juneberry

公認心理師 勝間塾サポメからの50代独自思考執筆 http://juneberryhouse.comアンティーク風/選択理論心理学/ゴルフ🔰 SF 1. 回復志向 2. 学習欲 3.内省…Twitter https://twitter.com/juneber32291762

juneberry

公認心理師 勝間塾サポメからの50代独自思考執筆 http://juneberryhouse.comアンティーク風/選択理論心理学/ゴルフ🔰 SF 1. 回復志向 2. 学習欲 3.内省…Twitter https://twitter.com/juneber32291762

    マガジン

    • 心理学

    • 公認心理師Gルート勉強方法

      第4回公認心理師試験合格しました。Gルートで受験されている方々は、現認者と言うこともあり、時間のない中勉強をされているかと思います。試験勉強に割ける時間が限られた中での勉強は、非常に貴重な時間です。私のやってきた勉強法の中に、みなさんの生活スタイルと合うものがあれば、参考にしていただきたいと思っています。週1回更新、全4回予定です。

    • 読書感想

      50代の私が、Kindle本を耳読しての読書感想です。 ランダムにいろいろな分野を読んでいます。 2021年秋より再開。 読書感想はこちらへ移りました → https://juneberry-miyatomo.hatenablog.com

    • 父のこと

      2020年を迎えるころに癌が見つかり、余命半年から1年と言われた父。父親は1940年生まれで、年末80歳になる。末期で手術は行わないため、通院で抗がん剤治療を行う。免疫力は下がるため普段のようには会えない。最期の時がコロナ渦とは…どうすればいいのかと考えながら、子どもの頃のことを思い出しnoteに投稿している。私は、投稿することで昇華できるような気がしている。 2020年の年の瀬、父は旅立った。80歳の誕生日を迎えた10日後のことだった。 noteに投稿しながら、自分自身で受け入れられたことは、私にとっては大きなことで、最期に父に感謝を伝えられた娘であったことは、自分自身で一番嬉しいことだった。 私とこの投稿を取り巻くすべてのご縁に、心より感謝を申し上げます。本当に、ありがとうございました。

    最近の記事

    ちょっと先輩のお話

    今の勤務先に、駐車場がないので(ひどい…) 職場近くの駐車場を、借りています。 私は、少し離れたところに借りているのですが ちょっと、気に入っています。 春ごろは、駐車場代金を振り込んでいましたが 手数料がかかってしまいます。 もったいなかったので、 駐車場のすぐそばに、大家さんのお家があったので 手渡しにしてもらえるように、お願いしました。 私より少し上、女性の地主大家さんです。 毎月1回は、お顔を合わせる間柄となっていました。 今月のお支払いの時

    スキ
    2
      • だんだんと、そう言う人になってきている

        本当に、この2年 たくさんのことを学んで、最終的には 私の中で、すごく不安が減りました。 選択肢が、一つしかない時には そこでダメだったら終わり…的な 自分の考えに、支配されてしまっていて 自分で、自分の首を絞めていた気がします。 いろいろ、外の世界のことを知って 少しずつ知識も得て(まだまだですが) 日々、無駄に恐れることがなくなりました。 だから、仕事がすごく楽になりました。 今まで、仕事をしている時に 不安や、いろいろな感情に振り回されているところが 大きかったの

        スキ
        7
        • 不安な時に心の支えとなるもの

          人って、不安になると 誰かを頼りたい、誰かに背中を押してもらわないと 勇気がでないんだなと思います。 これは、本能なのかな、と。 私自身は子どもの頃から、とても不安が強くて 小学校の発表くらいでも 前日から、押しつぶされそうになっていました。 社会人になって、楽になったことは 仕事では「ほうれんそう」があって 必ず、上司に相談するということ。 今まで、自分ひとりで抱えていた不安を 仕事では、上司という立場の人に相談できる、と。 なんて、楽なんだと思いました。 思えば、

          スキ
          10
          • 勇気と覚悟の違い?

