ちょっとしたことが幸せな夏

夕方に実家のお庭的なベランダ的な場所で水遊びをした。うちの母がビニールプールに水を張って息子が好きな玩具一式入れといてくれたのだ。私は実家がある長野市に暮らしているが、両親とは別々に暮らしている。とはいってもしょっちゅう遊びに来ているのであった。

ここ2週間くらい喉の調子が万全ではなく、今日も朝からうだるような暑さのせいもあってか頭が痛すぎてまともに動けず息子には終始huluのアンパンマンチャンネルを観てもらっていた(すまん、息子よ)。「ああでもせっかくのお休みなんだから少しでも楽しい日にしたいよ」と思い、実家に移動してお庭のプールに息子とちゃぽんした。

するとどうだろう、本当に不思議な体験だったのだが、水着に着替え冷えた水に寝そべっていたらみるみるうちに頭痛が消えた...いや、単純に身体の熱が抜けていって当然の反応だったのかもしれないのだけれどものすごく気持ちが良かった。そんでもってふぁぁあああと爽やかな風が庭の楓を揺らしている。そしてかわいい息子氏が無邪気に水を浴びせてくる。

「はー、しあわせ」と声に出してた。

シャボン玉もやった。息子にやり方を教えるが、最初はシャボン液の方を飲もうとしたり、吹くやつを逆に吹いたりしていたが根気よく教えていたらうまく吹けてシャボン玉を上手に飛ばせるようになった。息子が他のおもちゃで遊んでいる時、私はどんだけ大きなシャボン玉が作れるか?にチャンレンジしていた。

息子とビニールプールに入り、シャボン玉をひとり誰と競うでもなく大きくする。

そんなちょっとしたことがものすごく幸せに思えた。

「これでスイカが横から出てきたら完璧」

と思ったが、うちの母が実家が経営してるブルーベリーの農園から帰ってきて(今絶賛繁忙期!)そこは、ブルーベリーだった。私の引き寄せ能力をもっと磨かなくてはw

だがプールに寝そべりながらのつみたてブルーベリーもやっぱ最高だった。

こういう感じの幸せって私の今までの人生の中にあったかな?って考えると、あんまり今まではなかった気がしている。もちろん、今までもその時その時最高に幸せだった瞬間はあるのだけれど、毎度毎度幸せが更新されているような気がする。今が一番幸せ。そんでもって自分一番輝いていると思う。

人の感情にも重力があると思う。悲しみ、憎しみとかはものすごくカロリーが高いし、それでもってどこまでもどこまでも私達を引っ張る。だからこそ、そんな感情も認めつつも、下に下がらない努力や心がけも必要かなと思う。

命と時間だけがみんなに平等に与えられているから、その中でどうやって人生というゲームを進行させるかだけなんだきっと。だったら私は時間という"掛け金"を、思いっきり有効で有意義に使いたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
月の占い師/スピリチュアルアーティスト 現在集英社Seventeen他で毎月の12星座占いを連載中。 noteではアイビー茜の赤裸々日記(エッセイ)を更新。まるはだかの心をつづるよ。 開運絵画作品や写真も閲覧購入できます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。