めちゃくちゃだよ!

27歳、男、先程アラームで目覚めた。

もう朝かよ。

それにしても夢というのは何であんなにめちゃくちゃなんだろう。

オチとか展開とかもうちょっと考えてほしい。

今回はさっき見た夢の内容を書いてみる。 

多分、読んでも時間のムダだと思います…。

ですが、しばしお付き合いを!

僕はテレビ局にいた。

好きな女優さんの撮影現場へ見学にきたらしい。

楽屋を見つけてテンションが上がる。

と、思ったら急にここで場面が変わる。

結局、その女優さんには会えなかった。

ちきしょう!

なんのための夢だよクソが!!

気が付くと僕は卒業式終わりの教室にいた。

たぶん高校だと思う。

みんなワイワイしていて、僕は生徒として教卓の真ん前の席に座っていた。

すると、担任の先生として天竺鼠の川原さんが入ってきた。

ナスの被り物はしていなかったが、サングラスはしていたと思う。

先生が入ってきた瞬間、教室の空気が変わった。

「最後のホームルームだけど…どっちだ?」

どっちというのは、

最後の日だからイイ話をして終わるのか、いつも通りボケ倒すのか。

みんながじっと先生を見つめる。

すると、川原さんはボケた。

めちゃくちゃボケていた。

なんて言ったのかは覚えていないが、

僕の横に座っていたギャルはタバコを吸いながら大笑いしていた。

なぜか僕もタバコを吸いながら大笑いしていた。

念のためいうが、ここは教室である。

さらにいうなら、僕は非喫煙者だ。

その後、場面変わって校門の前。

僕は友達と写真を撮っていた。

すると、なぜかウチの会社の人たちが現れた。

どうやら同じ学校だったらしく、同期はクラスメイトで上司は先生だった。

写真を撮ろうと場所を探していると、見覚えのある人たちがいた。

プロレスラーのAJスタイルズ、石森太二、CHAOS時代のジェイ・ホワイトが本人として、そこにいたのである。

プロレス好きな僕はテンション爆上がりで写真を撮ってもらった。

テンション上がり過ぎて、近くにいた知らない外国人のこともレスラーだと思って写真を撮ってもらった。

めちゃくちゃ笑顔の僕を周りがイジる。 

するとAJが僕に

「ヤング・バックスがいないから、そんなに笑顔なんだろ?」と言われた。

英語だったのだが、なんとか意味はわかった。

おそらく、スタイルズ・ジョークだろう。

僕は別にヤング・バックス嫌いとか言った覚えはない。

むしろ彼らの試合は好きだ。

と!

ここで目が覚めた。

そして今に至る。

まとめると、マジでよくわかんない夢だった。

オチとかなんもない。

せっかくの夢なんだから、好きな女優さんに会わせてほしかったし、

川原さんは夢の中でも川原さんだったし、

なぜジェイ・ホワイトだけCHAOS時代の出で立ちだったのかもわからない。

でも夢ってそういうものである。

さて、これを書いていたらもう家を出る時間だ。

全然準備が終わってないぞ。

こりゃ、間に合わないな。

ちきしょう。。。

この状況、いっそ夢であれ!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エッセイを書きたい。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

ぁりがと。
15
ごくごく一部の人のツボに入れば幸いです!エンタメ好き27歳の男です。プロレス好きです!ポーカーフェイスな感じで文章を書いてますが、本当はもうちょい明るい人間です。このnoteを本にしたいです。長文書くの苦手。ゴリゴリの内輪ネタ万歳!!