            「勇気」という言葉はあまり使ったことがなかったです。 しいて言えば、中学生の頃憧れていた人に 勇気をもって、写真を一緒に撮ってもらったり 「ボタンください」と言う勇気とか… 勇気と言うと、かわいい感じがあります。 大人になってからは「勇気」は使った覚えがなくて いつの間にか 「覚悟」と言う言葉を使っていました。 「覚悟」と言うと、すごく崖っぷち感があって 自分でも、本当に覚悟という感じで… 言われてみれば、仕事でも 覚悟があるかどうかで、周りの人を

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 心理学
            juneberry
          • 公認心理師Gルート勉強方法
            juneberry
          • 読書感想
            juneberry
          • 父のこと
            juneberry

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            寂しいけれど、現実

            自分が変化してくことで 周りに対して感じることが変わってくる… 一度、投稿もしましたが この夏、中学からの友人に会って感じたことです。 だいたい、年に一度会っていた友人とは 気もあっていたし どちらかと言うと、私よりも行動力もあって 私が主婦をしていた30代頃は 遠いところ、バイクで遊びにも来てくれました。 (彼女も主婦でした) 主婦が、バイクで遊びに来ることも 当時でも、なかなか珍しいことでしたが やりたいことをやる、そんな彼女の姿が羨ましかったです。 ここ数年、感じ

            スキ
            13

            投稿するとき、いつも頭をよぎっていること

            私は気兼ねなく、日記のように投稿していますが 投稿する時に、よぎることはがあります。 ポジティブな体験を書くと自慢してると思われるかな… ネガティブな体験を書くと、読んでいて嫌になるかな… そんなことが、もやっと心をよぎりながらの投稿です。 「そんなに、周りの目を気にしてるんだ・・・」とか 「何をウジウジと考えてるの?」とか 自分に対していろいろ思って でも、書きたいことは書くみたいな感じです。 以前は、思いついて書きたいこととの このウジウジした葛藤に、時間を費やし

            スキ
            10

            当たり前だけど、見えているものが違う

            先日、旅行先で泊まったホテルが 思っていた以上に、駅から遠くて 暑い中、パンプスでコロコロを引いて歩いて15分。 とっても、疲れてしまいました。 荷物を置いて、それから別の場所へ行きたかったのですが 暑い中を、そこからさらに15分 歩く元気が、もうありませんでした。 不本意ながら、タクシーを呼んでもらおうかと考えていたら 同じことを、フロントで尋ねている男性を見つけました。 目的地が同じだったことで、一定の安心感があって ついつい、話しかけてしまいまし

            スキ
            5

            感覚が近い人と巡り合えるように…

            私が、日々投稿しているのは 「私は、こんな人間でこんな価値観です」っていうのを みなさんに伝えて それでも関わりたいと思ったり、共感してくれたりする人と 繋がっていきたいな、と思っています。 自分では、この歳まで いろんな思いをこじれさせて、今があるので ちょっとレアな性格、だと思っているので 共感してもらえると、仲間を見つけた感覚で 嬉しいです。 私の感覚は、それほどメジャーな感覚ではないと思っているので たくさんの人たちと、つながっていかないと レアな私を分かってくれ

            スキ
            11

            はだかの王様にならないように…

            私がいいな、と思う人って 年上であっても、肩書きがいくらすごくても そういうオーラを、出していないところです。 すごく、親しくお話ししてくれます。 この雰囲気 簡単にマネできるものではないだろう、とは思いますが 私は、そんな風になりたいと思って じっと、密かに観察しています。 (マネでできるものではないです) この三連休で、たくさんの人に会う機会がありました。 だいたい、すごいなと思う人は 物腰が柔らかく、謙虚でいて お話しする時には、敷居が高くなくしてくれますが 違う

