ひとは生きることができるか ー「『生きられない』生」への考察

16

1.序論

本稿では、「『生きられない』生」を扱うことを試みている。けれども、額面通りに受け取るので…

【小説『影をなくした男』】2 − 1.影をなくすということ【2.ひとと人間の境目か…

バトラーについての議論からはしばらく離れるが、のちに彼女に立ち戻って考察することにしよう…

【発達障害と生きづらさ】2−2.逆説のセオリー【2.ひとと人間の境目から】

さて、何を隠そう、二〇一八年六月末日が〆切となっている本稿を記しているのは、あろうことか…

【犯罪と社会】2−3.ある狂気の青年の正気のとき【2.ひとと人間の境目から】

ところで、新幹線殺傷事件から三週間が経過した今日〔※執筆時〕に至っても、被疑者が反省や謝…

【生きづらさ】2−4.地誌的な風景【2.ひとと人間の境目から】

主に不登校という現象を取り上げつつ改めて社会を捉え直す『「コミュ障」の社会学』によれば、…

【神聖かまってちゃん】2 − 5.致死的な風景【2.ひとと人間の境目から】

社会と関わるということ、社会のなかで生きるということ、そこから漏れ落ちてしまうということ…

【アナ雪Let It Go】2 − 6.希望の虚偽【2.ひとと人間の境目から】

日本では「アナ雪」の愛称で知られ、世界的な大ヒット作となった映画『FROZEN』の挿入歌、「Le…

【神聖かまってちゃん】2−7.ある一人の青年【2.ひとと人間の境目から】

これまで述べてきたような、無邪気なひとが跋扈する社会における葛藤や、その先に何があるのか…

【伝わらず届かない言葉】3−1.言い表すということ【3.さらなる深淵へ】

黒子のバスケ脅迫事件を巡り反省も謝罪もしないことが明言されているわけであるが、その理由の…

【影ソング】3−2.想像する生【3.さらなる深淵へ】

「ゲスの極み乙女。」というバンドはご存知の方も多いだろう。世間を巻き込んだわけがわからな…