見出し画像

14:30 サマルカンド

きっと 大きな鳥は しっているのだ。

画像1

にんげんが、じめんに 線をひき、 その線を、なんども ひきなおすことを。

画像2

その線をこえて 生きることの、よろこびを。

画像3

東京から地球をまっすぐ西へ- 僕たちは大きな鳥にみちびかれ、北緯36度線上にくらすひとびとに会う旅にでる。

1999年8月『えほん北緯36度線』作・絵:小林 豊 出版社:ポプラ社

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
恐れ入ります。
2
小林 豊 1946年、東京深川に生まれる。立教大学社会学部を卒業。イギリス留学中に画家を志す。1979年日展初出品で入選。1983年『上野の森美術館』特別優秀賞受賞。1970年〜80年代始めにかけて、中東・アジアをたびたび訪れる。その体験が制作のテーマとなっている。

こちらでもピックアップされています

(落ち着きましたら)小林家にもお越しください。
(落ち着きましたら)小林家にもお越しください。
  • 40本

(落ち着きましたら)実物を確認されたい方でお近くの方は拙宅にぜひお立ち寄りください。ご都合よろしい候補日を以下までいくつかお教えください。本人が取材旅行などに出かけてなければ土日祝日全て調整可能です。※水曜日と土曜日の日中は子供向けの絵画教室をしておりますがご案内は可能です。 jotaro@arkadas.jp (小林 丈太郎 宛)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。