見出し画像

【中国マーケティング担当者向け】 どのキーワードで勝負するか明確にしよう 前編

中国越境EC・インバウンド専門 JUTOU株式会社の辻です。
私が代表を務めるJUTOU株式会社では、中国をメインにインバウンド、越境EC、現地展開のマーケティングサポートをさせていただいてます。

今回のテーマは、「【中国マーケティング担当者向け】 どのキーワードでシェアを取るのか明確にしよう <前編>」です。

ECやWEBマーケティングに携わる方なら 、ターゲットとする「検索キーワード(タグなど)」をある程度把握してからマーケティングやプロモーションに取り組むのは基本中の基本だと認識していると思います。

ただ、中国市場に展開している企業さまとお会いすると、もともとECやデジタルマーケティングにそれほど強くないのか、この基礎をおさえられていなかったり、中国越境EC展開時に代理店や運営代行会社にマーケティング、プロモーションを一任しているために、自社で事前調査をしてアタリをつけていない、という企業さまが非常に多かったりします。

中国語がわからないので調べるのが大変、というのも要因の1つでしょう。

勝負するキーワードを決めないと「砂漠に水をまく」状態になる

ECやWEBマーケティングについては、日本も中国もチャネルなどは違えど、考え方は一緒なので、「キーワード」の重要性について詳しく説明をしませんが、リスティング広告をするにしても、SEOをするにしても、自分たちがシェアを取りに行くキーワードが決まっていないと、「砂漠に水をまく」状態になってしまい、広告の投資対効果が悪くなってしまいます。

中国で日本企業がこぞって取り組まれているインフルエンサープロモーション、クチコミ対策においても同じです。

インフルエンサーの記事投稿直後の瞬間的な売上増加ももちろん重要ですが、投稿内容の中に特定のキーワードやタグをしっかりと設定できているかで、チャネル内SEOの結果が大きく変わってきます。

ECモールでも、SNSでも、検索エンジンでも「キーワード」は常に意識する必要があるのです。

中国は世界一競争が激しい市場です。
「化粧水」「美容液」なんてビッグキーワードで勝てるなんてことは早々なありません。

よりニッチで、自社が勝てそうなキーワードをきちんと見極め、投資をしていく必要があります。

「ブランド名」
「商材名」
「お悩み系キーワード」

など切り口は色々ありますが、中国越境EC、現地市場に取り組む上で、

どのキーワードで勝負するのか?
そもそもマーケットはあるのか?
同じキーワードで勝負している競合に勝てるのか?

をよくよく調べた上でプロモーションをしていただくと、目先の結果はあまりわからないかもしれませんが、中長期で見ると差が出てくるので、ぜひ中国のマーケティング担当者さまには実践していただきたいです。

では、中国市場においてキーワードを選定する際にどうやってアタリをつけていくのか?

後編の記事では、中国市場におけるキーワード選定をする際のポイントを具体的に解説していきます。

ポイントを押さえれば自社内でも簡単にできるので、ぜひ次回の記事も読んでいただければ嬉しいです。

====

本日はここまでです。ありがとうございました。

※参考になったと思った方は「スキ」ボタンのクリックをお願いいたします。
サポートなどもいただけると明日へのモチベーションになります(笑)
よろしくお願いいたします。

↓↓ 人気記事はこちらから ↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
辻 雄多郎【中国越境EC・インバウンド専門/JUTOU株式会社】

中国越境EC・インバウンド・現地展開のことならお気軽にお問合せください。フォロワー・記事拡散どんどんしていただけるとモチベーション上がります!

ご購読ありがとうございます!感謝します!
中国を中心とした海外向け越境EC・インバウンドコンサルティングをしているベンチャーです。 中国アジアのインバウンド、越境EC、現地展開についてのお役立ち情報や日々の業務の中で思ってることを配信していきます。 2020年2月より障害者1級に認定されました。