出逢ったアコーディオンたちの紹介

73
【中古】 Excelsior 911 ~中古のリスク

【中古】 Excelsior 911 ~中古のリスク

41鍵(F〜A)120ベース HMMLリード 重量11.4kg スイッチ鍵盤部10(マスタースイッチ付)+ベース部3 エキセルシァーの900番台は、プロフェッショナルクラスに分類されるシリーズでリードのグレードも高いです。ノンチャンバーとは思えないほど柔らかい響きが特徴。こちらの鍵盤はイミテーションアイボリーで象牙風のデザインです。 年月がたっているので使用感があります。    使用感の意味「使用感がある」という表記がわざわざある場合は特に、実際に試奏してから購入

スキ
1
【中古】GIULIETTI M52 (ジュリエッティ)2台比較
+9

【中古】GIULIETTI M52 (ジュリエッティ)2台比較

鍵数41(鍵盤幅19mm)音域F〜A 120ベース MMLリード スイッチ鍵盤部5 ベース部3 サイズ幅47×高40×奥行18(cm) 重量9.1kg 鍵盤幅を通常の20mmから19mmにすることで、全体の長さが約4cmほど短くなり、それにともなって蛇腹やボディの大きさもコンパクトで軽量化されたアコーディオンです。私のような手が小さい人や、背が低く、なで肩な人にとってはすごく操作しやすいです。アコーディオンを小さくするためにはたいてい鍵盤数を削るしかないのですが、細鍵盤

スキ
2
GUERRINI 2機種を比較してみた

GUERRINI 2機種を比較してみた

以前紹介したゲリーニのアコーディオン 「GUERRINI OXFORD Ⅳ ARIEL Piccolo」こちらと「GUERRINI OXFORD Ⅱ」を並べて比較してみました。 一見すると外観に関しての違いはあまりなく、全体的な大きさもほぼ同じですね。ロゴは全く同じ大きさ、グリルも同じデザインで、エンブレムだけが異なりました。何か法則性あるのかな~? あ、中身は全然違うんですけどね。左の「OXFORD Ⅳ ARIEL Piccolo」はスイッチがめちゃくちゃたくさん付いて

【中古】 CAVAGNOLO GALA 5 ~フレンチアコーディオンの特徴

【中古】 CAVAGNOLO GALA 5 ~フレンチアコーディオンの特徴

【中古】 CAVAGNOLO GALA 5《大型》41鍵盤(F〜A)120ベース MMMLリード スイッチ鍵盤部11+ベース部3 重量11.4kg フランスのアコーディオンメーカーCAVAGNOLO (キャバニョロ)のGALA 5という機種です。フレンチアコーディオンの代表ともいえる歴史あるメーカーで、音もキャバニョロ特有のきらびやかさがあります。 日本では、cobaさんがデビュー当時や初期のレコーディングで使用していた機種としても有名です。当時のファンたちはこの機種を手

スキ
5
100年前に創られたキャバニョロ製アコーディオン

100年前に創られたキャバニョロ製アコーディオン

谷口楽器のアコーディオンが展覧会に初出展 谷口楽器の上の棚に鎮座していたこちらの古〜いキャバニョロが、Bunkamuraザ・ミュージアムさんに展示されることになりました! 「ドアノー/音楽/パリ」フランスの国民的写真家ロベール・ドアノーの音楽に特化した作品を集めた展覧会です。2021年2月5日(金)~3月31日(土) ※夜間開館が一部中止となっております。詳しくはリンク先をご確認ください。 グリルのデザイン今昔 この頃からグリルに細かい装飾が施されていたのですね。今も

スキ
4
【中古】DALLAPE Super MaestroⅣ No.D-120TC①今はなき最高級アコメーカー

【中古】DALLAPE Super MaestroⅣ No.D-120TC①今はなき最高級アコメーカー

スペック【中古】DALLAPE Super MaestroⅣ No.D-120TC ≪大型≫41鍵(F〜A)120ベース 12.9kg HMMLリード MLダブルチャンバー スイッチ鍵盤部15+マスタースイッチ ベース部7 イタリア最高級アコーディオンメーカー『DALLAPE(ダラッペ)』その中でもアコーディオン三大銘器として名高いモデルが“Super Maestro”(スーパー・マエストロ)です。20年程前のものと思われますが、外観は綺麗で世界の最高水準の『ダラッペ・サウ

スキ
2
【中古】Excelsior 980

【中古】Excelsior 980

実はエキセルシァーにもフリーベース仕様の機種があったりします。 右手はピアノ式鍵盤、左手側はスタンダードベースとフリーベースが両方付いているアコーディオンです。 【中古】Excelsior 980《大型》ピアノ式45鍵(E〜C) ダブルチャンバー装置付き スタンダードベース:127音  フリーベース:58音(E~C#) HMMMLリード スイッチ鍵盤部14(マスタースイッチ付) ベース部7 マイク付き 15.6kg ひぇっ・・何このお化けアコーディオンは👻アコーディオ

スキ
2
【新品】PIGINI Super Compact

【新品】PIGINI Super Compact

【新品】PIGINI Super Compact ボタン式コンバーターモデル。ダブルチャンバー装置も備えた贅沢なアコーディオンです。谷口楽器にある楽器の中で今一番値段の高いアコーディオンになります・・・!(税込定価:¥1,617,000) [右手側] 87ボタン(52音/E〜G) HMMLリード(ダブル・チャンバー装置付) スイッチ13+チンスイッチ4 [左手側] スタンダードベース:114ベース(4セット)、スイッチ4+R フリーベース:49音(E〜E)、リードML

スキ
1
【新品】PIGINI Convertor 42/B

【新品】PIGINI Convertor 42/B

【新品】PIGINI Convertor 42/B ボタン式コンバーターアコの中型モデルです。 [右手側] 72ボタン(42音/E〜A) MMLリード スイッチ7+チンスイッチ3 [左手側] スタンダードベース:102ベース(4セット)、スイッチ4 フリーベース:42音(G~C)、リードML、スイッチ3 9.5kg コンバーターシステムとはスタンダードベースとフリーベースを切り替えるスイッチを備えているモデルのことをいいます。一般的なアコーディオンのようにコードとベー

Exselsior 911のグリル布 貼り替えるとどれくらい印象が変わるか?ビフォーアフター

Exselsior 911のグリル布 貼り替えるとどれくらい印象が変わるか?ビフォーアフター

中古楽器のグリル布は、基本的に張り替えはしないで店頭にお出しするのですが、先ほどご紹介したExselsior 911という機種に関しては、もともとついていたグリルをはがして別のグリル布に張り替えました。 アコーディオンにとって、グリル布の役割というのは中のパーツを保護するという意味もありますが、演奏時にお客さんによく見える目立つ部分ですのでかなり見た目の印象が変わる部分でもあります。 たまたま張り替えの前後の写真を撮っていたので、比較してみたいと思います。 Before