見出し画像

10/20日曜日イベントに参加します

 改稿に追われ、ドタバタしておりましたが、来週の日曜日、都内で開催される亀田俊和さんの「『観応の擾乱』のその先」というイベントのパネルトークにパネラーとして参加します!

 まだ募集中とのことです!

 会場で私の著作の販売はありませんが、持ってきていただけたら、すみっこでサインしますよ!

画像1

 
 ぼさぼさになっていた髪も、きっちり散髪してきました!
 
 パネルトークでは、亀田俊和さん(『観応の擾乱』著者、国立台湾大学日本語文学系助理教授)、谷口雄太さん(東京大学研究員)、藤島智勝さん(寶聚寺住職)と「南北朝について」語ります。
 
 皆様にご迷惑を掛けないよう、猛勉強中です(汗)!

足利尊氏2

足利二つ引のコピー

 
 
 南北朝時代の文学といえば『太平記』ですね。
 私は父の本棚にあった吉川英治全集の『私本太平記』から入りました。

画像4

 題材としては北方謙三さんが多く手掛けています。今回読み直す時間がなく、残念です……。
 
 ちなみに神家正成の正成は「まさなり」と読みます。楠木正成の「まさしげ」ではありませんよ(笑)!

楠木正成


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

第13回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞して自衛隊ミステリー『深山の桜』で作家デビューしました。 プロフィールはウェブサイトにてご確認ください。 https://kamiya-masanari.com/Profile.html 皆様のご声援が何よりも励みになります!

ありがとうございます! 茶色の需品科 糧食、燃料、被服まで 部隊の母
3
第13回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞。自衛隊ミステリー『深山の桜』で2015年3月デビュー。 陸上自衛隊少年工科学校(高等工科学校)富士学校修了。北海道で74式戦車操縦手として勤務。 依願退職後、韓国留学。https://kamiya-masanari.com/