MC目線 100回目のHoloMagiciansイベント Tokyo HoloLensミートアップのハイライトシーン を3つに絞ってシェアします!
見出し画像

MC目線 100回目のHoloMagiciansイベント Tokyo HoloLensミートアップのハイライトシーン を3つに絞ってシェアします!

記念すべき100回目のHoloMagiciansイベントの司会を担当しましたイワケンです。

画像1

この記事では、個人的に印象的に残ったポイントを絞ってシェアします。

タイムスケジュール

・19:00 オープニング
・19:10 Beginning of HoloMagicians 蜜葉優さん
・19:35 MRTK Figma Bridgeについて Yoon Parkさん
・20:00 HoloLensミートアップメインセッションで振り返るHoloLensの歴史 HoloMagiciansさん
・20:45 イベント終了予定 - Discordで懇親会

個人的ハイライト

・HoloMagiciansのロゴはSpatial Meshの感動から生まれた
・MRTK Figma Bridge for Unityできた?!
・日本は世界で最も熱狂的なMRコミュニティ

HoloMagiciansのロゴはSpatial Mappingの感動から生まれた

蜜葉優さんの発表のハイライトはLogo Designの話。
HoloLensといえば、Spatial Mappingだから、ロゴにメッシュを入れたいというところから

画像3

画像4

画像2

このように、Meshが入ったロゴになったそう。

確かに...! と思いました。

MRTK Figma Bridge for Unityできた?!

Yoon Parkさんの発表のハイライトは、

画像5

画像6

このスライドがたいへん盛り上がっておりました。

FigmaはWebUIツールなのですが、HoloLensのMRTKのUIをFigmaで作るMRTK Figma Toolkitがあります。それをUnityにExportする機能をつくっちゃいました!という衝撃的なスライドでした。

リリースはComming Soonだそうです!楽しみ!

日本は世界で最も熱狂的なMRコミュニティ

こちらのセッションは、HoloMagiciansの方々のクロストークになりました。

個人的ハイライトはHoloLensの父アレックス・キップマンの話題の時のトーク。

画像8

画像7


キップマンが「日本のコミュニティが最も熱量がある」と評価し、社内の反対を押し切って「日本のイベントに行く」というエピソードが印象に残りました。
40万もするHoloLensをこんなに持っている人が集まっているとはどういうことだ?!と本国でも話題になっていたそうです。

こういった熱量と継続...大事ですね!と改めて思いました。

まとめ

今回100回目のHoloMagiciansのイベントを司会を担当させていただき大変光栄でした。運営の森さん、武仙さん、ともに司会をした堀尾さんありがとうございました。

内容が気になるよ!という人はYoutubeにアーカイブがありますので、ぜひ見てみてください!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
イワケン

よろしければサポートお願いします! サポートいただいたお金はハッカソンの運営に使わせていただきたいと思います。

ありがとうございます!気づきになる言語化をnoteにしていきます!
人生について考えたこと、行動したこと、覚悟を決めたことをnoteに書きます。普段はXRエンジニアとしてVirtual Productionsの現場にいます。