見出し画像

heyでのこれまでの1年と、これからのこと

にしむらじゅん

こんにちは、にしむらじゅんです。
heyという会社でデータ領域のマネージャーをやっています。
データ領域と表現したのは、約1年前にheyの中の1つのサービスであるECプラットフォーム「STORES」のデータ分析チームを立ち上げていわゆるデータアナリストとしてのお仕事をメインに行ってきましたが、データを使う範囲が徐々に広がってきたことに伴い、データ基盤の整備、安全対策への貢献、組織のデータリテラシーの向上など役割も増えてきたためです。

この記事では1年間やってきたことを振り返りつつ、これからの展望をお話しします。

この1年やってきたこと

私がデータ分析チームを立ち上げたときに会社に求められたミッションは以下のようなものでした。

1. データ分析を通じて意思決定のスピードをあげる
2. データそのものを活用し売上向上/コスト削減に貢献する

情報の経路を統一する
1に関して、まずはデータに関する情報をデータ分析チームを経由するように交通整理をしました。データ分析の依頼に限らず、データ分析基盤の構築に関する内容も把握できるように整えました。現状はSREチームにデータ分析基盤の構築と運用をお願いしている状況ですが、この領域も強化していく必要があると考えています。

データをみて判断する習慣をつける
2019年8月に私が入社したタイミングでデータ分析チームが立ち上がったので、まずはデータを正しく使って意思決定や判断をすることが当たり前になるように意識しました。
データ分析チームは、ともすればデータ抽出屋さんになるのは「データ分析あるある」だと思いますが、そういったデータ抽出依頼に関しても無下にすることなく、まずは会話することを心がけました。
大事な意思決定の支えになるようなデータ分析をすることが役割であることはわかりつつ、いろいろなチームやプロジェクトと関わりながら仕事を進めていくので関係構築と情報がスムーズにデータ分析チームに流れてくることは、立ち上げのフェーズでは重要なことです。

安心安全への取り組み
会社によっては、安全対策に関するデータ分析をする専門のチームがあったり、データアナリストを専任でおいたりすることもありますが、不正決済・不正出品の検知など私たちのプラットフォームを安心して使ってもらうための取り組みも私たちのチームの仕事です。
この領域に関しては、検知のロジックを考えることはもちろんですが、他チームと連携して仕組み化することが大事なので、連携するデータの内容やタイミングを考慮しつつ、関係者と会話する時間をとってアップデートをしていくことを意識しています。

これから目指すこと

heyは、2018年2月にコイニー社とストアーズドットジェーピー社が経営統合して生まれ、2020年には、新たにクービック社のM&Aを実施しさらなる組織・事業拡大を目指しています。
私たちは、「Just for Fun」をミッションに、こだわりや情熱、たのしみによって駆動される経済の発展を支援しています。

スクリーンショット 2020-10-18 23.22.19

これまで、データチームはSTORES(EC)をメインに活動してきました。しかし、上記のようなミッションを実現するために担当するサービスをSTORES決済STORES予約へと広げていきます。
3サービスのお互いのシナジーを最大限に生かすためには、データの連携が必要不可欠なのは言うまでもありません。

そのためには、より使いやすデータ分析基盤を整えることも強化していきたいと考えています。そのために仮説検証に必要なデータやロギングの設計やデータレイク、データウェアハウス、データマートを整えるスキルを持っている、さらにはサービスとデータの関係性を理解し、データを使う側の立場からデータの構造の利便性や影響力などを自ら考え、自主的にコミュニケーションを通じて前へと進められるデータエンジニアの存在が不可欠です。
少し先を見据えたときに、機械学習などのデータサイエンスの力が必要になる場面も多くなってくると考えているので、広い視野でデータ分析基盤の構築を引っ張っていってくれる熱量の高い方と一緒にサービスを成長させていきたいです。

データ分析という視点でいうと、3サービスへ領域を広げていくことはもちろんですが、分析の質をあげていくこともさらに意識していく必要があると考えています。
サービス全体をみたときに、とりわけどこが私たちの事業成長のレバーにありうるか、自分たちのがんばりで成長がコントロールできることや外部要因に影響されてしまうことをしっかり把握して判断をしていける体勢を整えています。
この際、経営陣やプロダクトマネージャー、ビジネスメンバーとしっかり壁打ちをしながら彼らがよりよい意思決定をできるように一緒に対話していくことを引き続きやっていきます。

ここまでお話しさせていただいたようにデータチームでは、「たのしみ」を生み出すお商売のサポートをするべく一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
募集している職種は、データアナリストとデータエンジニアです。
詳細は以下のサイトから確認できるので、興味がある方はぜひのぞいてみてください!

また、私のツイッターにメッセージいただければ、カジュアル面談を設定することも可能なので気軽に連絡いただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
にしむらじゅん

いつも読んでいただきありがとうございます! いただいたサポートは、Insight Tokyoなどコミュニティ活動を継続するために使わせていただきます!ぜひサポートしていただけるとうれしいです。

にしむらじゅん
STORESで働いています。