見出し画像

冬休みは「あつ森」で一風堂体験を。  ~進化した「いっぷう島」はクリスマス×ラーメンの島~

皆さん、こんにちは。
一風堂「あつまれどうぶつの森」担当です。

一風堂がNintendo Switch™専用ソフト「あつまれどうぶつの森」ゲーム内にオリジナルの島「いっぷう島(とう)」を公開してから、早くも2か月が経ちました。

この記事では、プレイヤーの皆さまに支えられて徐々に開発が進んでいる「いっぷう島」の取り組みをご紹介します。

「いっぷう島」の今

初めは何もなかった「いっぷう島」も、おかげさまで島らしく開発されつつあります。

画像1

島の全体マップ(2020年12月21日現在)

ラーメンのどんぶりを模った河川のシルエットや、大きな「ラ」の文字でラーメン愛を表現したクリスマスエリアなど、ラーメンを連想させるような仕掛けをちりばめた島です。

画像2

画像14

一風堂浅草橋本舗のオープンを記念して、
浅草風の下町エリアもつくりました

月1回の予約制イベント

「いっぷう島」は10月15日の一般公開以来、1か月に一度、ユーザー参加型の予約制イベントを開催してきました。どのイベントも告知から間も無く予約が満員になるほどご好評いただき、のべ200名以上が参加してきました。

11月には一風堂の看板ラーメンにちなんで「赤丸組」「白丸組」のチーム対抗運動会を開催。一生懸命からだを動かした後にみんなで食べたラーメンは、バーチャル世界の中といえど絶品でした。

画像3

画像4

12月19日に開催した「クリスマス抽選会」も大盛況。いっぷう島の「しげちゃん」からプレゼントをお渡しする会のはずが、お客様から逆プレゼントやあたたかい応援の言葉をいただきました。

画像5

画像6

イベントの〆はやっぱりみんなでラーメン!
企業公式仲間の「シャウエッセン」さんも来島してくれました

マイデザインも続々配布中

ドット絵で衣服などのパターンを作成できる「マイデザイン」機能も、フル活用しています。一風堂の看板ラーメンはもちろん、店員になりきれるユニフォームから、お土産ラーメンのパッケージデザインまで、その数なんと30種類以上。ダウンロードすれば、あなたの島にもラーメン屋さんをすぐに開業できちゃいます。

画像7

マイデザイン作者コード:MA-3279-6793-9451

夢番地も公開中

夢の中で島訪問ができる「夢番地」も2020年11月より常時公開しています。公開後、1週間で5000名ほどのユーザーが「いっぷう島」の夢を見てくれました。

画像8

12月21日、新たに「クリスマス×ラーメンの島」として生まれ変わった「いっぷう島」は更に見どころ満載。夢の中の訪問では時間を気にせずにゆっくり観光できるので、冬休みのおうち時間にもおすすめです。ラーメンの夢を見たくなった時に、ぜひ訪れてみてくださいね。

「いっぷう島」の夢番地:DA-3746-8366-6289

なお「いっぷう島」の夢は随時更新されます。更新時はSNSでお知らせしますが、「クリスマス×ラーメンの島」が見られる期間は限られているので、雪が解ける前に、お早めにお越しくださいね。

画像14

※来島イベント参加、夢番地訪問、マイデザイン入手には「Nintendo Switch Online」への加入が必須となります。

「いっぷう島」公式SNSアカウント

イベント告知などの「いっぷう島」の最新情報は、TwitterとInstagramの専用アカウントからご確認いただけます。今後もマイデザインの配布来島イベントを多数実施予定ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

⇧【公式】博多一風堂あつもり店Twitterアカウント
⇧【公式】博多一風堂あつもり店Instagramアカウント

新たな取り組み

島の新施設「日本ラーメンマップ予定地」には、画像のような日本地図(簡略版)が完成しております。

画像10

・・・お気付きでしょうか?福岡の位置に博多ラーメン(白丸元味)のマイデザインが一杯だけポツンと設置されています。これから叶えたいのが、「このマップをご当地ラーメンで埋め尽くす!」という野望です。まるで「新横浜ラーメン博物館」内の立体日本地図の如く、このマップがラーメンで埋め尽くされた光景、見てみたいですよね。ご当地ラーメン関連の参加型イベントを近々開催するかも知れませんので、今後のお知らせにご期待ください!

いっぷう島が目指すもの

いっぷう島が目指すのは「思わずラーメンが食べたくなる島」。今のところ、ご来島したユーザー様のほとんどが「ラーメン食べたい!」と感じているようで、なんとイベント後に初めて一風堂の実店舗に足を運んでくれる方もいらっしゃいました。感謝!!

画像11

イベントには兄弟、親子、友人同士で一緒にご参加くださるお客様も多く、もともとの一風堂ファンから普段はラーメンをあまり食べない方々まで、様々な層のお客様と交流できる、他にない素晴らしい機会となっています。

画像15

ラーメン業界初のあつ森進出ブランド、一風堂。私たちは、自社商品だけでなく「ラーメン文化」全体に興味を持って好きになっていただけるような仕掛けを「いっぷう島」で表現していきたい。今までのようには外食がなかなかできない、こんな時こそお客様に笑顔になっていただきたい。そんな想いでバーチャル世界での挑戦を続けて参ります。今後とも、応援よろしくお願いいたします!

画像12


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
15
こんにちは、一風堂 note編集部です。ラーメンや一風堂にまつわる“ヒト・モノ・コト”にフォーカスして更新します。 https://www.ippudo.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。