見出し画像

桃太郎でマンガの演出を学ぶ (1) まずプロトタイプより始めよ

かきもち

こんにちは。かきもちです。
コルクラボマンガ専科でマンガのあれこれを勉強している物理学徒です。

コルクラボマンガ専科では講義のあとに課題が出ます。直近の講義はこちら。

そして、今回も例によって課題が出ました。それがこちらです。

次の桃太郎の台本をもとに10コマ程度でマンガを描く!
A 「ねぇ、ちょっと見て、こんなの川で拾った」
B 「わっ、デカ!」
A 「すごくない」
B 「すごくないって・・・・どうすんの」
A 「(受けて一言)」
B 「(それを受けて)」

これを演出する…どうしようかな…

とりあえず描くか!
プロトタイプを作って、そこから直そう。

できたプロトタイプがこちらです。

画像1

画像2

天然なおばあさんにしてみました。かわいい。
最後のやりとりは「どうしよう…!」と「考えてなかったんかい!!」というボケとツッコミにしてみました。コメディー桃太郎ですね。

描いてみての感想としては、セリフが決まっていると描きやすいです。キャラクターも想像しやすい。また、私はプロットを書くところでつまずきがちなのですが、こうしてまずネームのプロトタイプを作るととっかかりを作ることができて良さそうに思いました。技ゲット。

今後このネームをベースに、演出していくかもです。今日は遅いのでこの辺りで。それでは!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かきもち

いただいたサポートは書籍購入代に充てさせていただきます。そして、とってもやる気が出ます。もしよろしければ、サポートお願いします!

かきもち
日常と科学の関係が好きなサイエンスライター。物理学修士。科学読物研究、広報。 日本原子力学会誌アトモス連載。『マンガ年表 歴史を変えた科学・技術100』(学研プラス)、『これってどうなの?日常と科学の間にあるモヤモヤを解消する本』(翔泳社)発売中。[new!] 台湾版出ました