見出し画像

介護職が自分を介護してみた 第1章 初回アセスメント②


アセスメントを失敗すると、その後、全部うまくいかなくなる!

ということで、じーっくり慎重にやっていく。

序章はこちら

第1章 初回アセスメント①はこちら

前回のアセスメントを深堀りする。

今日は、「身体の健康状態」について。


初回アセスメント

プラス面

・介護サービスのためのアセスメントツールだと、ほとんど結果は「特になし」になる。

もうちょっとプラス面を深める。

身体のプラス面についての意識を深めてみる。

〈過去と比べてどうなのかを聞いてみる〉

介護者森近「以前と比べて、少し体調が良くなったと感じることはありますか?」

被介護者森近「あ!1年前は、プールの中を歩いてるかのように、身体が重かったり、電車の中で立ってるのが辛くてうずくまったりあったんですが、それは無くなりました!」

介護者森近「随分、体調が良くなっていますね!これから、もっと体調が良くなるのかもしれませんね。」

〈日によって感じ方が違うのかを聞いてみる〉

介護者森近「今日は、体調良いなって感じることはありますか?」

被介護者森近「天気が良くて、涼しいなって感じた時、体調も良いなと感じました。あと、よく眠れた日の朝…」

介護者森近「体調が良いと感じる時もあるんですね~」

〈健康自慢を聞いてみる〉

介護者森近「ほんの小さいことでも良いんです。健康に関することで、自慢できることはありますか?」

被介護者森近「あります!生まれてから、インフルエンザにかかったことがありません!最近、風邪も引きにくくなりました。」

介護者森近「それはすごいですね!どうしてだと思いますか?」

被介護者森近「インフルエンザを即座に殺す生物を体内に飼っているんだと思います。風邪については、最近野菜を意識して食べるようにしてるのが良いのかなぁ~」

介護者森近「野菜を食べる!それが、効いてるのかもしれませんね!」


次は、マイナス面。

ⅰ低血糖状態の時きつい

この点については、一度医療機関を受診してみたが、そこまで問題は無いと言われる。

ちなみにネットで調べたところ、糖質たっぷりの缶コーヒー、ジュース、スポーツドリンクはNGとのこと。小麦や白米も避けたほうがいいとか。

思い当たる…。清涼飲料水、炭水化物大好き☆

低血糖でどよーんとした時、欲してしまう。悪循環だ。


ⅱ顔と手は熱いのに、脚は冷たい

この点については、行きつけの整骨院の先生と、マッサージ屋さんの知人に相談してみた。

◆整骨院院長所見

やばいっすね~ (爆笑) 自律神経いかれちゃってますね~ (笑)

痛烈(笑)。ちなみに、こちらの整骨院院長、今後もよく出てくると思うのだが、相当キャラが濃いのでよろしく。私にとって貴重な社会資源なので。おもしろい大好きなおじちゃんだ。

◆マッサージ師所見

冷えが進んでしまってるようですね。冷えに効くツボの写真送りますね~。

いや、女神!本当、女神!整骨院院長との違い 笑


ⅲ肩こり

(思い当たる原因)

・PCとスマホ使ってる時間が長い

・運動もストレッチもしない

・床でしばしば寝る

ⅳ頭痛

・上記肩こりと関連している

・頭痛薬の飲みすぎで、頭痛を引き起こしているかも

・天気が悪くなると、必ず頭痛くなる

・気圧に弱い…自律神経の乱れと関係が

ⅵ湿疹が治らない

これは、かなり精神的なものが影響していそうだ。緊張している時とか、ストレスを感じたときに気付いたらめっちゃ掻いてる。繰り返し続け、3年間くらい治らない。

でも、変な話、湿疹が心の拠り所的存在だったりもする。

この湿疹たちは闇が深そうだ。

気づき

・身体の症状に直接アプローチするのではなく、ストレスを減らしたり、生活習慣を整えることが重要そうだ。ストレスってなんだ?!それは、心の状態のところで、深める。

・低血糖→糖分をとる

・頭痛→頭痛薬を飲む

・湿疹かゆい→掻く

という悪循環行為が多い (汗)

「我慢ができない」それは、なぜか。そこも心の状態のところで深めよう。

次回予告

「活動」に関するアセスメントを深めていく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
森近 恵梨子

応援ありがとうございます。 もし、サポートいただきましたら、研究や発信のために活用させていただきます。

6
ニューヨーク生まれのアラサー。QOL向上に奮闘中!介護職8年目。小規模多機能型居宅介護→訪問介護→コミュニティカフェ併設のデイサービス立ち上げ準備中。ライター・講師。介護職の思考過程と実践過程を研究中。正真正銘の介護オタク。温泉が湧き出るまで、介護を深ーく掘り続けますよ!