見出し画像

自転車も仕事も最初からうまく乗れない

5歳の息子が補助輪無しで自転車に乗れるようになった。本人も凄い嬉しそうだし、僕も嬉しい。
今の子供達は多くが「ストライダー」を乗りこなし、バランス感覚を養う。そうすると自転車に簡単に乗れるのだ。
でも息子はストライダーのキャリアを経ずに、三輪車から補助輪付きの自転車へのキャリアアップしたんだけど、これが何とも。
本人の運動神経もあまり良いとは言えない方なので、バランス感覚を養うのが難しく、
「これはひょっとすると小3ぐらいまで補助輪無しで乗れないんじゃないか?」なんて親は不安になったりもしたんだけど、その不安は見事に覆った。

乗れた本人も凄く嬉しそう。
文字通り、朝から晩まで「お父さん、自転車乗ろう」が口癖だ。

出来ないことが出来るようになること。

その喜びを体験したのかな?と想いを馳せると、なんだか嬉しくなる。

自転車で走る息子を見ながら思ったのは
やはり自転車も仕事も同じだなってこと。
最初から自転車に簡単に乗れる子は居ない。みんな転びながら上手くなる。
仕事も同じでトライアンドエラーエラーエラーエラーの繰り返し、そしてまたエラーを経て上手くなる。

エラーは悪いことなんかじゃなく
人生にとっても自転車にとっても凄く大事なことなんだ。
自転車を通してエラーを恐れないこと、エラーは決して悪では無いことが少しでも理解してくれると嬉しい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキが大好きです。ありがとうございます!
2
2017年1月からフリーランス。2児の父。AOHLDGS(株)、カクトク(株)でお仕事をしています。面白そうな事に飛び込んでたら今に至ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。