すぎはら いっぺい

群馬県出身。自然と平和を愛する普通の人間です。登山、旅、ecology、旅行企画、バックカントリースキー、アウトドアフェス、子どもとの暮らし、そんな日常を書いていきます。📷ヘッダー写真は『草紅葉に染まる尾瀬沼と燧ヶ岳』

すぎはら いっぺい

群馬県出身。自然と平和を愛する普通の人間です。登山、旅、ecology、旅行企画、バックカントリースキー、アウトドアフェス、子どもとの暮らし、そんな日常を書いていきます。📷ヘッダー写真は『草紅葉に染まる尾瀬沼と燧ヶ岳』

    マガジン

    最近の記事

    小笠原諸島の魅力あふれるSNSサイト

    はじめにこのページは次の基準でSNSやサイト情報を収集して掲載しています。 ◎行政・公的機関・交通機関、NPO、小笠原旅行専門の旅行会社 ※アウトドア業者を追加中です ◎更新頻度が高いSNSやサイト ◎見ていて楽しいSNSやサイト(個人主観です) ★最新★村内コロナウイルス一掃期間の終了について 8月24日から実施しておりました村内コロナウイルス一掃期間は本日をもって終了となります。この間、皆様にご協力をいただいた結果、村内での新規感染者をゼロとすることができました。誠にあ

    スキ
    3
      • 至仏山

        07月下旬、日帰り。 鳩待峠(1591m)10:00→オヤマ沢田代→小至仏山→12:15至仏山(2228m)12:45→小至仏山→小山沢田代→鳩待峠15:00 鳩待峠では晴れ間も見えたのも束の間、歩き出してすぐに曇り。 オヤマ沢田代は終盤のワタスゲがそよそよ風に揺れて咲いていました。 小至仏山からはガスの中を歩き、至仏山山頂へ。 山頂はトンボ・とんぼ・蜻蛉…トンボ祭り状態↓ ガスの隙間からわずかに見える尾瀬ヶ原と、平ヶ岳方向(北側)へ延びる蛇紋岩の稜線が格好良い。ま

        スキ
        1
        • 利尻島への行き方まとめ2021年

          TOPICS(更新日2021/08/27) はじめに。関東から利尻島へのアクセス情報と、途中の各施設(建物や飲食店)の情報です。2021年の覚書きとして記載していますので、最新の情報は各サイトをご確認ください。 パターン1/稚内港からフェリーで利尻の鴛泊港へ羽田空港⇒[ANA直行便]⇒稚内空港 または、羽田空港⇒[ANA/ADO/JAL/SKY]⇒新千歳空港⇒[ANA]⇒稚内空港 稚内空港⇒[宗谷バスorタクシーorレンタカー]⇒稚内港フェリーターミナル ※バスで約35

          スキ
          1
          • jizue Live

            bud music Live Streaming Show 05jizueとしては初の生配信オンラインライブ。 3人体制になってから、僕は初めて見るライブ。 昨年の心さんラストの京都(京都新聞創刊140年記念 jizue orchestra supported by 京都市交響楽団)以来・・・まさか約10ヵ月ぶり⁉ 井上さん(典さん)、剛さん、希依さん。 みんなYouTubeのコメントでも書いていたけど、今回は特に『優しい』グルーヴが素敵だった。 「grass」ももちろん

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 農業
            すぎはら いっぺい
          • ローカル・地域・地方
            すぎはら いっぺい

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            小玉スイカ

            スキ
            9

            礼文島レブンアツモリソウ開花状況の覚え書(レブンアツモリソウ群生地)

            レブンアツモリソウ北海道の礼文島(礼文町)にのみ生息する野生のラン。 5月下旬~6月上旬に開花。 絶滅危惧IB類 (EN)(環境省レッドリスト) アツモリソウの変種で、特徴は、花色が紫ではなく黄色(淡いクリーム色)であること。 なお、アツモリソウの和名は、袋状の唇弁を持つ花の姿を、平家物語などの軍記物語に描写された平敦盛の背負った母衣(ほろ;後方からの矢を防ぐ武具)に見立ててつけられている。 2020年6月8日(月) レブンアツモリソウ群生地南側向かいでもレブンアツモリソウ

            スキ
            3

            アンデスメロン・茨城県旭村

            スキ
            3

            茂木びわ『なつたより』・長崎県

            スキ
            6

            海士の島旅へ!『リモートトリップ第2弾』参加レポート

            『リモートトリップ第2弾 海士町ブランド岩牡蠣「春香」と、冷凍もずく』編 参加した経緯は、もともと隠岐諸島や海士町(あまちょう)に興味があり色々と眺めていました。そんな中で同僚が隠岐を訪れたり、知人が転職で隠岐に行く予定と聞いたり、少しずつ縁が近づいてきているかな~と思っていた時に、facebookでたまたま見つけたのがこのイベント。 旅行企画・実施は、株式会社島ファクトリーさん。 海士町とは海士町と言えば、町のキャッチフレーズ『ないものはない』が有名。 何年か前にSDGs

            スキ
            3

            Note始めました【自己紹介】

            初めまして、杉原逸平と申します。 出身は群馬県片品村、現在は東京都在住。 仕事は旅行会社でツアー企画に携わっています。 趣味は旅行、登山、バックカントリースキー、アウトドアフェスなど。自然と共に生きる、そんな暮らしを目指しています。 仕事・趣味の中からテーマを絞ったり織り混ぜたりしながら書いていきますので、お付き合いいただけますと幸いです。 テーマ① #旅行 #旅 #ツアー テーマ② #離島 #島 #しま旅 テーマ③ #エコロジー #ecolgy #自然環境保護 #環境問題

            スキ
            14