I/O PORTができるまで3

画像1 普遍的で、シンプルながら存在感のある当店のロゴ。ロゴデザインを始めとしたI/O PORTのツールは全て「51% 五割一分」の多保田さんに依頼しました。
画像2 コンセプトイメージ打ち合わせ。学生時代も感じていましたが、今なお研鑽止まぬ彼女のセンスにただ脱帽です。
画像3 ショッパーは古着独特の柄やプリント、素材が透けて見えるクリアなクラッチバッグ型。大判のメタリックシールがクールなアクセントに。
画像4 タグは単色+空押し。 これ自体がシンボルたりうるデザインです。
画像5 グリーンを飾ったり、マグを乗せられるスタンド仕様。看板を囲いお客様が会話を楽しむ姿など、カルチャーを感じさせてくれる看板デザイン。
画像6 ウィンドウサインのバランス、最善の位置、大きさが決まるまでTry&Errorを繰り返す、彼女の信念。
画像7 Photogenicな、当店の顔となりました。
画像8 もちろんWEBも彼女のworkです。チェックしてみてください。
画像9 美しく、心躍るデザインをありがとう。心から感謝しています。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
I/O PORT(アイオーポート)オーナー。 アメリカを中心とする国内外から買い付けたキッズ & レディースアイテムを取り揃えています。 お勧めのアイテム紹介、買い付け記録などを載せています。