見出し画像

一気見のススメ#4 「ウエストワールド」 VRMMOの、さらにその次

インプットのための一気見(binge watching)のススメ #4
「ウエストワールド」~VRMMOの、さらにその次

今回は、ゲームないしデジタルエンタメの未来を考えるうえで、割とダイレクトな示唆のあったドラマ「ウエストワールド」(原題:WESTWORLD)をオススメしていきます。

これ、そもそも中心的な題材となっているのが、近未来のエンターテイメント。まぁ今のカテゴリでいえば「テーマパーク」なんですが、「未来のゲーム」といったほうが本質に近いと思っています。
じゃあどこらへんが未来のゲームかというと……いや、今や定番の「VRMMO」ではないですよ。VR含むxRゲームの、延長線上ではあるかもしれないけど、「先」といっても過言ではない"ゲーム"が、本ドラマの舞台なんです。
ともあれ、いつものようにザックリ紹介から。

なんでもありの
ダークな体験型テーマパークへ、ようこそ。
アンドロイド vs 人間
彼らの逆襲が今、始まる!!
(ワーナー ブラザース ジャパン「ウエストワールド」ページより引用)

「ゲーム・オブ・スローンズ」で一躍ナンバーワンドラマメーカーとなったHBOが、同作に続く(予算的な意味でも)"超大作"として大々的に宣伝、公開したドラマ。
製作総指揮にはJ・J・エイブラムズとジョナサン・ノーランが名前を連ねてます。この時点で、もうすごい。
きっちりエミー賞も(やや地味な賞ばかりとはいえ)シーズン1で5部門、シーズン2でも4部門受賞しており、ちょうど先日終わったばかりのシーズン3にも期待が集まります。

すごいけど……上のキャッチコピーを見てげんなりした人もいるかもしれない。
コンピュータ(AI/アンドロイド)の逆襲、どんだけ見させるんだ、と。
まぁAI進化がめざましい昨今、ついこのテーマでお話作りたくなっちゃうのも分かるんですけどね。

大まかなストーリーラインはまぁ、はい、アンドロイドが多数配置されているテーマパークを舞台に、そのアンドロイドたちが逆襲するって話ですが、一般的な意味での本作の魅力は、その(ハンパない予算がつぎ込まれた)映像的なすごさと、ミステリ的に散りばめられた数々の謎、ですね。時間軸もバラバラにしてシーンが散りばめられすぎてやや分かりづらい部分もありますが、その手のドラマに慣れている方なら、普通に楽しめると思います。

では、本題のオススメポイントいきますかね。

画像1

■オススメポイント

そもそも本連載の趣旨は、ゲームなどのエンタメコンテンツのクリエイターに、インプットネタとして良い海外ドラマをオススメする、というもの。本作は特にゲーム業界人にオススメで、その理由は……冒頭で言っちゃってますね。本作は、xR時代のさらに先、未来のゲームを考えるうえで、いろいろと示唆に富んでるんです。
たとえば、本作にはこんなシーンが出てきます。

・(ゲーム業界人ならさんざん聞いた元バズワード)「ナラティブ」について開発者達が真面目に語っている
・開発スタッフと運営スタッフの仲が悪い(近未来でもそこは変わらないらしい)
・KPIを分析し、必要に応じてストーリーや展開に修正を加えている

業界人なら⇧これ見たら、本作で描かれている"ゲーム"が今のオンラインゲームの延長線上にあることが分かりますよね。
でもこれ、最初に書いたようにテーマパーク……リアルな「場所」の話なんですよね。

VRMMOでの体験は、いっちゃえば、「しょせん」バーチャル。
しかし、このテーマパーク『WESTWORLD』での体験は、自分の肉体での体験なわけです。
"客"以外の人物・大型動物(つまりNPC)はすべてアンドロイドであり、彼らと殴り合ったり、銃で撃ち合ったり、楽しく会話したり、ときには激しくエッチなことしたり……を、フィジカルに体験できるわけです。
もちろんゲームなので「銃で撃ち合い」といっても、人間⇒アンドロイドだと通常の銃撃と同じような効果があるのに、アンドロイド⇒人間は無傷。

オープンワールドなRPG世界に、飛び込みたいという欲望を抱いた人、手を挙げてください。
はい、下ろして。

それができるのが、テーマパーク『WESTWORLD』なわけです。
そりゃもう、人間の欲望が丸出しになるってもんで(あんまり書くとネタバレになりますが、これも大事なテーマ)。

それをどうコントールしているか、あるいはしていないか~という部分を、筆者は一ゲーム業界人として、あれこれ考えながら楽しんだ次第です。

ウエストワールド

あー、大事なこと書き忘れていた。
本作、ゲーム・オブ・スローンズ以上に、人間(まぁ設定上はアンドロイドだけど)の裸体が出てきます。男女関係なく、まぁ、出してまくってます。
そろそろ家族揃って自宅待機、なんてご家庭は減ってくるかと思いますが、小さなお子様と一緒に見られないドラマという点、くれぐれもご注意ください。

原案       マイケル・クライトン
製作総指揮    J・J・エイブラムズ
        ジョナサン・ノーラン
        リサ・ジョイ
        ジェリー・ワイントローブ
監督       ジョナサン・ノーラン
脚本       ジョナサン・ノーラン
        リサ・ジョイ
※当記事の画像、情報は、ワーナー ブラザーズ ジャパンサイトからの引用となります https://warnerbros.co.jp/tv/westworld/

次回どうしようかな。
個人的にはこのコロナ禍の間、金庸原作の「射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー」(全52話!)、「笑傲江湖 レジェンド・オブ・スウォーズマン」(全37話)を一気見するという無茶をやらかしてました。いやまぁ、すごく楽しめたんですが、原作読んでいることが前提の面白さな気がするので、いずれ原作を紹介することにします。
では次回は、史実を題材にしたドラマを……。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます! もしよければマガジン登録もお願いいたします
5
株式会社5次元(https://5dims.com) 代表。ライター・編集者(ログイン / 4Gamer)としてさまざまなゲームをインプットするうちに、つい自分でも作りたくなり、ゲーム開発者(セガ / ネットマーブルほか)に。合わせて四半世紀ほどゲーム業界にいますが、未だ飽きず。

こちらでもピックアップされています

インプットのための一気見のススメ
インプットのための一気見のススメ
  • 5本

このご時世で、以前よりも家にいるだろう(主にゲーム業界の)人に対して、仕事のためのインプットとして(配信系の)海外ドラマ見ようぜ、って内容です。筆者の主観バリバリです

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。