見出し画像

タイムマネジメント② 行動するリストTODOリストを明確にする No.690

昨日よりタイムマネジメントの話を書いています。昨日はなぜタイムマネジメントが必要かという話と、その流れについて書きました。

タイムマネジメントを行う前に必要なのが、今やらないといけないことを明確にすることです。

来月富士山に登ろうとしているのに、違う山に登る計画を立てていたり、豪華なキャンプの準備をしていては目的は達成できません。また、必死に富士山の歴史を調べても勉強しているだけでは登山はいつまでも出来ません。

今やらないといけないことを明確にすることからタイムマネジメントはスタートします。そのために大切なのがまず自分の現在位置を正確に知ることです。

言い換えればスタート地点を明確にすることから始まります。

ここで言うスタート地点とは現在のあなたの状況で、今あなたが持っている資産の状況を確認します。資産と言われてもそんなに持っていないと言われるかもしれませんが、皆さん色々な資産を持っています。

資産には有形資産という目に見える物と、無形資産という目に見えないものがあります。

企業で言えば有形資産には商品や現金、土地建物などの目に見える物があり、無形資産には特許や商標権、特殊な技術、企業文化なども無形資産に入ります。

個人で資産と言えば、家や預金、株式などが思いつきますが、それよりも重要なのが無形資産です。個人の無形資産と言えば下記のようなものがありますが

・知識・学んできたこと
・資格
・経験・実績
・人のつながり
・信用

このような無形資産がどれくらいあるのかによって目標達成の度合いが全く変わります。

例えば、知識や資格は持っていれば活かせるものですが、それが活かせる業界に行かなければ無意味になります。中小企業診断士の資格がある方が、パティシエになろうとしても役には立ちません。

また経験も、飲食店で仕事をしてきた方が同じサービス業のホテル業界に入るのであれば良いのですが、飲食店の方が工場の勤務ではあまり経験を活かせません。

自分が何を持っていて、何ができるかを正確に把握して自分の現在位置を明確にしましょう。

そこででゴールと現在位置の差が明確になります。

ギャップ


ゴールと現在位置の差を明確にして、それをどれだけの期間で達成するかを決めます。そうすることで1カ月にどれくらい1週間にどれくらい、1日にどれくらい取り組めばよいかがわかります。

そのギャップを埋めるための行動をTODOリストとしてリストアップし、リストに沿って行動していきます。

目標が高ければ高いほど現在位置とのギャップが大きくなり、そこを埋めるためにTODOリストも膨大な数になってきます。

このリストにどれだけ取り組めるかがタイムマネジメントの本質になってきますので、明日はどのようにTODOリストに取り組んでいくかについて書いていきます。

今日の一言
現在と目標とのギャップがTODOリストの基になる
成長するための実践行動
・今自分が持っている資産を明確にする
・その資産を元にゴールとのギャップを明確にする
・そのギャップを埋めるための行動をリスト化する
・そのTODOリストを元に行動を起こしていく

この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いいたします。サポートいただいたお金は日々のビールやおつまみにありがたく使わせていただきます。間違っても募金箱や賽銭箱に入れませんのでご安心ください。

良かったらどうぞ(^^)/
61
「情熱と本音に伴走!井上流帝王学」 皆さんのQOL(=人生の質)の向上をサポート中!元100億企業の御曹司。M&Aを機に二代目社長の伴走者として経営者を応援中。井上感動マネジメント代表、コワーキングスペースディライトオーナー、みんながわくわくするコミュニティー創りを岐阜発信

こちらでもピックアップされています

目標設定
目標設定
  • 37本