            スキ
            7

            非日常から習慣がみえた

            三連休、ちょっと遠出をしていました。明日は、新幹線が運休すると言うことで、予定を切り上げて帰ることにしました。 普段は、お酒は飲まなないのですけれど 知人と、夕食を一緒に食べた時に飲みました。 正確には、飲もうと思っていました。 日ごろは自宅では誰も飲まないので、私も飲まないし コロナがあって、食事会も少なくなって飲んでおらず しかも、だいたいが車で参加するので 実際には飲めないことが、多かったのですが やっと、心おきなく飲めるという貴重な機会のハズでした。 思い起こし

            スキ
            13

            背が縮むことにドキッとする

            先日、この春に定年退職をされた先輩に 会いました。 ただ、同じ職場だったのは5,6年前になるので お会いするのは、久しぶりでした。 以前は、髪の毛を染めておられましたが 今は、セミロングのグレイヘアーで とっても、素敵でした。 そして、一回り小さく感じました。 たぶん、小さくなられたのだと思いました。 人って、本当に縮んでいくんだ…と 年齢が近いだけに、すごく衝撃を受けてしまいました。 そういうことは知っていましたが もっともっと、先のことだと思

            スキ
            7

            快楽の幸せでなく、欲求充足の幸せを得る

            「頭を鍛える」と聞くと すごく、ストイックに辛いことをしないといけないような イメージがありましたが そうじゃなくて、その先に幸せがあると考えると とても進めやすいです。 「快楽の幸せでなくて、充足の幸せを得る」 これがすべてだ、と感じました。 自分の欲求充足が、できているかどうかと言うことは それに向けての、段取りやステップ 自分のコントロールをしていくことでもあるし 自分自身の、今の状況を把握できているのか と言うことにもつながっているんだと思いました。 先日、職場

            スキ
            9

            補聴器に興味。

            以前にも投稿しましたが 50代になって、生活にはまったく支障はないですが 小さな声で話す、特に男性の声は聴こえにくいと感じます。 声の小さな人って、そもそもおしゃべりでもないので 何度も聞き返すのも、気が引けてしまって 特に、重要でなければ わかった風に、相槌を打ってしまうこともありますが なんか、そこで信頼関係が崩れる第一歩だなと思っていました。 とても素敵な若々しい60代後半の女性が 自分のためにお金を使う、ということで 性能の良い補聴器を使っていることを知って

            スキ
            5

            経験を直感につなげる

            公私ともに、なんか いろいろ忙しくなってきました。 忙しくなってくると、ついつい 自分のことを、後回しにしてしまう癖があります。 自分が、我慢してしまうんですね。 そこに気づけるもの、歳のおかげですが 今回は、自分を優先しながら これまでの経験を直感につなげて この忙しさをクリアしていきたいと思っています。

            スキ
            4

            お稽古ごとを思い返してみると…

            子どもの頃の話ですが お家で、お稽古ごとを教えておられる方は かくしゃくとしているイメージです。 ピアノやフルート、声楽、お習字、そろばん、お茶、お華。 皆さん女性でした。 そういう時代だったからか 女性の働き方って、そういうところにあったんですね。 結構、先進的な働き方だったのかも… 改めて、思いました。 当時、先生は、おばあさんのように見えましたが 5、60代だったかも知れないです。 その後も、ずっと続けておられていました。 これは、まさに脳

            スキ
            9

            私が、嫌な気持ちになった人のこと

            最近は、あまり嫌だと思う人と 関わることはないですが 久しぶりに、嫌だなと感じる人と関わりました。 それは、時間が経つにつれて じわっと来る感じで、だんだんとモヤモヤしていきました。 結局、私が違和感をもった、ということでした。 ちょうど昨日、マイクロカウンセリング技法の「対決(直面化)」 について投稿しました。 投稿したから、私が気になったのか 偶然、そんな人と関わったのかわからないですが 私がカウンセラーなら、この技法を使って その奥底を、もっと掘り下げたいところです

            スキ
            8