えむこ

その辺りにいるアラサー会社員。日常/エンタメなど、好きに書いてます。心の中で全ての終わりに「※あくまでも個人的意見です」とつけてください。

えむこ

その辺りにいるアラサー会社員。日常/エンタメなど、好きに書いてます。心の中で全ての終わりに「※あくまでも個人的意見です」とつけてください。

    マガジン

    • ◯◯と彼女

      彼女との思い出

    • 日常のこと

    • NEWSのこと

    • エンタメのこと

    • オルタネート感想記録

      小説新潮にて連載されました、加藤シゲアキさん「オルタネート」の感想です。

    最近の記事

    • 固定された記事

    自己紹介

    初めまして。 他のブログサービスを使っていましたが、シンプルさと使いやすさから結局noteに戻ってきました。 えむと申します。 *社会人 20代後半。 *好きなものについてや、楽しかった思い出を残しておきたくて書きます。あとはアウトプットの練習する場としても。 *おたく気質(2次元3次元含めて)、テレビっ子、推しに対してはとにかくべた褒め・愛情込めまくる /好きなもの  NEWS(特に加藤シゲアキさん、増田貴久さん) 舞台観劇(ストプレ、2.5次元がメイン)

      • 下北沢と彼女

        10代の頃、彼女にとって“普通”と言われることはこの上ない苦痛だった。 普通。普遍。大多数と同じ。大半に当てはまる。誰でもいい。あなたじゃなくてもいい。予想通り。想像の範囲内。面白みに欠ける。 そんな負の妄想連鎖をしていくうちに、“普通”と言われると“つまらない”と彼女は脳内変換するようになってしまっていた。 普通コンプレックスを拗らせまくっていた彼女にとって、下北沢は憧れの街だった。 高さも色も形もバラバラの店。口から出る言語も身に纏うファッションもバラバラの人。

        • 手紙と彼女

          振り返ると、彼女は昔からよく手紙を書いていた。 例えば、同じ幼稚園に通っていた、同じマンションの女の子へ。 初めてできた友達のその子と彼女は背格好も似ていて、親同士も仲が良かった。でも小学校へ上がる前に引っ越ししてしまい、彼女は母親に頼んで手紙を送ってもらった。 と言っても、文字と文字が結びついたものとは違い、絵や文字があちらこちらで飛び跳ねている、まるでパッチワークのような手紙だった。 内容を忘れてしまった手紙のやり取りは、いつしか途絶えてしまった。 例えば、

          • 2023年12月31日のわたしへ

            2023年になってから半月ほど経ちますが、改めて今年やるぞ!ってことをここに書いておきます。 年末に振り返られるように。あと、記録することで動けるように。 * ・月に1冊本を読み切る 昨年を振り返った時、映画やドラマは前より色々見たんですが、本は読めていなかったことに気付いたので、今年は読書をもう少し自分の中の真ん中にもっていきたいです。小説に限定しないで最低でも月に1冊、年間12冊は読みたい。 もちろん、映画やドラマも引き続き気になるものは見て、あと演劇ももっと色々

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ◯◯と彼女
            えむこ
          • 日常のこと
            えむこ
          • NEWSのこと
            えむこ
          • エンタメのこと
            えむこ
          • オルタネート感想記録
            えむこ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            うさぎのぬいぐるみと彼女

            母親との会話で、彼女は喪服を持っていないことに気が付いた。 頭の中のクローゼットを開けても、そこにはパーティードレスかスーツしかなく、真っ黒のそれはかかっていない。 備えあれば患いなしを延ばし続けた結果、いや、彼女の根っこにある“後回し”という種がぐんぐん成長した結果、面倒という雑草がぼうぼうと生え散らかってしまった。 でも、それをすぐに狩る必要がなかったのも事実だった。 喪服を持っていない。 というよりも、"必要な事態がないまま10年以上経った"という方が彼女的に

            12月31日と、1月1日。#note書き初め

            東京生まれ、東京育ちの私にとって、お正月というのはどちらかといえば静かなイメージがあった。 東京なら賑やかじゃない?と思われそうだけど、それは場所による気がする。 確かに賑やかな場所はテレビでもよく特集される通りの賑やかさがある。でも、私の地元も今住んでるところも住宅街だから、話声は少なく、道はいつもより広く感じた。 学生の頃。冬休みに入るとみんなおじいちゃんおばあちゃんの家に行っていた。おじいちゃんおばあちゃんの家は東京じゃないどこかにあった。それが帰省だということを知

            振り返りや買ったものとか書こうと思ってたけど、バタバタしてるうちに今年が終わってしまう…年明けに書きます。 今年も見守ってくれてありがとうございました。来年はやりたいことをもっと口にする!色々書く!そんな年にしたい。よいお年をお迎えください〜!

