見出し画像

殺意の掟

 もう駄目だと思った。
 山奥の廃村でこの男の頭を岩で潰しておしまい。そのはずだった。
 男はこちらの動きを全て読んでいるかのようだった。雨の中、蛇のようなしなやかさで私の首を掴み、地面に叩きつけた。
「無駄な抵抗をするな」
 男は片手で私を組み伏せながら、胸元から手帳を取り出し地面に叩きつけた。そこには警視庁捜査一課 犬神城と書かれていた。
「警察官5名、刑事3名を殺した連続殺人犯『警官殺し』──お前が犯人だ。凪瀬翔馬」
 私は抵抗するのをやめ、力を抜く。ここまでのようだ。
「何故笑う」
 犬神城の問いではじめて自分が笑っていることに気が付いた。
「いやあ、楽しかった。実に楽しい殺しだった。そう思ってね」
 組み伏せる力が強くなるのを感じた。
「快楽殺人か」
「カテゴライズされるのは好きじゃない。ただ、まあ楽しかったよ。警官との殺し合いは」
 怒りで顔が歪む表情も美味であるということは、言わないでおこう。
 だが予想に反して、犬神城の顔は無表情そのものだった。
 ふっと、組み伏せる力が弱くなる。
 犬神城は立ち上がり、警察手帳を拾い上げた。
 私が恐る恐る立ち上がっても、犬神城は何もしてこない。ただ遠くを眺めている。
「どういうつもりだ?」
 私が問うと、犬神城は地面に膝をつけた。
「あんたを見込んで頼みがある」
 わけのわからない状況がこれほ私を苛立たせるとは知らなかった。常に理不尽とは私の側にあった。だがこいつは単独で私を見つけ出し、圧倒的な力で組み伏せておきながら今はこうして膝をついている。
「お前は一体、なんなんだ」
「さっき見せただろう。俺は刑事だ」
 犬神城は顔をあげる。
「だが殺したい奴がいる」
 このとき、山の中だというのに全ての音が遠ざかる気がした。
「警視総監、王善寺一郎をあんたに殺してほしい」
 理不尽の側にいるのは私か、こいつか。
 私を見上げる犬神城の目は乞うているというより、試しているかのようだ。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます
59
書きニスト 連絡先:thugraibu@gmail.com

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2019投稿作まとめ
逆噴射小説大賞2019投稿作まとめ
  • 5本

このマガジンはishiika78の逆噴射小説大賞2019投稿作を一気に読むことができて、すごい

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。