ケンドー修介@失業東大生

バイオ系研究者 → 外資系メーカーへ転職 → 監査法人へ転職 → 体調壊して失業 → 外資系メーカーへ復帰 → バイオ系ベンチャーでしぶとく生息中。仕事とお金、そして家族のことを考え続けて暮らしています 。
    • 研究室を脱出せよ!〜ポスドク転職物語〜

      研究室を脱出せよ!〜ポスドク転職物語〜

      • 24本

      若手研究者がアカデミアから民間企業に転職するまでの、すったもんだのお話し。

狭い子供部屋にIKEAの伸張式ベッドをなんとかぶち込んだ話。

どうも、失業東大生ことケンドー修介でございます。(⇒ twitter) 子どもができると生活が一変するといいますが、私の場合は子どもと一緒に寝ることによって睡眠の質が大…

研究室を脱出せよ!【23】ポスドク、いざ最終決戦。

最終面接の日、いつものように待合室へ通された僕は、今日この日、自分の人生が決まるのかと思うと、武者震いせずにはいられなかった。気持ちを落ち着かせようと、出された…

研究室を脱出せよ!【22】ポスドク、真摯さについて考える。

玄関先まで藤森先生を見送ったあと、僕は黒岩さんに尋ねた。 「黒岩さんは、研究室の目的ってなんだと考えてるんですか?」 黒岩さんは気のない返事で、 「ん、そうねー…

研究室を脱出せよ!【21】ポスドクと、科学の価値。

黒岩さんは続ける。 「論文とグラント、このふたつは実は密接な関係がある。いい仕事、いい論文を出したかったら、それなりの設備、スタッフ、その他諸々が必要になってく…

研究室を脱出せよ!【20】ポスドクと、ドラッカー。

最終面接を控えたある日、研究室でちょっとした事件が起こった。三井さんが投稿した論文にエラーが見つかったのだ。不幸にして論文はすでに受理されており、オンライン上で…

研究室を脱出せよ!【19】ポスドク、強みを知る。

残る一社については、二次面接から本格的にケースが出題され始めた。コンビニの売上や、ピザチェーン店の業績が落ち込んできている理由、それにコーヒーチェーンの戦略など…