フットボールガイド

UEFAライセンスホルダーによるサッカー解説。 指導全般、戦術構築/分析/採択のアイディアをお求めの指導者、分析家、サッカーファンのための場所です。
    • ピッチ内

      • 83本

      戦術アイディア

    • 「詳細はこちら」リンク先

      • 13本

      PDF、書籍等での特定の説明の理解を深めるのに、過去の巻を購入しなくても済むように抜粋したものがこちらになります。

    • ピッチ外

      • 33本

      計画、運営、心理、習慣、その他諸々

  • 商品の画像

    【完全版】専門家のサッカー解説書「MFのゴールスコアリングポジションへの入り方①」

    専門家のサッカー解説書シリーズ「MFのゴールスコアリングポジションへの入り方①」のPDF版です。表紙はありません。UEFAライセンスホルダーが解説する、分析力と指導力を伸ばすための解説書シリーズの一冊です。書籍はおろか、どのメディアでもプロが教えないタイプの極めて細かいポイントをお伝えする参考書になります。本書「①」はフランク(ワイドエリア)から配給されるボールに対してMFが大外、一つ前、二つ前のゲートに侵入するときの相手をボールウォッチャーにすること以外のマイナスボールの利点「超理屈」レシーブスペースを広げるタイミングレシーブスペースを確保するために通る場所ホールドの有効性相手の肩の角度と意識の操作のし方ポジショニングや動きで相手のポジションや意識を操作する方法等々を解説したものになります。ドリブルでの侵入のし方やそのサポート方法、プルバックへの反応のし方、カットイン時に意識すること等の解説をお求めの方は次巻「専門家のサッカー解説書 MFのゴールスコアリングポジションへの入り方 ②」をお求めください。毎度のことですがいくつかの箇所での解説は超初心者には少し理解が難しく、サッカー関係者向き、あるいはサッカーマニア向きになっています。ご了承ください。
    ¥395
    専門家のサッカー解説コンテンツ
  • 商品の画像

    【完全版】専門家のサッカー解説書「MFのゴールスコアリングポジションへの入り方②」

    UEFAライセンスホルダーが解説する、分析力と指導力を伸ばすための解説書シリーズの一冊です。書籍はおろか、どのメディアでもプロが教えないタイプの極めて細かいポイントをお伝えする参考書になります。本書「②」はドリブルで相手の最終ラインに向かっている選手のサポート方法キックの種類を確保するためにはどのようにドリブルするかあるいはどのような状況を作り出す必要があるかバイタルの角から対角裏へボールを送ることが有効になる条件日本人が苦手としている、しかし伸ばさなくてはいけないスキルカットインとカットバックの違い等々を解説したものになります。フランクからの配給に対して大外や一つ二つ内側のゲートを侵入する方法論と、その原理原則等に関して興味がある方は前巻「専門家のサッカー解説書 MFのゴールスコアリングポジションへの入り方 ①」をお求めください。毎度のことですがいくつかの箇所での解説は超初心者には少し理解が難しく、サッカー関係者向き、あるいはサッカーマニア向きになっています。ご了承ください。
    ¥428
    専門家のサッカー解説コンテンツ
  • 商品の画像

    最新の3-5-2

    ※文字数20,142 画数70「フットボールガイド」の掲載記事をまとめたものになります。21世紀に入る前には廃れかけていた(にもかかわらずトルシエジャパンは使っていた)3-5-2フォーメーションがここ数年でなぜ市民権を得るようになってきたのか、コンテとリュディガルシアの戦術の比較などを用いてその説明をします。【主な内容】3-5-2のメリット、デメリットセンタライズとワイドの利用各ポジションの流動性各ポジションどうしの互換性ミスマッチを起こさせやすい組み合わせ守備ベクトルの基本とそれに穴をあける方法コンテの守備リュディガルシアの守備リーガエスパニョーラの守備等々を解説しています。
    ¥106
    専門家のサッカー解説コンテンツ
  • もっとみる

ダービー②

マドリーダービー、後編です。 対象はアトレティコですが、レアルの生真面目さも随所にうかがえます。 ※動画中に使用されうる単語は以下のとおりです。 FW…フォワード…

ダービー①

昨シーズンのマドリーダービーです。 アトレティコは名実ともに堅守に定評がありますが、この試合を分析する限りフィールドプレーヤーのクロス対応は褒められたものではな…

グラナダの課題(対ウエスカ)②

ウエスカ戦、後編です。 カウンターで排出先を作れていないところを見ると、やはり疲労がたまっていたのかと感じます。 しかしマティスの特徴をもう少し活かしきりたいで…

グラナダの課題(対ウエスカ)①

グラナダのこのシーズンの分析映像はこれで最後です。 最下位争いを続けるウエスカに負ける試合です。 ELのナポリ戦勝利から中2日で、さすがに体が重くミスを連発してい…

グラナダの課題(対アトレティコ)②

グラナダのプレー、後編です。 例のごとくチャンバラのような豪快さとガサツさが入り混じった試合です。 しかしCFに関してはバランスの良さを感じます。 ※前節の動画は…

グラナダの課題(対アトレティコ)①

そもそも現代のサッカーは試合ごとに戦術を変える、程度ではなく状況に応じて試合開始わずか10分程度でもフォーメーションをいじったりします。 これはクラブだけでなく代…