見出し画像

『パラサイト 半地下の家族』はなぜスッと受け入れられたのか

今日は映画の話です。『パラサイト 半地下の家族』について。さらに、初めての試みとして、ラジオアプリのREC.でも感想を配信します。

音源は、今回のnoteとして書き起こされる元となったLINE通話です。

REC.の話は、このあたりにしておいて。ここからが本題です。『パラサイト 半地下の家族』について話していきます。

錯綜する前評判

思い起こせば、少し前にも観に行こうとしていたんです。パラサイト。でも、10分遅刻してしまったので、行けなくて。そこから、ずっと観たかったんです。

話題の作品ですよね。僕の周りだと、前評判はこんな感じでした。

「JOKERみたいな感覚」「なんとも言えない終わり方」かと思えばスッキリした」というのもあって。

さらに、それを受けて「え、スッキリしないけど」「それってどういう感じなの?」となったりと。前評判からは、どんな映画なのかよく分からない状態に陥っていました。

覆されるイメージ

先に結論を言ってしまうと、僕の評価は5点満点中4.0です。

――『フォードvsフェラーリ』に迫る勢いですか。(聞き手 : Erina)

やっぱり、良かったですよ。

――素直に受け入れられたんですね。

あれ、ちょっと。なんか。ぼくが偏屈みたいな言い方(笑)

前評判からは、汚らしいとか。イメージは下水道。なんていう印象を、ぼくは感じていたんです。パルムドール受賞作品だけど、グロいというか。なんというか。

ですが、そんなことはどこにもなく。観終わったときは、スッと受け入れました。

――意外ですね。

いやいや、素直な人間ですから(笑)

脚本と配役のコントラスト

どうですか僕の感想は?

――噛み付くパターンか...

素直に受け入れるパターンか

――どちらも好きなんですが、今回はとても素直で驚きました。

そうかなあ。韓国映画だからですかね。それでいうと、尖ってはいなかったと思うんですよね。

例えば娘役の方とかもそうだと思うんですけど、特別綺麗な方は出ていなかったと思います。

――たしかに、絶妙なキャスティングですね。

そもそも棘がないんだと思います。全体を通したストーリーには棘があるから、最後はいいオチです。でも、ぼくが噛み付くような要素がなかったんじゃないかなと。

あ、でも1つだけ思ったことがあります。それも超ピュアに。資産家の家に奥様がいらっしゃるじゃないですか。

画像1

画像4


あの人は綺麗って思いました。

――1つの作品に1人は、必ず鎌田さん好みの方がいらっしゃるような。

あれ、でも。あの方美しいですよね?

あと、他にも気になったことが。『コンフィデンスマンJP』の予告編がやっていまして。ぼく、大好きなんですよね。

――こちらも楽しみですね。

意外と保守派なんだと気付かされたこと

本編に話を戻すと、ストーリーは家が半地下にあるというところから始まるんですが...

画像3

そこに住む兄妹が、ある資産家の家へ家庭教師として潜り込みます。

画像2

タイトルにもなっている「パラサイト」は「寄生」という意味ですよね。まさにその通りで、半地下の住人が資産家に寄生していくんです。

ここで、「自分は意外と保守派なんだ」と思ったシーンがあるのですが...


------------------------------------ここからはネタバレを含んだ感想です。ポン・ジュノ監督は「本作をご紹介頂く際、出来る限り兄弟が家庭教師として働き始めるところ以降の展開を語ることは、どうか控えてください。」と仰っています。

ということで、まだご覧になっていない方は劇場へ。ぜひ鑑賞後に、また戻ってきてください。それほど、ストーリーが練られている作品です。

既に鑑賞された方は、感想を誰かと語り合いたい気分になりませんでしたか?ここからは、鎌田さんとお話ししているような感覚で、楽しんでいただけると...








資産家の家族がキャンプに出かけた後のシーンです。豪邸の住人たちは不在。そこへ、半地下の家族たちが全員集合。そして、どんちゃん騒ぎが始まるのですが

僕は、ああいうのめっちゃダメなタイプです。

「いつ帰ってくるか分からないじゃん」っていう。その恐怖でいっぱいでした。だって、バレたら終わりじゃないですか。

「すぐにでも、場所変えよ」って。
そればっかりを、ずっと気にしてしまって。

――それが楽しさには繋がらないということでしょうか?

違いますね。ドキドキ、ハラハラが楽しいっていうのはあったんですけど。同じくらい

「もう帰ってきちゃうよ?」
「早く、どっか行かないと。」みたいな。

――これが鎌田さんのピュアな一面なのでしょうか。

いやいやいや(笑)それだけ、映画に入り込んでいたってことなんでしょうね。

――そうですね。登場人物に感情移入されたと伺ったのは、はじめてです。

これまでだと『フォードvsフェラーリ』ぐらいですね。

――ここが映画評価4.0点の境なのでしょうか。

たしかに。それはありますね。それと、僕がいかにビビりかが分かりました(笑)

ここからは案の定、半地下の家族たちは上手くいかなくなってしまう訳ですが、僕がスッキリしたのはここなんです。

仮に資産家の家族に、事態がバレなかったとしても「この先どうするの?」という展開になりすよね。

今作はハッピーエンドではないけれど、その方が良かった。むしろスッキリした。僕はそういう気持ちで観ていました。

フィクションだから、あれだけど。このままいったら、気持ち悪い感覚ってあるじゃないですか。

それを、最後にちゃんと回収してくれたから、良くも悪くも「納得できた!」と思っています。

――そうですね。ちゃんと落とし所を作ってくれているというか。

そう。でも、出来すぎていても嫌だし。ちょうど良いところで、落ち着いてくれたなって感じでした。だから最終的には、意外とスッキリです。

――その通りですね。今作は食事が沢山出てきましたが、印象に残ったシーンはありますか? 

2つあります。1つは、資産家の家族がキャンプに行っている間に、半地下の家族4人が忍び込んで、宴会をやるシーンですね。

その時にとにかくたくさんのお酒があって。実際どんなお酒、銘柄を飲んでるのかめちゃくちゃ気になりました。

僕の想定だとブランデーみたいなやつなんですが、「そんなに飲む?」ってくらい飲んでて(実際にはノンアルコールだと思いますが)

気持ちよかったです。

2つ目は、資産家の家族がキャンプから帰ってきたときです。

「8分で作って」と言っていた、ジャージャー麺みたいなヌードル。角煮みたいなのが入っていて、これも美味しそうだったんですよね。

あれが夜食だったら、めちゃくちゃいいなって思いましたね。

それでは今日はこんなところで!そろそろ映画のnoteもまとまってきたのだマガジン作ろうと思います!あと気がつけばnoteのフォロワーさんが2万人に近づいてますね!

それではまた明日。

   

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

良いと思ったらサポートお願いします。嬉しいので。 もちろんちゃんと返信させて頂きます。

読んでくれてありがとう!お疲れ様です!
63
UUUM CEO 趣味は仕事・ゴルフ・マンガ・ゲーム。毎日1つ記事を書いてます。

こちらでもピックアップされています

映画感想まとめ
映画感想まとめ
  • 26本

ほぼ毎週1本づつ見てる映画についての感想を自由に書いていきます。