「ファンをつくる」ためにキャラクター活用は近道です
見出し画像

「ファンをつくる」ためにキャラクター活用は近道です

 中小の事業者において、D2Cがますます加速しています。メーカーであれば、自社ECサイトで直接ユーザーに販売出来るようになっています。こうするためには、ネットでの情報発信、集客が不可欠で、その手段のひとつとして「自社のオリジナルキャラクターの活用」をオススメしています。

ユーザーに、会社の考え方や製品開発の思いなどのストーリーを共感してもらえれば、その製品やサービスを利用してもらえます。
そのためにキャラクターを活用することは大変有効です。

アイキャッチとして有効です

文字だけの発信よりも視覚で訴えることはわかりやすく、ここはご理解いただけると思います。キャラクターを使って様々に発信することで、親近感を持ってもらえます。親近感を持ってもらえれば、毎回の情報を見てもらえます。この流れが確立出来れば、「ファン化」に成功したと言えるでしょう。

そこで、親近感を持ってもらうために、予めキャラクターの設定を考えることが重要になります。キャラクターを活用したマーケティングで「勘違い」されやすいこととして、「キャラクターのイラストが1枚あればOK」ということがあります。

かわいらしいキャラクターが出来た。そのメインビジュアルが1枚ある。これを使えばすぐに人気がでるはずだ、という思い込みです。

こういう場合、最初のイラスト制作の予算だけ見込んだ、ということが多いです。これは提案する側が、その後継続的に(手間を含めた)コストがかかることを理解していないことが原因です。提案された方は、「最初に説明がない」ので理解出来るはずもありません。こういう経緯で、後々揉めたり、すぐにフェードアウトしてしまう事例が本当に多いです。せっかく、キャラクターを使って盛り上げよう、という気持ちになったのに、本当にもったいないです。

弊社では、こういう事態にならないために、最初にキャラクター活用には、継続的にコストが発生し続けることを明確に申し上げます。
担当者の設定もお願いしています。弊社はご担当者様を徹底的にバックアップします。キャラクター活用のノウハウは、この過程で習得出来ますので、それまでの費用は無駄にならず、クライアント様の財産になります。

キャラクターを活用したマーケティングにご興味ありましたら、お気軽にご相談ください。

ZOOMでの無料相談随時受付けておりますので、まずはこちら
ご利用ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
キャラクターマーケティングオフィス

よろしければサポートを是非ご検討お願いします。活動費に使わせていただきます。

スキ、ありがとうございます!
キャラクターマーケティングオフィス合同会社の代表のnoteです。 昭和の東京の風景と当時の世相風俗に興味があります。 1960年代生まれとして、昭和のカルチャーを後世に伝えたいと思っています。