日本ビジネスアート(JBA)|インターン生note、始めます。

コンサルティング&クリエイティブで、大手企業の課題解決に挑戦する、長期JBAのインターンシップのありのままを発信します。 インターン生による説明会も開催中!【https://form.run/@interns-seminar

日本ビジネスアート(JBA)|インターン生note、始めます。

コンサルティング&クリエイティブで、大手企業の課題解決に挑戦する、長期JBAのインターンシップのありのままを発信します。 インターン生による説明会も開催中!【https://form.run/@interns-seminar

    リンク

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    静かに心を燃やしていたひとりぼっちの神大生、4カ月の軌跡【前編】

    2021年12月、神戸拠点に一人の大学院生が入社した。神戸大学大学院農学部修士課程一年生(当時)の西元茉那さんだ。当時立ち上がったばかりだった神戸拠点には、オフィスの内装、書籍、PCといった、仕事をするための環境さえあれど、仕事をするメンバーはいなかった。そんな神戸拠点で、ひとり奮闘すること4ヶ月。2022年4月4日、東京本社で行われた入社式の壇上に、彼女は立っていた。自分の学問に真っ直ぐ向き合ってきた彼女が、JBAへ社員として入社した理由とは。怒涛の4ヶ月を追う。 小さな

      • どこにでもいる大学2年生が、言葉のプロとして100人規模を目指す拠点立ち上げに携わるまでの話

        2021年12月の立ち上げから10か月が過ぎた筑波拠点。そこでコンテンツビジネスデザイナー(以下、CBD)として、執筆をはじめ、「言葉の力」で人の心を掴み続けるのは、筑波大学日本語・日本文化学類3年の三好真生さんだ。CBDは、執筆だけでなく、企画や編集までの全ての工程を担い、お客様である大手企業に価値を提供することを目指している。 彼女がJBAに入社したのは2022年3月。大学2年生のときだった。当時立ち上がったばかりの筑波拠点は、まるで「陸の孤島」。入社して間もない数名の

        • ただのエンジニアが、お客さまの願いを叶える何でも屋に変身した話

          2022年2月、東京本社に1人のインターン生が入社した。慶應義塾大学総合政策学部所属、現在大学3年生(休学中)の田中元さんだ。「作りたいものを作るのではなく、お客さまにとって価値あるものを作る人でありたい」。 そう語る田中さんは、お客さま視点で案件の上流から関わり設計までをこなす、1年目エンジニアだ。 Webサイトの構築スキルや知識を武器に新たな働き方を確立し、今やJBAの中心的存在となっている田中さん。「誰かのために」最高の提案をすべく、エンジニアという枠すら超えて奮闘

          • 医学一筋じゃない!社会に目をむける機会をくれた

            JBAでは、学生インターンが、企画立案・編集・ライター・フォトグラファーなど様々な職種で活動しています。今回は「医学生とライター、2つの人生を満喫しています」というKさんにインタビューしていきます! --医学部生がコンサルティング関連の会社で働いているって珍しいと思うのですが、その経緯を教えていただけますか? 中学生くらいの頃将来の夢が「国連職員」で、進学もずっと文系で考えていました。ところが、友達とオープンキャンパスで見に行った京大にものすごく惹かれて。学部ごとのブース

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 編集者
            日本ビジネスアート(JBA)|インターン生note、始めます。
          • ライター
            日本ビジネスアート(JBA)|インターン生note、始めます。
          • コンサルタント
            日本ビジネスアート(JBA)|インターン生note、始めます。
          • 学生拠点
            日本ビジネスアート(JBA)|インターン生note、始めます。
          • 動画クリエイター
            日本ビジネスアート(JBA)|インターン生note、始めます。
          • フォトグラファー
            日本ビジネスアート(JBA)|インターン生note、始めます。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            自分も知らない自分がいた。働くことで学びを得られる環境だから、気づいたこと。

