しゅうドローイング

秋の日の記録

毎日はほとんど何でもない日だと思う。

良いことがあった日や ついていない日など

光と影のバランスが変わりながら

毎日は過ぎていく。


田んぼでは

にぎやかで日差しのまぶしい夏が過ぎると

おおぜいの友達が帰った後のように

しんみりとする。

豊かな収穫の後の 刈田のさみしさを感じる。


だけど静かな魅力がある。

秋の田んぼの土のにおいや

もみ殻を焼くにおい

冬の田んぼの静けさや

採り忘れられて固くなったイチジクの実や

鼻がツンとなる冷たく澄んだ空気

少しのきらめきに気がつく。


紗のかかったように表情のない子どもの顔が

あることをきっかけに

笑顔が見れるようになった。

まるで暗い林の中でふと光がさしたような瞬間だ。


次の芽吹きのための沈黙

冬の時期を耐え

かすかな光を見つけて芽吹きの時期を待つ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
絵描きです。 農業をしたり  いろいろな子どもたちと過ごしたり しています https://www.kanaakamatsu.com/  作品を載せています

こちらでもピックアップされています

ことばにしてみる
ことばにしてみる
  • 3本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。