見出し画像

介護職が自分を介護してみた-序章-

これは、ある1人の介護職員(介護オタク)が、
自分の専門性を自分自身に発揮すれば、
QOL(生活の質)は高まるのか

という実験を描いた物語である。

実験者でもあり被験者は、森近恵梨子 29歳6ヶ月。

30歳になる2020年4月3日まで、あと半年。

半年でどこまで生活の質が高められるのかにチャレンジし、その軌跡を記す。

人の生活の質を高め、その人らしい生活に向き合い続けた介護職は、自分の生活の質を高めることはできるのか。

自分1人で介護するのではなく、他職種連携という視点で、他の人に頼ることもOKとする。必要な社会資源と適切に繋げるのも重要な仕事。

なんとなく、このまま人生を終えたくないという不安や恐怖心がきっかけだ。

この取り組みを通じて、

・介護の専門性を明らかにすること
・介護職自身が、自分の生活、人生に向き合うこと

に、つながればと期待している。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
森近 恵梨子

応援ありがとうございます。 もし、サポートいただきましたら、研究や発信のために活用させていただきます。

8
ニューヨーク生まれのアラサー。QOL向上に奮闘中!介護職8年目。小規模多機能型居宅介護→訪問介護→コミュニティカフェ併設のデイサービス立ち上げ準備中。ライター・講師。介護職の思考過程と実践過程を研究中。正真正銘の介護オタク。温泉が湧き出るまで、介護を深ーく掘り続けますよ!