            JBAと出会って、”戦場”から抜け出すことができた JBAの門を叩いたその日から、私は「戦争の最前線で働く兵士」から「富と学び舎に恵まれた大富豪の養子」になってしまった―――。 大学院生活が長くなり、社会との接点がないことに不安を覚え始めていた矢先、後輩からの勧めでJBAを知りました。大学院で哲学を専攻している私はもともと、哲学の難しい内容をかみ砕いて伝える漫画を趣味で描いており、「誰かの言いたいことを推測して表現する」ことに楽しさを感じていました。そんな私にとって、「企

            企業の課題を解決する“映像”づくりにどこまでもこだわれるクリエイティブ集団を作りたい

              「“誰かのために”それがずっと根本にありました」。 そう話すのは、今年新卒でJBAに入社した高田開成さん。彼は、インターン生としてJBAに仲間入りしてから、今も動画という武器を手に、高みを目指し続けている。「人のために本気になれる人と一緒に、新しいことに挑戦するクリエイティブ集団を作りたいです」。新しいことに挑戦するのが好きな彼は、JBAで何を吸収し、今後何を目標としていくのか。   映画をつくるために何でもやった留学時代。 バス待ちの人も仲間にスカウト! ―映像にハ

            大学1年生から長期インターン!?「陸の孤島」筑波でも、もっともっと成長できる。

            2021年12月の立ち上げから9か月が過ぎた筑波拠点。拠点長として12人のメンバーを引っ張るのは筑波大学生物資源学類2年の新谷悟琉さんだ。JBAに入社したのは当時大学1年生だった2022年1月。なぜ、入社したての大学1年生は拠点長になる決断をしたのか、そのモチベーションの源泉とは。新人拠点長の成長の秘訣とこれからに迫る。 【プロフィール】 新谷悟琉さん(筑波拠点 マーケティング職) 筑波大学 生命環境学群 生物資源学類 2年 長期インターンにあこがれた大学1年生が、まさか

            なんとなく日々を過ごすそこのあなたに伝えたい!大学生が一歩踏み出すことで圧倒的な経験ができた理由とは?

            こんにちは!大阪大学外国語学部4年の北西華です。 私は去年の8月に「企画・マーケティング職」としてJBAに入社し、半年間大阪本社で働いた後、3月に立ち上がった石橋拠点に移って長期インターンを続けています。 今回は、私のJBAに入社する前から現在までの出来事や思いを振り返ろうと思います。   なんとなく日々を過ごしていた私が、JBAのかっこいい学生に憧れて入社を決めるまで まずは私がJBAに入社した経緯をお話しします。 大学3年生の春、そろそろ就活を意識し始める頃、私は自己

            幼少期からの映画オタクが今では数十万人の動画視聴者を抱えるまでに成長した話。

            言葉“以外”のところで表現する。映像表現だからこそ伝えられるモノとは。 「映像表現って、言語を媒介しない珍しい表現ツールです。「非言語」だからこそ伝えられるものってあると思います。」そう話すのは慶應義塾大学4年の駒津智朗さんだ。 彼は、映画の構図・歴史を分析したいと思って慶應の文学部へ進学。現在はメーカー企業への就職が内定している。彼がJBAで経験したこととは。そこで何を吸収したのか。それに迫る。 今の自分の「原点」は幼少期にある。 ―幼少期はどんな子供でしたか? 小

            負けず嫌いのこだわり力を侮るな!趣味じゃない、お客様を喜ばせる動画編集の世界

            「どんな媒体よりも動画は“伝える”に向いていると思います」。そう話すのは、明治大学4年の深見天音さん。新しいことにトライするのが好きだという彼女が、JBAに飛び込んだきっかけは“動画”。ビジネスとは無縁だった彼女が、ビジネスの世界で動画に向き合い続ける理由とは。 動画=人の気持ちを動かす最強の武器 ―動画編集に興味を持ったきっかけは何でしたか? 好きなアーティストさんのミュージックビデオがきっかけです。その方が曲やミュージックビデオを全てセルフプロデュースで作っていたん