            #私が選んだNEWS3曲

            悩んだ。悩みまくった。でも悩んでる時間も楽しかった。 NEWS 20周年を記念した企画の第一弾として、これまで発売されたNEWSの楽曲で3曲選ぶファン投票が発表された。 こんなにもたくさんの曲が世に出ていることに驚きながらも、その中で3曲を選ぶなんて…それもルールは「好きな3曲に投票する」だけで、選ぶ基準はそれぞれにお任せするスタイルなんて…悩ましい企画をしてきたもんだぜ…!と、わくわくしながらずっと考えていました。 そしてこの間、ようやく3曲投票したので、理由含めてこ

            noteが背中を押してくれた話。

            書きたいけど、書けない日がつづいていた。 文章を書きたい。でも面白いネタはない。 見た映画やドラマの感想を書きたい。でもなかなかうまい文章にならない。 ふと感じたことを書いてみたい。でも需要なんてない。 スキの数で判断されることに凹み、そもそも貰えるほどの文章ではないことを体感して凹み、以前参加してみたフィールド(タグ)の、常連だけで盛り上がってるような内輪的な空気に疎外感を覚えて凹み。 そうやってぐるぐる考えていくうちに、私、別に書かなくてもいいのかと思うように

            12月も折り返し、2022年も残り少し。 毎年12月って焦っちゃうんですよね。振り返った時に今年何も出来てないんじゃないかとか、最後に何か爪痕残したいとか、そういう不安に駆られてしまって。 あまりネガティブに考えすぎないで、適度に褒めつつ振り返っていきたいな。

            NEWS LIVE TOUR 2022 音楽の感想。

            NEWS LIVE TOUR 2022 音楽。 全公演完走、本当におめでとうございます。 そしてお疲れ様でした。 まずは何より、全日程何事もなく無事に駆け抜けられたことにホッとしています。 (小山さんもコロナから復帰されて本当に良かった・・・) アルバム「音楽」が発表された時、リリースコメントとしてこう紡がれていました。 ツアーを終え改めてこの言葉を思い出すと、これはアルバムだけじゃなくツアーにも当てはまっていたように思います。 たくさんの感想があふれる中、一番目にした

            荒浜小学校へ行き、初めて感じた震災の傷のこと。

            「震災を、自分の目と耳と肌で感じたい」 そう常々考えていました。 * 先日、コンサートの為に宮城へ行った時のこと。 早めに着いた私は、その足で荒井駅へと向かいました。 目的は、仙台市立荒浜小学校です。 荒井駅からバスに揺られること約15分。窓から見える空はとても広く感じた。 バスを降りてすぐそばに学校はありました。 津波は二階まで押し寄せてきたそうです。 ぐにゃりと曲がった鉄製の柵が津波の威力を物語っていて、この強大な力が一階を丸のみにして、二階ま

            ライブで宮城に行ってきました。太陽の光を浴びた紅葉が鮮やかで、何度も顔を上げながら歩きました。ライブのこと、宮城のこと、鮮度があるうちに残しておきたい。

            月とサッカーボールを見守る、見知らぬ人たち

            「11月8日の夜、皆既月食が起こります」 「しかも今回は同時に月が天王星を隠す天王星食も起こります」 当日はとても晴れていて、空気も澄んでいて、絶好の皆既月食日和。 ただ、月食が始まった時間はまだ会社にいたので、帰り道に欠けていく過程が見れたら良いなと願いながらパソコンと向き合っていました。 19時過ぎ。最寄駅近く。 見上げると月はすでに欠けていて、もう少しですべて影に覆われるってタイミングでした。 ふと見渡すと、同じように顔を上げている人たちが。 グレーのスーツを着た

            自分で選んで服を買ったよ

            寒くなってきました。 冬はすきなんですが寒いのは苦手なんです。冬生まれだから強そうと言われるけど、生まれたのがたまたま冬ってだけで苦手なものは苦手です。 着る服も変わってきました。 手元にあるのは大体ベージュや黒が多いんですけど、ここ最近色物を買うようになっています。 例えばこちら。 https://onlinestore.pandm.co.jp/items/225141789005 ちょっと前にこのカーディガンのパープルを購入。 パープルと言ってもよく見る

            秋ドラマを一気見しました。

            溜まりに溜まってたドラマを見始めて、先週頃からようやく追いつきリアタイし始めました。 まずは約二ヵ月ほど溜めていた「鎌倉殿の13人」 これは私のよくない癖なんですが、ここまで溜め込んでしまうと、視聴スイッチが入るまでが長い。コンサートや舞台の円盤も同じで、買って満足してしまうところがあるんです。 ドラマの場合、満足とはちょっと違うんですけど、再生ボタンを押すまでに時間がかかってしまうのです。 あれ、なんとかしたい。 で、つい最近やっと追いかけ始めたんですけど、面白すぎ