖かく見守っていただき何とか終了しました。

その後ディライトでビジネスのスタートアップのアドバイスを行い名古屋へ移動、ワンネス経営研修のアシスタント、戻ってもう1件面談でプレゼンのアドバイスと昨日もあっという間の1日でした。

本当に毎日楽しく仕事をさせていただき、感謝しかありません。自分のやりたい仕事が人の役に立っているというのは、毎日の充実につながりますよね。


昨日の講話で幹事の田中元規さんが話されていた「今この場で全力が出せない人はほかの場所でも出せない」という話が最近しみじみと身に染みています。

今日だけ頑張る!って瞬間的には力が出るかもしれませんが、普段から全力で取り組んでいる人には絶対にかなわないんですよね。

私は子供のころから要領が良く、何事も適当にやっていれば「そこそこ」の結果が出ていたので、何かに本気で取り組むということをほとんどしていませんでした。

そんな生活を長年続けているといざ「本気」を出そうとした時もなかなか出せず、自分の全力を出している状態がどんな状態かわからないんですよね。


また、何事も斜に構え、本気でやっている人を見ても「ああ、ご苦労様」くらいにしか見ていませんでした。

そのまま40年が過ぎ、自分は大した成果が出せないことにもどかしい思いをしていました。自分はそんな状態ですが、本気でずっと取り組んできた方がすごい成果を出しているのが正直うらやましかったんですよね。

さすがにまずいと思い、自分もそろそろやってみようと重い腰を上げましたが、いざ本気を出そうと思っても出せなくなっている自分に愕然としました。

3年前に井上感動マネジメントを立ち上げ、最初はリハビリからスタートし、全力の出し方を練習しました。それから出来ることにとにかく取り組み走ってきてようやく全力で取り組むということが少しわかってきました。


大嶋啓介さんのブログに本気の定義が書いてあり
(1)自分で決める 
(2)やり続ける。 
(3)本気でやると楽しくなる。
(4)本気の人に人が集まる。 

今はまさに(3)の状態で、人が集まるという感覚も見えているので、少し形になってきたのだと思います。

やはり大切なのは常に全力で取り組むということなんですよね。3年続けてみてようやく見えてきました。

自分がどの段階か確認し、次のステージに向けて日々全力で取り組んでいきましょう。


------------------------------------------------------
セミナー動画や音源を販売しています
わくわくする会社作りオンラインショップ

SNS YouTubeやってます。
下記リンクよりつながってください
Facebook 
Twitter 
YouTube 
株式会社井上感動マネジメントHP 

#井上感動マネジメント #二代目社長の伴走者 #経営理念クリエイター #ライフスタイル #ビジネス #あり方 #日々全力 #本気 #目の前のことに真剣に取り組む #全力 #倫理法人会

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
二代目社長の伴走者 井上 剛典

よろしければサポートお願いいたします。サポートいただいたお金は日々のビールやおつまみにありがたく使わせていただきます。間違っても募金箱や賽銭箱に入れませんのでご安心ください。

二代目社長の伴走者 井上 剛典
実家の倒産・自分の会社の乗っ取りを経て「二代目社長の伴走者」として、経営者にとにかく寄り添うサポートを行っています。皆さんのQOL(=人生の質)が向上する情報を毎日配信中。コンサルとコワーキングスペースの運営の二足のわらじで皆さまが幸せになるお手伝いをします