            静かに心を燃やしていたひとりぼっちの神大生、4カ月の軌跡【後編】

            2021年12月、神戸拠点に一人の大学院生が入社した。神戸大学大学院農学部修士課程一年生(当時)の西元茉那さんだ。当時立ち上がったばかりだった神戸拠点には、オフィスの内装、書籍、PCといった、仕事をするための環境さえあれど、仕事をするメンバーはいなかった。そんな神戸拠点で、ひとり奮闘すること4ヶ月。2022年4月4日、東京本社で行われた入社式の壇上に、彼女は立っていた。自分の学問に真っ直ぐ向き合ってきた彼女が、JBAへ社員として入社した理由とは。怒涛の4ヶ月を追う。 <前編

            2年目リーダーたちが語る「やりたいことの見つけ方」【後編】

              「あなたのやりたいことは何ですか?」 社会人になる過程で必ずぶつかるこの問い。多様な選択肢に恵まれた現代だからこそ、進路の選択は私たちにとって難題だ。自分の強みなんてわからないし、将来やりたいことが変わるかもしれないし…。そんなふうに進む道を決めきれずにいるあなたへ。「自分と向き合い、強みを見つけられる環境があれば、道は自然と見えてきます」。JBAのインターンを経験し、社員としての入社を決めた2年目の若手社員2人から、学生の皆さんへエールを送ります。 【Profil

            2年目リーダーたちが語る「やりたいことの見つけ方」【前編】

            「あなたのやりたいことは何ですか?」 社会人になる過程で必ずぶつかるこの問い。多様な選択肢に恵まれた現代だからこそ、進路の選択は私たちにとって難題だ。自分の強みなんてわからないし、将来やりたいことが変わるかもしれないし…。そんなふうに進む道を決めきれずにいるあなたへ。「自分と向き合い、強みを見つけられる環境があれば、道は自然と見えてきます」。JBAのインターンを経験し、社員としての入社を決めた2年目の若手社員2人から、学生の皆さんへエールを送ります。 【対談メンバー】

            ドイツで、ライター?

            海外で知った、JBAインターンの魅力 皆さんこんにちは。 私は、2021年の1月にインターン生としてJBAに入社以降、「ライター」としてお客様への価値提供を行っています。今年2月、2カ月間の海外留学プログラムに参加することを決めた私が、日本から遠く離れたドイツで一体どうやってインターンをしていたか。そして、海外に行ったからこそ気づけた、JBAのインターンの魅力をお伝えします。 「自分の文章で、誰かの喜ぶ顔が見たい」。 その想いからJBAのライターに JBA入社以前の私

            webに片足を突っ込もうと思ったら自ら両足突っ込んでしまった話。

            こんにちは!北海道大学総合理系1年の吉永です。一年生から長期インターンを行っているというのは北海道にいると驚かれることが多いですが(笑)、学生の仲間と一緒に楽しく、また、大学生活にはない責任感にとてもやりがいを感じて仕事ができてます。 趣味はダンスで、米津玄師「lemon」の横で踊ってる人みたいな、リリカルジャズダンスしてます。そんな私は、JBAに入社して約2ヶ月、主に企画・マーケティング職を行なっています。   1.  興味のあることをなんでも経験できる凄さ  

            沢山の働く人と出会い、沢山の仕事を知りたい。 JBAの仕事が私の天職だと思ったわけ

            【profile】 岩上未奈。神戸大学文学部4年、中国文学専修。2021年2月、大学3年生で大阪オフィスにインターンとして入社。ライター職として、取材同行・記事執筆を中心に1年間勤務した後、2022年4月に新卒で入社。現在はライター職から職域を広げ、CBD(コンテンツビジネスデザイナー)して活躍中。得意な業務はライティング。好きな場所は大阪本町オフィスのラウンジ。 子どもの頃は「書くこと」を仕事にしたいと夢描いていた 両親は、本と共に私を育ててくれた。2週間に1回、日